新・メイドちゃんがやってきた(11) サト子、携帯get
17日にインドに戻ってきた。本当は3月末にはインドに戻る予定だったが、いろいろと急な事情がかさなり、結局は約半年も日本にいたので、相当かわってるかと思ったけど、特に何も変わってなかった。うちのマンションのメインゲート前のデリーメトロの工事が進んできたくらい。

b0100398_1991472.jpg



それにしても暇だ・・・。

あまりにも暇なので、日本に帰る前に休会していったフィットネスクラブ elementionを帰国翌日からさっそく再開。とりあえず10月28日にあるデリーハーフマラソンに今年こそ出ようと日々ランニング。去年は出そびれたからな、ゼッケンまで入手したのに。

でもたぶん10月末が帰国日なのに、その直前の日曜にマラソンって、すっごい微妙なタイミングだよ。普通だと、その日は船便で荷物を出す日、つまりお引越しだったりするんだけど。でもマラソンには出たいから、事前に引越しすませちゃわないとな。おまけに足ひきずりながら車椅子で帰国とかの羽目になると悲しいので、目標では約22kmを1:5Hくらいのタイムで笑顔でゴールできるようにトレーニングするイメージ。今からトレーニングしてればなんとかなるだろう!!あ~どうしよう、やせちゃう☆


久しぶりに会ったメイドのサトちゃんは、なぜか装飾品が増えている・・・。給料を上げた覚えはないが、鼻ピアスもキラキラしてるし、バングルもネックレスもピカピカしている・・・お前、私がいない間は暇だったから副業してただろ・・・と予測。どうしても気になるので、「サトちゃんの新しい鼻ピアス、ひかってんじゃーん!」といじってみたら、「へへへ」って食器を洗いながら照れてみせた・・・

それなのに帰りがけに「サンダルがぼろくなったからマダムのお古があったらください」って。。。オイッ。装飾品買う金があったら、サンダルくらい自分で買えっ!と思いつつ、「ないよ」と一言で終了。翌日にはたぶんRs100くらいと思しき新しいサンダルはいてました。

更に、「服が2着おんぼろになりました」と言うので、「そーかそーか」で無視。

極めつけは携帯を所持しているではないかっ!!!
見せてもらったら見たことないメーカーの携帯だった。おまけに着信音がばかでかい音量で、明らかにヒンドゥ教のお祈りみたいな甲高い声で歌う女性の音・・・怖いんですけど・・・。まぁ良いけどさ。それにしてもこの半年でこの羽振りのよさは一体。。。

なかなかサトはやり手である。とりあえずもらえる可能性のあるものはネダってみようという根性は嫌いではない。再会初日は家中にたまりまくった砂埃を綺麗に5時間かけて掃除してくれた、相変わらずなかなかの働き者。あ~人が掃除してくれるってなんていい生活だろーかー。

b0100398_19144525.jpg



※サトちゃんのオデコについている黒い丸はほくろではなく、ビンディです。念のため。


帰国直後に矯正歯科への通院も再開。なんとか10月末の本帰国までに終わらせてもらわないといけないので、先生も私も予想外だった半年間のブランクでちょっと焦り気味。おまけに予約日を一日間違えて行ってしまい、更に遅れをとる。

家の中にいると暇で死にそうになるので、外に出かけると、目に入るインド人一家。

b0100398_19242754.jpg



あー、いいよねー。これだよねーインド。


あと目についたのは・・・オリックスがタクシー事業を始めたらしい。デリーには黄色いタクシーがいるのだが、グルガオンには黄色いタクシーはいないので、いわゆる白タクのようなものを使う。家や新聞にチラシが入るので、それを見て必要があれば呼ぶという具合。でもタクシーとは名ばかりで、ただのオンボロ車が迎えに来るだけという具合なので、微妙な商売だ。そこへオリックスは値段は高いらしいが、まともな車でまともに送迎してくれる安心して使えるタクシーとして業務をはじめたらしく、確かに見るからに普通。

b0100398_2020617.jpg


b0100398_20233396.jpg



この車はジムが終わって、私が運ちゃんを待っている間に目の前を通っていったんだけど、ここのジムは3棟がつながった巨大なオフィスビルの一角にあるので、一日中、たくさんの人が出入りしている。オリックスのタクシーからは日本人が降りてくるのかなーと思ってみていたが、「あ~暑い」と思って一瞬ぼーっとした隙に既に降車が終わっていた。ただ、日本と違って流しではなくで、あくまでもハイヤーだと思います。


そういえば、家に帰ってきたとき、あまりの暑さで家の中でゴキブリが二匹死んでひっくり返ってた。生きてると怖いけど、死んでる分には耐えられるから、まぁいいや。ヤモリの子どももたくさんうろちょろしてるけど、あれは虫食べてくれそうだし、いいや。私がインドに戻る前の週は日本でも報道されたように気温49度とか隣のパキスタンで51度とか強烈な酷暑だったんだけど、なぜか私が戻る日には雷雨が朝とか突然降ったりして気温が一気に下がったそうで、この1週間は実に過ごしやすい気温でした。こうして私は、10年に一度といわれる酷暑を味わい損ねたんですよ。くっそぉ~。すごく損した気分。私も「もぉ、インド暑すぎ!死ぬ!もうダメだ!涼しい冬季じゃなくて、こいう時にこそ出張者よ来て見ろ!」と日記に書きたかったのに。既にちっとも普通だよ。それでも、基本的にはあっついけどね・・・。


そんな感じで、また時間の流れも妙にゆっくりなボーっとする日々が始まりました。
とりあえずは、今後4ヶ月の旅行計画を立てて、自主的にウキウキ状態を作ります。
[PR]
by naoming77 | 2007-06-25 19:27 | インド暮らしなもんで