アガスティアの葉・・・葉っぱ占い
デリーでちょっくら私の人生を占ってきた。
占いに行くのは生まれてこのかた初めて。

インドに古くから伝わる「アガスティアの葉」という占い。生まれてから死ぬまでの詳細が葉っぱに書いてあるそうだ。発祥は南インドで、むかしむかしアガスティア聖人というおっちゃんがいて、その人がせっせと葉っぱに人の人生の詳細を書きまくって、それを弟子達が書き写したものが今も残っていて占いに使われているんだそうで。

店はデリーの日本人学校の側。普通の住宅街の中で、小さな集合住宅のグランドフロアだった。最初に指紋をとる。指紋で数百だかある葉っぱの束の中から、ざっと当てはまる束を決めるんだそうだ。

b0100398_281711.jpg



葉っぱは束丸ごとがその人に当てはまるわけではなく、束の中からたった一枚当てはまるものを選び出すまで、Q&Aが繰り返される。束に質問が書いてあるのか、答えが書いてあってそれを占い師が質問形式で聞いてくるのか謎だが、まぁそのへんは適当に流す。このおっちゃんが占ってくれた。ここの占いセンターには占い師は2人いるらしい。

b0100398_291680.jpg



葉っぱは厚みからしておそらく50枚くらいが一束で、木の板で挟んでヒモで縛って保管してある。葉っぱっていうから、てっきり丸みを帯びたハスの葉とか巨大な扇形の葉っぱかと思いきや、短冊状であんまり葉っぱっぽくなくて拍子抜け。写真下・左側の方に置いてある長い木の塊のようなものが葉っぱの束。白っぽいのは新しい板で、隣の古びた束はかなり色が茶色かった。

b0100398_2102551.jpg



質問内容は、
・結婚してるか?(その次の質問は「3年以上前か?」とか)
・両親は一緒に暮らしているか?(その次の質問は「離婚歴はあるか?」
・仕事はエンジニアか?
・ひとりっこか?
・お父さんの名前の最初の音は「あ」行から始まるか?
・生まれた時間は午前中か?(その質問の次にくるのは「10時より前か?」
・ダンナと別れたいか?
・ダンナは財産をもっているか?(私に関しても同様に聞かれる)
とか押し問答のようなものが延々と続く。

それだけ詳しく聞いたら占いでも何でもないじゃん・・・
と心の中で突っ込みつつこなす。それにしても答えるのが面倒くさい。

いつ終わりがやってくるのかと思ったら、両親と自分の名前が当たると、その葉っぱがその人のものということで決まるらしい。既に体験済みの友達は2~3束をこなす程度で葉っぱが決まったらしいが、なんと私は4本Q&Aしても葉が決まらず、「今日ここにはあたなの葉っぱはないから、別のところから持ってくるのであさってまた来て下さい」と言われる。4本もQ&Aするだけで、軽く2時間30分経過。私が質問に答える速度が異様にトロ臭かったのもあるんだけど。そして日を改め6本の束をめくったところで、ようやく葉っぱ決定!!!

これだけ時間がかかったんだから、よほどネタ的に面白い人生なんだろうな!と葉っぱに脅しをかけて、結果の読み上げを待つ自分がセコイ。葉っぱには古代タミル語でもにょもにょ何かが書いてある。これが質問だか答えなんだからしいが、占い師はうにゃうにゃ読めるが、私にはさっぱりわからん。まぁ、占いなんて信じるかどうかは本人次第だし。

b0100398_294918.jpg



すぐには私の人生は読み上げられず、数時間後にまた来て下さいといわれる。何をするかっていうと、占いのおっちゃんは、私の人生について葉っぱにかかれていることを、冊子に書き写してくれるらしい。が、タミル語で書かれても読めんっちゅーに。生まれたときの星の位置のようなものも最初のページに書いてある。この星の位置でほぼ占いの結果の大方の流れが決まっているように思えるんだけど・・・。あとで結果を聞きに行くと、おっちゃんが結果を読み上げ、それを英訳してくれる人が隣について、終始テープに録音したものを持ち帰ることができる。冊子は読めないので意味ないけど、テープ聞けばいいじゃん♪と思ったら、いまどきテープレコーダーなんて持ってないよ!!

b0100398_2105223.jpg



結局、私の人生はさほど突拍子ないものでもなく、淡々とすごしていきそうな気配だった。笑えたのは1~2年以内に住環境が変わった頃にオンナノコがひとりできるんだけど、彼女は将来、最初の結婚で失敗して、二度目の結婚で幸せになるんだそうだ。てことは一回目はどんなヘボイorキモイ男を連れてきても、どうせ別れるし目をつむれってことかいな?ほほ~期待。でも、私はオトコノコが欲しいんだけどな~と思ってたら、望めば二人目でできるって言われた。ありきたりな答えじゃ~。でもオトコノコの方は結婚は一回で済むらしい。アハハ。一発でいい女を掴んで来いよ~まだ見ぬジュニアよ!それにしても男と女ひとりづつとか、そんなの予言でもなんでもないし!適当な占いだなぁ。ちっ。

私は32歳くらいまでは何をやっても絶好調!で、50歳ごろから宗教的な活動をするといいでしょう、とか言われたから、てっきり教祖にでもなるのかと思いきや、他の人も同じこと言われてるみたい。やっぱり話の流れでところどころヒンドゥ教がからんでて、40代で大病にかかってもシヴァ神のご加護で乗り切れるでしょうとか(オイオイ!)、裁判沙汰に巻き込まれてもパールバティ神のご加護があるからだいじょうブイ♪とか。アハハ

でも32歳までは絶好調って・・・あと3年しかいい期間ないのかよぉ~。その後は子育てに忙殺されるのか・・・嫌だ、そんなの。その絶好調期間に自分の人生を執筆&出版して一儲けするらしい。そうか~。一儲け☆っていい響きだぁ。どんなくだらない内容で儲けるんだろうか。

ダンナはそのうち家賃収入を得るようになるらしい。てことは来年、日本に帰ったらマンション購入?あともう一回どこかに駐在行かないと無理だぞ、そんなの。次はブラジルかローマがいいなぁ!!(と、こんなところで密かにアピール)ブラジル行ったら毎日三角水着でサンバかしらぁ。ぽわわン。


最後にアガスティア聖人(真ん中のおっちゃん)が「んちゃ♪」って言ってそうな楽しげな祭壇にお祈りして、占い料1500ルピー(約4000円)を祭壇に置いて終了。では皆さんもご一緒に、な~む~♪ちなみに、花輪がかかっている写真というか絵の人達(人の姿してないのもあるけど)、すべて神様ご一行です。こんなにいて、一体誰に祈りをささげるというのか。かなり忙しそうだ、ヒンドゥ教徒は。

b0100398_261260.jpg



ちなみに、占いはチャプター1~15くらいの多岐に渡り、私が開いたのはチャプター1だけ。人生全般といったところ。もっと細かく知りたい人は他のチャプターを追加料金を払って開き、例えば未来の夫についてや、自分の仕事についてなど、内容別に聞くことも出来るそうだ。

いや~、それにしても、占いって、なんとも胡散臭い。
そもそも、この占いおじさんの顔が胡散臭さ100%じゃない?
でも、インドの占いってなんか興味あるし、ま、暇な人にはいい時間つぶしだわ。


占いの館はココです。興味ある人はどうぞ。英語通じます。
ちなみに友人が電話で予約したら「値段は知ってるか?」と聞かれたらしいです。
ってことは、言い値が売り値って感じなのかも???
思い切って「知ってるわ。1000ルピーでしょっ?」と
言い切ってみてください、次に行く人。


SRI AGASTHIYA PERUNOOL MAHASIVA VAKKIYA
NAADI ASTROLOGICAL CENTER

KVR.Ravichandran
Naadi Astrologer

8730,Sec-C,Pocket-8,Vasant Kunj
New Delhi-110 070

ph:011-26132293
[PR]
by naoming77 | 2006-04-04 02:02 | デリー