オレンジ軍団の巡礼シーズン到来
この季節がやってきた。去年も見たけど訳わからず終了。今年こそは真相を~。それは何かというと、オレンジの服を着た人達がカラフルでシャビーな神輿を担いで道路の端を歩く季節。

b0100398_5223920.jpg

neelkamal さんの教えによると、Kavaria(カヴァリア)というらしい。私の運ちゃんの発音だと「かぅわりーや」とも聞こえる。てっきり、ごみ収集業者(カバリ)と同じ発音かと思いきや、違った・・・。

このオレンジ団を見られるのは一年でもこの時期だけ。ヒンドゥー教の暦によるので微妙にズレはあるが、今年は7月12日から8月12日の一ヶ月間らしい(私の運ちゃん談)。


彼らは何をしているかというと、
デリーから北へ約300km(運ちゃん曰く)、車で約7時間かかるハリドワールという街からデリー方面へ歩いて戻って来ているのだ。その目的は、ハリドワールを流れる聖なるガンジス川の水を汲んで、地元へ持ち帰り、お仏壇???に備えたりするため。つまりはヒンドゥー教徒の巡礼団だそうで、地元の精鋭かどうかは謎だが、とにかく歩いている。

しかも靴なんてビーサンか裸足だぞ、オイ!もっとまともな靴履きなよ!そんなお金はないのだろうけど。さすがに足が痛くなるみたいで、結構な人がテーピングを巻いていた。テーピングなんて技を知ってるのか、意外だ、良い靴を履くことには興味なさそうなのに。でも彼らをみているとビーサン愛好家の私としてはうれしい限り。ビーサンは立派な履物だ!そんなワタクシも最近はゲタ愛好家になるべく、日々ゲタを愛用中。ま、それはおいておいて。


カヴァリアの由来
聖なるガンジス川の水を入れる容器のことをカヴァルと呼ぶそうで、神輿状のそれは肩に担げる造り。神輿といってもひとりでひょいと持ち上がる程度の大きさで、見た目がかなりシャビーなのだよ・・・。飾りつけは子供のお誕生日会なんかで使うようなモールがぐるぐる。デザインも謎なものが多くて、ハートが矢に射抜かれたものはキリスト教なのか?!と疑いたくなる。

このカヴァル、一度持ち上げたら目的地(たぶん地元の寺?)に着くまで絶対に地べたに置いてはいけない。ということで休憩する時は、スキー場にある板立てのようなものに、えっほ☆とひっかけて自分たちはその辺で休憩。

その辺で、なんていっても、ほんとにその辺で突然に休みをとるわけではなく、なんとハリドワールからデリー&グルガオンあたりまでの国道沿いには結構な数の仮設休憩所が設置されている。あいや~、いつのまにこんなもん作ったのじゃ。そういえば私が日本から戻ったのが7月11日。その翌日からこの軍団のための休憩所は稼動していたのね。

b0100398_5234089.jpg

休憩所は巨大なテントが張られ、その下にひとり用の簡易ベッドがどどーっと並んでいるものや、大きな台の上で雑魚寝できるようになっているもの、椅子だけなど数パターンある。場所によっては食事も施されているみたいで、とにかく雨でもゆっくり休めるようになっている。そのテントの脇に、例のカヴァル掛けがある。

b0100398_5242391.jpg

オレンジの衣装は全員一緒ではなくて、青いTシャツや短パンの人もいるし、白Tシャツの人もいる。適当なのか?でもオレンジは巡礼者が身にまとう色・・・だよね。それにしても歩いているメンズのひょろっこいこと!ガリガリ君だよ、みんな。しかも女は歩かないのね?夜通し歩くみたいだし、女のやることじゃないのかな?私はこれ見ると24時間テレビ思い出すんだけど。オレンジだし。もしや24時間テレビ、これをパクったのか?だって休憩所のナリまで同じだよ。

このオレンジ軍団がデリーからグルガオンまでの間にあるNH8という国道を歩いているのは見るんだけど、もう一本デリーからグルガオンへ続く道MGロードを歩いているのは見たことがないんだよねぇ。そして彼らが目的地に到達する瞬間も見たことがない。うーん、一緒に歩けばわかるかな?私も来年は暇だから歩くか?運ぶか!


ハリドワールにいきたーい!
ハリドワール、実はまだ行っていない。デリーから車でたったの7時間。これはインド国内旅行をたくさんしてきた私の感覚から言うと、近いうちに入ると思う。何せ車でいける場所だ。早く行きたい。ガンジス川といっても、バラナシを流れるそれとはちがって、上流なので水が綺麗らしい、そしてデリーの酷暑期においても避暑感覚を味わうことのできる土地らしいのだよ。

このオレンジ団のシーズンが8月12日まであると聞くと、ますます今すぐに行きたくなる。自分で車の運転ができたら、今すぐ出発したい。このシーズンはオレンジ団のせいかどうか知らないが、電車とバスの交通機関が込み合うそうだ。なんで込み合うかというと、デリー方面からハリドワールへ向かう往路は公共交通機関を使ってもいいのだ!なんて都合のいい話!!さすがインド!!!帰りだけ歩けば十分でしょ~♪という神様の声が聞こえてきそうだ。

写真はいずれも車窓から速度を落としてとったものなので、いまひとつ見難いわねぇ。この写真の後方に見える明かりは、日本の雑誌でもよく写真が載る、グルガオンのショッピングモールの明かり。つまり我が家の近所。NH8沿いのテントを撮ったんだけど、もう日が落ちていたから写らないわ。

b0100398_5261539.jpg

国道と言っても、歩道部分はほっとんどが未舗装の土むき出し。そんなところをビーサンで歩くなんてすごいよね~。この歩道、朝と夜の通勤ラッシュの時間帯はバイクだろうがスクーターだろうが、自転車だろうが、トラクターだろうが、徒歩だろうが、車だろうが、路側帯として大活躍で、みんな砂埃を巻き上げて走っていく。こんな凸凹道を普通のスクーターやバイクで走るなんぞスゴイテクニックじゃないか!オフロードバイクをあてがったら、ものすごいすっ飛ばすはずなのに、うぅぅ、見たい・・・その様子を。でもインドじゃオフロードバイクは売ってないのよねぇ。

b0100398_5305364.jpg



ところで、今日ひさびさにデリー門近辺を通った。この辺を通ると、デリーにいるんだな~と思う。

b0100398_534682.jpg



☆23日追記
その後、女性でも歩いている人を発見。そしてMGロード沿いにも多数休憩所発見。それにしても休憩所にも結婚式会場でみかける特設ステージがあって、そこでジャリジャリ踊っている人々が・・・一体インド人というのは・・・決して日本の経済紙などでは紹介されない不思議なインドの一面だよなぁ、このイベント。島耕作だってこれは見てないはずだ。



☆11月3日追記
micchaからオレンジ軍団の写真をもらったのでアップ♪どうもありがとう。

b0100398_2454879.jpg

b0100398_2462182.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-07-21 05:44 | インド暮らしなもんで