カテゴリ:インド暮らしなもんで( 187 )
日本に戻ってきました
2年9ヶ月のインド暮らし(だんなは3年)を終えて、本日朝6時すぎに成田に到着しました。
空港まで見送りに来てくださったみなさん、お忙しいところありがとうございました。

10月は本当に忙しくて、
特に中旬からは予想外の旅行が入ってきたりして、
あれでどうして引越しの日程とかぶらなかったのか不思議なくらい。

睡眠時間が日々5時間をきるような日が続いて(そんなの日本にいたら当たり前?)、
引越しを終えて2日後の28日には、念願のデリーハーフマラソンを完走。
前日からほんとに走りきれるのか不安であんまり寝れなかったけど、
一緒に走ったカズクンとハリーもいつもより眠りが浅かったようで。
出走前の写真を見ると、結構不安そうな顔をしてて自分でも笑えますわ。
2時間55分かかりましたけど、予想ではもっとかかると思ってたので
少なからず練習しといてよかったよー。筋肉痛も3日で治ったし。
走った後はすっきり顔。

おまけにまったく予想を裏切ったことに、ものすごい爽快感とともにゴールできちゃったので、再びハーフマラソンに出る日もそう遠くないかな。でも、最初の5kmまではスタート直後からリタイヤしたいくらいつらかったなぁ。体調が万全じゃなかっただけに。

b0100398_21362581.jpg




そういえば、12km付近を通過中にテレビのインタビューを受けました。もちろん走りながら・・・ただでさえ死にそうな状態だったのに、英語なんか聞き取れるかっ!と、突如パニックに襲われそうになりましたけど(大げさ)、「マラソンは初めてですかっ?ちょっと、時間ください!今の気分は!」と矢継ぎ早に聞かれ(カメラマンとインタビュアーも当然一緒に走ってます)、

「マラソンは初めてですよ、当然!気分なんて・・・死にそうです!」

となんとも使えない回答をして走り去りました・・・。
唯一、カメラサービスにとサングラスをとっさにはずした自分には感心しましたけど。

それが終わったと思ったら、後ろから来たインド人男性(推定50歳)に「ねぇねぇ、何聞かれたのっ?」と会話が始まり、そのおじさんはこのハーフマラソンのために毎年バンガロールから来ているツワモノだと知り、私はマダマダだなと思ったものです・・・。

b0100398_21372124.jpg



餞別にいろんな方からいろんなものをいただきました。ありがとうございました。
その中で異様さを極めたのが油絵でして・・・以前の日記でラクシャディープ諸島のアガッティ島に行ったことを書きましたけど、その時に撮影したおバカ写真を元に、とある企業のドライバーが描いてくれました・・・。サプライズでもう一人の方も恥ずかしい写真を絵にされてました。

b0100398_21375566.jpg



なぜか本来の趣旨であった「私の送別のための絵」よりも、そちらの方の絵のほうが力作でして、特に風景画を得意とする画伯はイマジネーションを総動員して美しいアガッティのビーチを再現していました・・・私の絵が手抜きに見えました・・・哀

その画伯は人物を描くのが大の苦手で、私もそしてもうひとりの方も、まるで別人の姿でしたが、波しぶきは本当にきれいに描かれています。彼が別の人生を歩き出す日も近いかもしれません・・・。


そんなこんなで、家が決まるまでホテル暮らしですが、とりあえず風邪もずっと引きっぱなしで直らないので、今週中になんとか直したいなと。それではまた。
[PR]
by naoming77 | 2007-10-31 21:09 | インド暮らしなもんで
今日は荷だしでーす
おはようござんす!

ただいまインド時間AM8:20.

9:30から荷だし予定です。こんなときにも「予定」と書いて予防線はっちゃう癖が怖いわ。何事も予定通りには進まないインド生活ともおさらばですねぇ。でも時間にルーズなのに慣れちゃうと、案外こっちの方が気が楽だったりもするので、日本の「5分遅れたら遅刻」が怖いっ!!!

このマッタリとした時間の流れは案外いいもんですよー。

って、いくら書いたところで、まだ駐在が続く人にとってみたら
「帰る人は何とでも言えるよねー」と聞こえる場合がほとんどだろうけど。==;

それでは、ブログを読んでくださったみなさま、
「最近、更新してないじゃん!」のご声援ありがとうございました。
唐突にそのツッコミをされるとドキっとしたものですが、その感覚ともしばしお別れ。

日本のホテルに到着したら更新したいとおもいまーす。

あぁ、、、、28日、マラソン出られるんでしょうか。
思いっきり風邪ひいてますけど・・・軽く熱なんかも出てたりして。
のども痛いし・・・あ、これって言い訳?

それでは、ごきげんよう~!!!
[PR]
by naoming77 | 2007-10-26 11:54 | インド暮らしなもんで
10月30日、帰国
赴任当初から期間限定だったのですが、この日が来ました。
帰国日がきまり、引越しのため、ひたすらゴミを整理する日々です。

部屋の数だけふくれあがった荷物を日本の家サイズにするために
おおよそ夜逃げ同然の量に減らすべく、ダンボールに入れては出し、そして捨て、、、
でも、なかなか自分のものはうまく捨てられない。

絶対にゴミとわかっているものでも、
「このへんな顔の猫の置物、かえったらあの人にあげちゃおう・・・」
とかくだらないことを考えて、ついついダンボールに入れてしまう!

でも、、、へらすぞーーー。
[PR]
by naoming77 | 2007-10-12 13:14 | インド暮らしなもんで
アガッティよりデリーに戻りました
ただいまインド時間AM01:30です。

さきほどデリーの自宅に戻りました。

3泊4日でインドのラクシャディープ諸島アガッティ島へ行ってきました!
が、帰る日の朝、悪天候ででコーチンへ戻る飛行機が島にやってこれず、
次の定期便まで2泊延泊させられました。

というわけで、5泊6日ですよ・・・。

あぁ~、明日の朝、昨日行くはずだった矯正歯科に電話しなくちゃ。
一体いつ予約取れるんだか・・・。

家に帰ってきたら、天井から電気の傘ごと落下してました。
ケーブルでつながっていたので、UFOみたいな状態です。

b0100398_1443583.jpg



ひとまず寝ます、おやすみなさい。



ちなみに、ラクシャディープはすごいトコです。インドにも楽園があったかー!!
ひさびさに日記書く気力がおこってきたー。
[PR]
by naoming77 | 2007-08-31 04:56 | インド暮らしなもんで
安倍な日々の新聞
22日と23日のインドの新聞はかなり安倍率が高い二日間でした。
日本の新聞では掲載されないような表情とかもあるので、
こういう時は英字新聞も面白いなーと多少思います。
常に電子辞書とつきっきりなので、はっきり言って読むのは苦痛ですが。。。

22日のHindustan Timesには4ページの安倍特集が入ってまして、
1ページ目はこんな感じです。

b0100398_2502242.jpg



小さくてなんだか見えないですよね・・・まぁ、雰囲気だけ見てくださいよ。

2ページ目はこんな感じ。

b0100398_250565.jpg



3ページ目。

b0100398_2511495.jpg



4ページ目。ここで私が思わず笑ったある広告に注目。

b0100398_251444.jpg



右下にスリーボンドの広告が出ていますが、日本語フォントがなかったのか、かなり小さいデータを使って引き伸ばしているので「ようこそ」の部分が実物は結構ギザギザです。苦労のあとが見えます。

b0100398_2533995.jpg




この日記のつづきはまた明日。
(ちなみに、つづきも相当どうでもいい内容になりますことを予告・・・)



ところで、そろそろ帰国も近づいてきて、貸し出し中のDVDなぞは回収したいと思っているのですが、「ジャッカス・ザ・ムービー1」のDVDが誰に貸したのか行方不明。あれ大好きなので、誰か家に転がってたら返してください~。
[PR]
by naoming77 | 2007-08-23 23:44 | インド暮らしなもんで
グルガオンの日本食 京都(たむら3号店)
グルガオンにずいぶん前にオープンしたKYOTOです。
場所を聞かれることがあるので、名刺のコピーをアップしておきます。

私も一度行ったけど、味は、まだまだな感じです。
要ブラッシュアップ希望!!!

あと、テーブルと椅子の高さが合ってなくてすわり心地が悪い~。

VasantとNew Friendsのたむらから
フロアのお兄ちゃん達が引越ししてきてました。
店の近くにみんなで住んでいるらしいです。
こんな静かな場所でくらして、、、さみしかろう・・・。
はやく電車が通ると良いのぉ。

b0100398_15552179.jpg


b0100398_1555775.jpg


[PR]
by naoming77 | 2007-07-11 15:55 | インド暮らしなもんで
佃煮コロッケ
佃煮コロッケを作りました。
なぜかというと、佃煮がとにかく大量にあるからです。

ドーン!

佃煮タワー!!


b0100398_124371.jpg



身長165cm以上あり、足の長さも一般庶民レベルの女子にして、ひざの高さまであります。実はこっそりお茶とようかんも混ざってますが。こんなに大量の佃煮は、もちろんインドへやってくる出張者の方々が持ってきてくださるわけですが、我が家はこの手のお土産を持ってくる社外の出張者にほとんど会わないので、とある方から消費しきれずにまわってきます。

そのとある方のところには、このストックを上回る量の佃煮が眠っており、人間ひとりが消費できる量をはるかに超え、もはや佃煮屋が開店できそうなほどで。この他に日本茶というストックもあります。きっとこの状況は出張者を受け入れる側であれば、どこの駐在員宅も似たようなものだと思います。

この佃煮、もともと薄味が好きな私にはもてあます代物で、最初はダンナの弁当に無理やり入れたり、ご飯の間に隠して敷き詰めたりしていたのですが、もういい加減にその手段も飽きられ、嫌味のように弁当箱に残ったまま帰ってきたりして。おまけにいただく量が消費量を上回ってしまったので、代案を考えました。

そして、今宵、佃煮コロッケのデビューです。

2007年、七夕の夜に、佃煮とコロッケが出会った・・・  ウルルン☆


☆☆☆ 牛肉たけのこコロッケ ☆☆☆

b0100398_1112196.jpg



どうですか、この大きなたけのこ。牛そぼろも入っておいしそうでしょう?
でも、やっぱり普通のコロッケの方が100倍おいしかったです・・・。


☆☆☆ 製作過程 ☆☆☆

b0100398_1134297.jpg



このように、単体だと消費に困る佃煮も、コロッケに強制的に混ぜるとかなり消費できます。
写真の片隅に「あなごたたき煮」という袋がありますが、、、
これはやっぱりダメですよ!何がって、コロッケが魚臭いんですよ!!
食べた途端、お口に広がる海の薫り・・・ってこれ、コロッケなんだけど~。
マヨネーズで味をごまかすにもほどがあり、これは次回作はなしで。


☆☆☆ 佃煮いろいろ ☆☆☆

b0100398_1165754.jpg



大きさ比較のためにVOCEを隣に置いてみました。佃煮って日本に居るときはまず食べないものだったけど、実はお高いんですよ・・・。確かに、たけのことかホタテとか、食材はなかなか高そうですもんね・・・。しかーし、ショッパイよ!!

コロッケにはやっぱり牛肉なんちゃらという種類じゃないと合わないです。お魚系は臭くて・・・。ホタテとかはうどんのお供、出汁に使うと良いかも。この写真の会社のものではなかったと思うけど、佃煮を使ったレシピが入っている商品もあって、やっぱり佃煮ってただ食べるだけだと限界があるよな~と眺めました。

ジャガイモ2kgをたっぷり使ったら、とてもじゃないけど食べきれないほどのコロッケができたので、大半は冷凍しました。これは・・・何気なくダンナの弁当に収まる予定。


☆☆☆ 佃煮たきこみご飯 ☆☆☆

b0100398_1283286.jpg



コロッケ以外にもう一品、佃煮スペシャルを。「子持ち昆布」を使った炊き込みご飯。
米なんて洗ってられっか!という程の無精者なので当然のように無洗米を使う私は、そこに十穀米ミックスを投入して栄養を補給したような気分になり、さらに今回は我が家の佃煮の中でも消費スピード最遅の「子持ち昆布」をぶちこんでみました。すると、、、コロッケとは一線を画すおいしい出来で驚きですよ。やっぱりお魚系はご飯ですな、ジャガイモじゃなくて。


今ふと思いついたのですが、「子持ち昆布パスタ」ってのはどうでしょうか・・・。私は和風パスタが大嫌いなんだけど、人によってはウケルかも。

この日はダンナは出張で留守。友人3名を犠牲にして佃煮コロッケをデビューさせました。
また我が家で、私の実験料理を食べてくれる方々、募集します。

それにしても、これって塩分の取りすぎってやつなんじゃなかろうか・・・。

  ----------

話は変わりますが、ここ最近食べておいしかったお店。
デリーのオベロイホテルのイタリアン。高いけど、やっぱりおいしいのね~。
日本でもこんな金額だしたことないよ・・・そういえば。
っていうほど高額でもないですが、焼肉一回行くくらいの金額が飛びました。

b0100398_1403328.jpg



  ----------

デリーのサケット地区にあるインターコンチネンタルホテルの南インド料理「カンダハル」でフィッシュターリー食べました。2年以上インドに住んでいるのに、ホテルでほとんど食事をしたことがない私ですが、最近は友達が誘ってくれることもあり、未体験ゾーンでお食事満喫中です。道端ご飯の経験値は高いんだけどな・・・。

肝心のターリーは写真とってないんだけど、最初に出てくるパッパド(パーパル)という薄いせんべいというかスナック、ビールのお供、に付けるディップは撮りましたよー。左から 緑:カレーリーフとコリアンダーのペースト、オレンジ:・・・なんだっけ?!、白:ココナッツ♪、茶色:タマリンド。オレンジのなんだっけなー。

b0100398_144094.jpg



南インド料理も、タミルナドゥ州とケララ州で味つけが違ってて、私は多分タミルナドゥの味の方が好きなんですよねぇ。はっきりとはわからないけど、タミルナドゥの方がココナッツが濃厚で、甘い味、ケララは水っぽくてスパイシーな味付け、という印象かなぁ。

このカンダハルでは州別のメニュー構成になってるので、こういうターリーという定食以外は好みの州のメニューから選べます。いろいろあったので、また行こうっと。でも、本場の南インドの食堂で食べる素朴な味に勝るものはないんだけどね。ここが北インドのホテルだからか、ちょっと味付け濃い目な気がします。

  ----------

最後に。
デリーのハイアットに8月オープンする中華料理屋のレセプションに行って来ました。北京のハイアットから7人のシェフを連れてきたそうです。おいしかったよー。写真は、鳥の解体に取り組むインド人スタッフのなれない手つきを、微妙な心境で見守るシェフ。しばらくインドに住んでると、自分もインド人みたいな顔になってるかもと思うときがあるんだけど、シェフを見てると、わたしゃやっぱり中華系の顔だよ!と確信するのだった。あたりまえか・・・。

b0100398_253763.jpg


[PR]
by naoming77 | 2007-07-09 22:36 | インド暮らしなもんで
新・メイドちゃんがやってきた(12) 給料でもめる
サト子さんと給料のカットについてもめました。

今月は私も旦那もインドにいない日が多く、
サト子に家の鍵を渡していないので今月は11日間しか働いておりません。

とはいえお休みが多かったのは雇い主の都合なので、
普通ならひと月分まるっとRs2000払うのですが、
この半年間は私がインドにいなかったこともあり、
一日平均2時間も働かずにRs2000GETという幸運にありついていたサト子なので、
今月は思いっきりカットしちゃろうと、自分の浪費は棚に上げて
「今月は働いてないし半額ね!」と言ったら、案の定ぐだぐだもめました。

例によってしっかりしてんじゃないですか、サト子さん。
そりゃそうだよな、金の話では以前ももめたしな。

サト子は明日から7月3日まで妹の結婚式でUP州に帰るということで
急に休暇申請してきたので、普段は月初にあげる給料を今あげることになり、
それでこんな展開になった次第です。

サト子さぁ、英語がまったく話せないんだよねぇ。
ほんとうにまったく。
鏡とか床とかシーツとかの単語すら知らない。

そんなわけでコミュニケーションはヒンディ一筋で、
それだけのために私はヒンディを習っているようなもんだよな・・・
でもおかげで相当役立ってるけど。

でも不真面目な学習態度なので、ちっとも上達してないから
私がヒンディで悪態つけるまでにはまったくいたっておらず、
サト子が話す内容も半分程度しか理解してないし。

んなわけで、今日は通訳に私のドライバー・ダラム君を入れて3人でお話。
結局、半額にしてやろうという私の魂胆は打ち破れ、
明日からの3日分をかなり適当にさしひいてRs1900というお給料で決着がつきました。

あと、携帯の着信音を仕事中は消すこともヒンディで言ってもらって。
でも、これがなんとも説明できなくて、
ダラムも彼女のメーカー不明の携帯の操作がわからず、
私がダラムの携帯をならしてバイブとはこういうものだ
を実践するということで説明がついた・・・。
サト子はそもそもそんな機能があることすら知らない様子だったけど。


日本円でたかだか5000円程度で
炊事以外のすべてをやってもらえるなんて相当ありがたいけど、
インド人家庭はもっと恐るべき安価でメイドを雇っていると思うと恐ろしいよな~。
サト子よ、おまえウチで働けてついてるぞ!

と、言いながら相場は上がっていないのか???という気もする。
食事も作れる人だと、最低Rs4000くらい払っている日本人家庭が多いみたいだけど、
英語も話せて朝から夜中まで文句言わずに働くドライバーの給料と比べると、
うちのサト子の給料は妥当だよなと思うんですがね。

そんなサト子の最近の心配事は私が帰任してしまったあとの仕事らしい。
うちを午前中できっちり終わらせて帰るので、他に仕事持っているのかと思いきや、
今のところ他に仕事がないらしく、私が帰るときは誰かに引き継いでほしいんだそうだ。

ん~、気持ちはわかる!
が、お前さん、英単語くらいもう少しわかってくれないと、人にお勧めしようがないよぉ。
しかも子ども3人と旦那付じゃあ、グルガオンのマンションについてる家主と壁一枚隔てただけのサーバントクォーターに住まわせるわけにいかないし。うるさくてしょうがないよ・・・。
かといってデリーに引っ越すのも嫌だろうしねぇ。
そもそも最初の契約の時に「うちに住み込みする?」って聞いたら、嫌ですっていったしな・・・。


まぁ10月末ごろに、誰かサト子をひきとってくれる殊勝な方が現れるといいねぇ。
うちのマンションにある小さい商店の壁とかに

「サト子、仕事先募集!掃除が得意です! 月々Rs2000から」

とか貼っても、たっけー!!とか言われて終わりなのかなぁ。
サト子、うちのマンションに通ってるメイドたちよりも
明らかに身なりが綺麗だもんなぁ・・・。

でも掃除は私が不満に感じないくらいだから、しっかりできている・・・。
誰かほしい人いたら譲るよ!
ただし、うちのマンション(サト子の家近く)から徒歩圏内じゃないと通えませんが。
もしくは移動のサイクルリキシャー代を給料に上乗せするか。
[PR]
by naoming77 | 2007-06-27 11:59 | インド暮らしなもんで
上野のインドカレー屋 『デリー』
5月26日に行きました。

b0100398_14261430.jpg



東京・上野にある『デリー』という名前のカレーやさんです。
すっごく狭い店内はいつもお客で埋まっています。

サラサラっとしたルーに具がぼこぼこっと入っている感じで、
味はとても好きな味で、おいしかったです。
私の実家のカレーはこんな感じです。

インド人とおぼしきスタッフも一人そのときはいました。

私が食べたカレー、ものすんごく辛かった!!
食べ終わる頃には汗が吹き出る。。。


b0100398_14263966.jpg



お店は千代田線湯島駅が一番近いです。
googleで検索すると、サクっと見つかります。
店を道路の反対側から見ると上に巨大なラブホ(最近こういう言い方しない?)の
看板があります。その名もペガサスです。
この写真を撮った立ち居地あたりにドンキホーテがあり、
その横に最中アイスで有名なお店があります。
カレーのあとはアイスで。

b0100398_14304029.jpg



ブラブラ散歩すると20分ほどで秋葉原にも着くので、
ヨドバシカメラのパトロールに繰り出すのも良いです。
[PR]
by naoming77 | 2007-06-26 14:30 | インド暮らしなもんで
新・メイドちゃんがやってきた(11) サト子、携帯get
17日にインドに戻ってきた。本当は3月末にはインドに戻る予定だったが、いろいろと急な事情がかさなり、結局は約半年も日本にいたので、相当かわってるかと思ったけど、特に何も変わってなかった。うちのマンションのメインゲート前のデリーメトロの工事が進んできたくらい。

b0100398_1991472.jpg



それにしても暇だ・・・。

あまりにも暇なので、日本に帰る前に休会していったフィットネスクラブ elementionを帰国翌日からさっそく再開。とりあえず10月28日にあるデリーハーフマラソンに今年こそ出ようと日々ランニング。去年は出そびれたからな、ゼッケンまで入手したのに。

でもたぶん10月末が帰国日なのに、その直前の日曜にマラソンって、すっごい微妙なタイミングだよ。普通だと、その日は船便で荷物を出す日、つまりお引越しだったりするんだけど。でもマラソンには出たいから、事前に引越しすませちゃわないとな。おまけに足ひきずりながら車椅子で帰国とかの羽目になると悲しいので、目標では約22kmを1:5Hくらいのタイムで笑顔でゴールできるようにトレーニングするイメージ。今からトレーニングしてればなんとかなるだろう!!あ~どうしよう、やせちゃう☆


久しぶりに会ったメイドのサトちゃんは、なぜか装飾品が増えている・・・。給料を上げた覚えはないが、鼻ピアスもキラキラしてるし、バングルもネックレスもピカピカしている・・・お前、私がいない間は暇だったから副業してただろ・・・と予測。どうしても気になるので、「サトちゃんの新しい鼻ピアス、ひかってんじゃーん!」といじってみたら、「へへへ」って食器を洗いながら照れてみせた・・・

それなのに帰りがけに「サンダルがぼろくなったからマダムのお古があったらください」って。。。オイッ。装飾品買う金があったら、サンダルくらい自分で買えっ!と思いつつ、「ないよ」と一言で終了。翌日にはたぶんRs100くらいと思しき新しいサンダルはいてました。

更に、「服が2着おんぼろになりました」と言うので、「そーかそーか」で無視。

極めつけは携帯を所持しているではないかっ!!!
見せてもらったら見たことないメーカーの携帯だった。おまけに着信音がばかでかい音量で、明らかにヒンドゥ教のお祈りみたいな甲高い声で歌う女性の音・・・怖いんですけど・・・。まぁ良いけどさ。それにしてもこの半年でこの羽振りのよさは一体。。。

なかなかサトはやり手である。とりあえずもらえる可能性のあるものはネダってみようという根性は嫌いではない。再会初日は家中にたまりまくった砂埃を綺麗に5時間かけて掃除してくれた、相変わらずなかなかの働き者。あ~人が掃除してくれるってなんていい生活だろーかー。

b0100398_19144525.jpg



※サトちゃんのオデコについている黒い丸はほくろではなく、ビンディです。念のため。


帰国直後に矯正歯科への通院も再開。なんとか10月末の本帰国までに終わらせてもらわないといけないので、先生も私も予想外だった半年間のブランクでちょっと焦り気味。おまけに予約日を一日間違えて行ってしまい、更に遅れをとる。

家の中にいると暇で死にそうになるので、外に出かけると、目に入るインド人一家。

b0100398_19242754.jpg



あー、いいよねー。これだよねーインド。


あと目についたのは・・・オリックスがタクシー事業を始めたらしい。デリーには黄色いタクシーがいるのだが、グルガオンには黄色いタクシーはいないので、いわゆる白タクのようなものを使う。家や新聞にチラシが入るので、それを見て必要があれば呼ぶという具合。でもタクシーとは名ばかりで、ただのオンボロ車が迎えに来るだけという具合なので、微妙な商売だ。そこへオリックスは値段は高いらしいが、まともな車でまともに送迎してくれる安心して使えるタクシーとして業務をはじめたらしく、確かに見るからに普通。

b0100398_2020617.jpg


b0100398_20233396.jpg



この車はジムが終わって、私が運ちゃんを待っている間に目の前を通っていったんだけど、ここのジムは3棟がつながった巨大なオフィスビルの一角にあるので、一日中、たくさんの人が出入りしている。オリックスのタクシーからは日本人が降りてくるのかなーと思ってみていたが、「あ~暑い」と思って一瞬ぼーっとした隙に既に降車が終わっていた。ただ、日本と違って流しではなくで、あくまでもハイヤーだと思います。


そういえば、家に帰ってきたとき、あまりの暑さで家の中でゴキブリが二匹死んでひっくり返ってた。生きてると怖いけど、死んでる分には耐えられるから、まぁいいや。ヤモリの子どももたくさんうろちょろしてるけど、あれは虫食べてくれそうだし、いいや。私がインドに戻る前の週は日本でも報道されたように気温49度とか隣のパキスタンで51度とか強烈な酷暑だったんだけど、なぜか私が戻る日には雷雨が朝とか突然降ったりして気温が一気に下がったそうで、この1週間は実に過ごしやすい気温でした。こうして私は、10年に一度といわれる酷暑を味わい損ねたんですよ。くっそぉ~。すごく損した気分。私も「もぉ、インド暑すぎ!死ぬ!もうダメだ!涼しい冬季じゃなくて、こいう時にこそ出張者よ来て見ろ!」と日記に書きたかったのに。既にちっとも普通だよ。それでも、基本的にはあっついけどね・・・。


そんな感じで、また時間の流れも妙にゆっくりなボーっとする日々が始まりました。
とりあえずは、今後4ヶ月の旅行計画を立てて、自主的にウキウキ状態を作ります。
[PR]
by naoming77 | 2007-06-25 19:27 | インド暮らしなもんで