ダシャラ祭の大爆発
b0100398_20545915.jpg


秋になるとインドではお祭がたくさんあるらしいです。デリーでも今年は9月23日からダシャラ(DUSSEHRA)という10日間のお祭期間に入っていました。そして今日が最終日です。

ところでね、上の写真の真ん中の人、大きい顔の周りに小さい顔がたくさんついてんの。かわいいよね~。おっかしー!インド!この人は悪党なんだけど、顔がいっぱいあるからといって、それぞれの口から火を吹いたり攻撃してくるわけじゃないみたい。武器が刀剣だからね。


私がもっているインドの行事について書かれた本を読んで多少分かったことを書いてみよう。ダシャラは9月から10月にかけてのASHWINという時期の月の満ちにあわせて10日間行われます。このお祭の趣旨は、Lankaという場所にいる10個の頭をもつ悪の枢軸Ravan王に、Ayodhya国のプリンスRamが勝利したこと祝うことなんだそうな。

なんで戦うことになったかは、まぁ色々あったんですよ、いざこざが。全部訳すと長くなるのではしょりましょう。で、この10日間の戦いの記憶として、ダシャラ祭として後世に残されたわけです。ダシャラは正義は勝つ!ということを祝うものなので別名Vijayadashmiとも呼ばれてるらしい。なんで正義が勝つからVijayadashmiと呼ぶのかは、わからん・・・インドの行事は奥が深いのだ・・・。もうちょっとインド行事事情に精通しないと理解できる日はとおいかのぉ。ともかく悪習を排し正道を歩みましょうというメッセージがお祭にこめられてます。

ダシャラ(Dussehra)またはDasha-haraの語源は“10個の顔を持ったヤツに勝ったぜ!”なんだってさ。それなのにこの本では “かといって悪党Ravanはもとから悪党というわけではありません” とある・・・なんで? 理由が超インド的で “Ravanは熱心なシヴァ神信望者だからです” だって・・・。そうですか・・・。でもそんな熱心さがかわれてスペシャルな力をもらったRavanは、あっさりその力を悪用。そして悪党呼ばわりされることになったらしい。あーアホだね、Ravan。

北インドではこのダシャラ祭の期間はNavratri(なぶらとり)の期間としても知られていて、、そのクライマックスとして、川や海にDurga(どぅるがー)という女の神様のハリボテをながしたりします。


その他、よくわからないことはBlue Lotusさんに聞け!ということで
彼女の2つの日記にリンクさせてもらいます。
お祭の衣装
ダシャラ8日目の行事



で、私はグルガオンから車で約30分ジャイプールよりにあるマネサール在住の友達に「スリランカ料理を食う会」と誘われて、ついでにダシャラ祭のクライマックス、人形大爆発の行事も見に行ってきたの。去年はこのダシャラ祭を見に行かなかったから、今年は見れてうれしい!



☆ 楽しい遊園地 AAPNO GHAR ☆

b0100398_2057316.jpgマネサールにAAPNO GHAR(あぷのーがる)という名前の遊園地がありんす。すんごいショボイです。日本の遊園地と比べてはいかんです。入口脇の背の高さを測る場所になぜかミッキーがいます・・・。なぜ・・・。ディズニー系列でもなんでもありません。なぜ・・・・・・パクリ?しぇーピエロが5人、かなり豪勢な入口だ。



b0100398_20584111.jpgそしてチケット売り場横にはイルカさん4匹に追い込まれたと見られるペンギンさんを擁したゲートも。でもこの建物、そういえばなんだったんだろうか。まさか・・・水族館か?!


b0100398_2318069.jpg中はやっぱりこじんまり。ぱっと見渡したくらいの広さしかないの。そして、、、乗り物はいつぞやの日記でも書いたけど超シンプル。そして大人もみんなそれで楽しんでいる!さらに緑の宇宙船の後席のオヤジを見よ!乗り物中も携帯を離さないインド人。「もしもしー!今ねー!宇宙船のってんだけどー!」って感じで話し出すんだろうか。


b0100398_2332536.jpgガネーシャが鎮座するフライングチェア・・・って名前だったっけか。とにかく真ん中にガネーシャがいるんだよぉぅ!インドだもん、ココ!神様グッズ意外と少ないくせに、なんでこんなところに神様。しかも椅子、外れるんじゃないかってくらいシンプルに張り付いてるよね。。。これどうやって固定してるんだろうか。公園のベンチ持ってきました風だよなぁ。オロロ・・・


b0100398_2336785.jpgふぉぉぉ~!真ん中の小人はかわいいのに・・・魚はなに?金のしゃちほこぉー!目がガッシュ・ベルみたいだよぉ!!これ乗りたいー!ということで、乗ってみた。他の魚が空いてるのに、なぜか私の後ろの席にインド人の子供がふたり乗り込んできた。なぜ・・・。

ウキョォーすごい速さだ。円が小さいのにスピードがあって、しかも乗ってる私の体が大きいから、遠心力がぁぁぁー。ぐるぐるぐるぐるがおーん・・・。外に飛び出ないように必死でつかまったわ。ははは・・・楽しいじゃないか!


b0100398_0374161.jpgそのスピード感はどれくらいかっていうと、これくらい。上でのったしゃちほこの周りをポッポーと走っている電車。こいつに楽しく乗ろうとしたら、だいたい2周で止るんだけど、前にのってたインド人の金持ちそうなオヤジが降りないわけさ。彼ら、大人4人で席ぎゅうぎゅうになるくらい、ありがちな恰幅のよさで、それがまた無性に腹立つ。友達が痺れをきらして「降りてよー子供が待ってるんだよ」って言ったら「なに言ってやがる、マダム。そりゃあできないよ。僕はもっと乗りたいんだからさぁ。諦めてくれよ。」だとよ。ケッ!!大人のくせにこんな電車に何度も続けてのってるんじゃねーよぉー!怒 この電車4両くらいしかないのに、オマエー何周乗ってるんだ! それに気づいた車掌役の兄ちゃんが、次の回は1周で止めてくれたので別の車輌に乗ったわ。気を利かせてくれたのか、たまたま1周で止めちゃったのかは謎だけど。まぁいいわ。


b0100398_0225190.jpgで、忘れかけていたが、今日のメインイベントは大きなハリボテを爆発させることなんだけど、これはラーマーヤナという物語で魔王Ravan(ラヴァナ)、弟Kumbhkarna(クンバカラナ)、息子Meghnath(メガナンダ)の3人が、ハヌマーンという猿顔の神様にやっつけられるシーンにちなんで、悪党3人の巨大ハリボテを炎上させて10日間のお祭りが終わるらしいです。ハリボテ3人の表から見たところが一番上にアップしてる写真ね。


b0100398_0314422.jpg彼らの足元を歩いて、ふと気づけば・・・こ・・・これは・・・にぎり飯か?戦いに備えてたくさん持ってるな。いや・・・違う。おそらく火薬~。火薬~?!こんなにたくさん・・・。汗
え・・・ここは平和な遊園地だよねぇ、よいこの集まる遊園地で、この火薬量はなに・・・。



☆ クライマックスでちびりそうになったじゃないか! ☆

日がとっぷり落ちると、すべての乗り物が終わり花火タイム。円形にキープされた敷地内に花火がセッティングされてるぞ。車輪みたいにぐるぐる回るのもあれば、しゅぼーっと上に吹き出るタイプのもあり。でも職人はいつもどおりのダラダラした服装とゾーリで長い棒の先に火つけて花火に着火。すごーく原始的かつかなり危険なにおいがする。

b0100398_042599.jpgわ~、花火だぁ~。綺麗だね~。でも・・・なんか火の勢いがすごーく危なくない、これ? はじめは最前列でかぶりついて見てたんだけど、30分ちかく花火を打ち続けるうちにドンドンと大きさがエスカレート。なんかフッと嫌な予感がして後ろに下がろうと動き出したその瞬間・・・ バヒュー ドゴォツ バチバチバチ キャー ・・・え・・・キャーって悲鳴? なに・・・なんかあっちの方の人達、いきなりヒケてるけど・・・。それなのに・・・どの花火が炸裂したのか謎のまま、花火は何事もなかったかのように続く。ううう・・・よかった、嫌な予感を察知して・・・よかった、私たちのほうに花火が飛んでこなくて。心臓とまるかと思った。


でも、これをきっかけに冷静に考え直してみる。あの悪党3人組の足元についていた火薬、あれはどうみても、この距離じゃ危ないよな。しかも、たぶん・・・私が今まで経験したことないくらいの爆発になるんじゃ・・・。爆風よけなんて何も設置してないし、本当に何も安全策はとられてないよ、この国は。去年サロジニナガルマーケットでテロ爆発があったとき、間一髪、1時間前にマーケットを後にしていて命拾いした私だけど、ダシャラ祭で死ぬのか、ついに・・・。さがろう♪もっと♪もっと♪もーっと♪

ドキドキしながら着火を待つ。

バゴッ ドドドドドドド ドガァッ!!

ヒェェェー キター!
ちびるぅ~!こわいよぉーおかあさーん!号泣

右端のハリボテ爆発。これ炎上なんてもんじゃないよぉ。いいのかこんな派手なの!
1体目の爆発で足がすくんで動けない。けど逃げなきゃ~。じぬぅ~。
2体目の爆発に備えてさらに後ろに退避。

バチっ・・・・・・・ ドゴォッ・・・ ゴガーン
メラメラメラメラ~

b0100398_10232.jpg


メ・・・メラメラメラメラ~って・・・メルメルメー?(分からない人は『金色のガッシュ』を読もう!)そんなこと言ってる場合じゃない、メラメラだよ!燃えてるよぉ~お母さ~ん!人はなぜ死にそうになると母を呼ぶのか・・・わかった。こんな恐ろしい状況からすくってくれるのはオカン以外ありえん、何故かそう思った。

ボゴォォッ (もうこのへんで軽く意識が飛びかけ。ただ立ち尽くすのみ)
b0100398_113682.jpg


ヒィィィー 閃光がー! 腰抜けるー! ちびるー! 足ウゴカーン! あまりの恐怖で目が閉じられないー! 目を閉じたらいけない気がするー! 目を閉じてるうちに何かが飛んできて当たりそうな気がするー!

あぁ・・・はらはらと目の前に落ち続ける真っ黒に焼け焦げたハリボテの紙・・・素材は・・・紙。そりゃ一気に炎上するわ。3体目の炎上を耐えるのだナオミ!がんばれナオミ!

b0100398_153070.jpg


ううう・・・泣いてもいいですか・・・ようやく3体目にも火が放たれました。鼓膜が破れなくてよかったよぉ。怖かったよぉ・・・。

これは、お祭なんでしょうか、本当に。それとも夢? でもまわりのインド人は3体の爆破が終わると、かなり興奮して満足そうに騒いでる。遊園地のナレーターもサッカー日本代表の中継並に大興奮のアナウンスを3対が燃え尽きるまで続けていた。

b0100398_1656100.jpg



でも、来年も見に行こう・・・。
そんでコレが終わるとインドは10月中旬のディワリ祭に向けて準備がはじまるぞい。これがまたすごくて各家が電飾キンキンキラキラに飾る、インドの正月みたいなもの。今年こそはディワリをみんなで花火してすごそうと思ってたのに・・・気づけばブータン旅行を入れてたことを思い出した。あぁ~来年は帰国直前だけど見られるのか、ディワリ。



YouTubeに動画をアップしてみました。
データが重いかも、ごめんね~。
ここに貼り付けようとしたらセキュリティでアップできなかったので、
下記URLからみてちょ~。
http://www.youtube.com/watch?v=VvhFSd6nT2o
[PR]
by naoming77 | 2006-10-02 20:43 | インド暮らしなもんで