ナンとチャパティの違い
お姑さんから、
ナンとチャパティはどう違うのか?どっちがおいしいのか?
と聞かれた。

ナンは釜の内側にはりつけて焼くもので、
チャパティはこねた生地を伸ばした後はフライパンで焼きます。

となると、ナンは釜がないと焼けないので、家庭で日常的に食べるものではなく、レストランや結婚式などで食べるちょっといいもの。精製した小麦粉を使うので色が白いです。

チャパティは食事の準備をする時に一緒に作り始めて、ぱぱっと焼いて食べるもの。これも小麦粉を使いますが、少し茶色いアーターという名前の粉を使います。水でこねるだけ。日本人がコメを毎食ごとに炊くのと同じ要領です。中国人の家庭でちゃちゃっと小麦をこねて麺などを作る感覚とも近そうですね。(って、まるで見たような書き方だけど、料理本で中国人がそう書いているのを読みました。)


ということで、ふたつは別物なので、どっちがおいしいと決めることはできないですね~。どちらも美味しいです。

今日は友達の家のサーバントが、夕飯にチャパティを焼いてくれたので、おじゃまして食べてきました。

大根をスライサーで細かくして塩もみしたものを挟み薄くいつもどおりに伸ばし、焼いたものでした。こういう風に何かを挟んだチャパティーは名前が変わります。

・・・なんだっけ・・・

忘れました。また聞いておきます。


このほかに「プーリー」もあります。これはチャパティーの焼く前の状態のものを、たっぷりの油をまわしかけながら膨らませたもの。そういえば、まだ食べていないかも。人が食べているのはよく見るな~。


---- 以下、ブログ引越し前のコメントのコピー ---

そんで、Nは毎日チャパティを作って食べているの?あれっ?
そういえばメイドさんいるんだっけ?
posted by ちゃちゃ | 2005/03/05 8:53 AM |


作ってないよ~。

日本から持ってきたコメ10kgを傷む前に食べないと
と思ってせっせと炊いている。
日本にいる時ですらこんなに食べていなかったのに。
おかげで食べすぎ。コメは腹にたまるね。

メイドはまだ居ないよ。
posted by 管理人ナオミ | 2005/03/05 3:00 PM |
[PR]
by naoming77 | 2005-03-05 21:49 | インド暮らしなもんで