カテゴリ:デリー( 47 )
デリーハーフマラソンのエントリはじまりました
9日間、エジプトに行ってました。
すっかりブログはほったらかしです。

で、あと2ヵ月半後にせまったデリーハーフマラソンの
エントリが始まったみたいですよ。

http://hdhm.indiatimes.com/articleshow/2265983.cms

エントリせねば。
[PR]
by naoming77 | 2007-08-12 20:53 | デリー
シルバニアファミリーの家
b0100398_12642.jpg


これが最近のINAマーケットのとおりに面した店の様子だそうです。
グルガオンの友達が買い物に行った際にこの写真をとりおさえ、
あんまりにも懐かしかったので、ブログに使わせてもらうことに。
この後、この店は結局全部とりこわされたらしいです。

INA・・・アイエヌエーと読みます。
とある家庭のメイドは「イナマーケット」と言い切るらしいですが、
まぁどっちでも通じると思うけど、正しくはアイエヌエーですわ。

ところでこれ、私が持ってるシルバニアファミリーの家とおんなじだ ♪ ウフフ
赤い屋根の家の形になってるやつじゃなくて、部屋のパーツと屋根のパーツが別売りのタイプを私は持ってて、今も実家の押入れに大事にしまってあるんだけど。屋根は邪魔だから買ってない。部屋は6つあるから、この家といい勝負でしょ。でも私のなんて家具はイギリス風だし、住人はウサギとか熊とか大家族なのよっ。オホホッ!この家には・・・インド人っぽいのがすんでるのねー。しかもこの状態で営業してたらしいわよぉ~。リアルお店屋さんごっこね!いや、マジ稼ぎね!!たくましくって素敵だわっ!!!

INAはほんの数年前までは夏場は10分車を止めただけで真っ黒になるほどハエがたかる場所だったらしいけど、私がインドに来た2年前くらいにはすでにそこまでの不衛生感はなかったかなー。まぁ確かに鳥とかさばいてるし、くさいし汚いけど。今後は屋内全天候型エアコン完備のマーケットに生まれ変わるらしい。つまんなーい。

ちなみにシルバニアファミリーってのは、こういうのね。
b0100398_110170.jpg


[PR]
by naoming77 | 2007-04-08 22:04 | デリー
コリアン 多来(Darae)
友達からコリアンレストランを教えてもらった。
ごく普通の民家で、看板も出していない。
上の階ではゲストハウスを経営していて韓国人出張者なんかが泊まるらしい。
なのでここに宿泊するとグランドフロアのレストランでご飯を食べるのね。

大きい部屋がすだれでふたつに仕切ってあって、
ぜーんぶ使えば50席は作れるかな。

b0100398_121575.jpg



韓国人オーナー夫妻が、めっちゃ笑顔で出迎えてくれた。
メニューをみると・・・何故か日本食が多いんですけど、なんでだぁ?
天ぷらうどんに、牛丼、そば、寿司、カリフォルニアロールもある。

b0100398_111186.jpg



肝心の韓国料理はハングルで書いてあって、英語で説明がついているだけ。
たぶん、ここに書いてなくてもオーナーが作れれば、
ものによっては作ってくれるんだろうけど。

付け出しで小さめのパジョンが出てきた。いつもS&Mで大きいの食べてるから
なんだか物足りなかったけど。そしてメニューにないのぉ、パジョンが。
でも通って慣れれば色々融通利くようになるんだろうね。

b0100398_1163626.jpg



これが寿司Rs600と付け出しのキムチ類。
寿司はネタがぺらぺらで、米も韓国流にべっとり炊きだけど、
まぁ、いいんじゃない。

b0100398_1213515.jpg


b0100398_122497.jpg



すごーく好きな味だったのはワンタンスープ。どうみても4人で分けられる巨大な器。
ワンタンも普通のシュウマイの4倍くらいのサイズなのさ。海苔が入っててオイチ♪

b0100398_12543.jpg



そしてっ。ギュードンですっ。牛の丼♪まぁまぁ、かな。これもサイズでかいのよ。
それに牛丼にピーマンはいらないんだけど・・・。

b0100398_1254768.jpg



で、これまたうんめぇっ♪のがチゲスープ。やっぱり韓国料理はおいしいわ。
辛いんだけどねぇ・・・。あったまる。

b0100398_127262.jpg




く、くった・・・。ぐるじい・・・。くいだおれる・・・。
さて、問題です、これは何人で食べたでしょうか?











答え。まだうら若き(時期はいつのまにか過ぎたっぽい)20代の女ふたり。
さすがに全部は食べ切れなくて、牛丼はほとんどパックにしてもらったよ。

締めてお一人様Rs1100(チップ入れて)。ビールは一本しか飲んでないんだモーん。


お店の場所は
C-2/51 サフダルジャン ディヴェロップメント エリア
電話: 011-4265-1087、4265-1088


でも、やっぱり私はSMが好き♪ (前の日記参照)
[PR]
by naoming77 | 2006-12-06 00:47 | デリー
一番好きなコリアンレストラン、Sun&Moon
もう10月の終わりごろのことだけど。

以前Vasant C Blockマーケット裏にあったSun & Moonが
デリー中でやっているシーリングによって閉店したのが7月ごろ?
そしてしばらく間をおいて、D Blockのたむらレストランの裏手に
今度はちゃんとした店舗として開店。
というのもデリーでは牛や豚肉を公に出すのが難しいのか、
コリアンレストランは大半がヤミ営業。

b0100398_544171.jpg



前々から、他のどのコリアンよりも、庶民的な味のこの店が好きだったんだけど、
住宅エリアでのひっそり営業から、随分とご立派な店舗に昇格でびっくり。

b0100398_6435980.jpg


グランドフロアは椅子席のみで、地下に降りると、ずずーっと奥まで個室の座敷が
ひろがってるの。広いわぁ。エアコンもテレビも全部LG製品で固められてるのも凄い。

b0100398_6433459.jpg


ここのマダムとはさすがに何度もきてるので顔見知りなのに、
いまだに私はカノジョの名前を覚えてないのだ。トホホ
だって店で会っても食べ物の話くらいしかしないし。
カノジョの英語も私並か、下手するとそれ以下っぽくて
なかなか話が通じないんだよねぇ。へへへ。

日本人会の夏祭りの時にカノジョを見かけて、
「あたらしい店はいつオープンするんだーっ」って聞いたら
夏祭りの1週間後くらいって言われたからウキウキで行ったのです。

賛否両論だけど、私は大好きなここのパジョン。

b0100398_6311632.jpg



豚肉は美味しいけど、やっぱりちゃんと火を通さないとあたる・・・インドでは。

b0100398_636966.jpg



で、部隊チゲ(ぶでちげ)。ラーメンがつくんだけど、これが旨いんだな。

b0100398_640402.jpg



調子こいて、ご飯も投入してたら汁がなくなっちゃって。マダムから追加のだし汁をもらったら
サービス満点の激辛スープを持って来てくれて・・・ものすんごい辛い。
ソウルに旅行に行ったときに、鼻水が止まらないくらい辛かった料理を思い出した。

b0100398_6412847.jpg




あー。おいし♪
[PR]
by naoming77 | 2006-12-05 06:46 | デリー
ナオミ完走?!デリーハーフマラソン
ナオミ、男に化ける

私がとんづらこいたデリーハーフマラソン、滞りなく行われました。私が知っている限りの日本人参加者11名は無事ハーフ完走。すげぇ~。正直だれかしら脱落すると思ってた。というか私が参加してたら間違いなく脱落してた気がする。やっぱりひとりで走ってるんじゃなくて、みんなで走ったから完走できたっていうのもあるだろうけど、それにしても凄いわー。

b0100398_5525352.jpgで、その11名の中に、前日夜に急遽、出場を決めた男がひとり。私のゼッケンで走りました。女性で登録してたのに大丈夫かなとおもったけど、当日は何のチェックもなく唐突にスタート。ゼッケンの裏に名前を書く欄があり、そこに本人が名前を書いたので、完走票にもそのとおりに記載されたわけ。それでいいのかー運営サイド!でも完走票もちゃちいメダルももらえてよかったね、H氏。



EXPO、再び

b0100398_558535.jpgところで、マラソン前日、婦人部総会のあとにまだゼッケンを受け取っていなかった友人達と一緒に、再びEXPO会場へ。おぉ、私がひとりで行った時よりも盛り上がってるじゃん。


b0100398_5583218.jpgふと友人が受け取ったGoody Bagの中を見ると・・・あ”!私の時には入ってなかったモノが!!DHLの黄色いボトルぅ~。い・い・な~♪私の持ってるニューバランスボトルと交換してよぉ~♪でも私のときに入ってた黒いRadio Mirchのズタ袋は逆に今回は入ってないかも。数が終わると中身が変わるのかな?


b0100398_011044.jpgキングフィッシャーがスポンサーとして、給水所で水を配布するんだって。1Lボトル1本買うとグッズを3種類くれるということで、購入。プラスチックのコースター(水吸わないから使えないジャン)と、栓抜き付きキーホルダー、腕につけるゴムバンド(ホワイトバンドみたいなの)を貰った。micchaがラスイチのTシャツを貰っていてうらやましいぞー。


b0100398_615943.jpg表では先日ファッションショーをやっていたステージで俳優がトークショーしてました。でも誰だかさっぱりわらからなっかよ。この前のドナルドはいないな~。アメリカに帰っちゃったのかも!なんてなー。そのかわりスターウォーズみたいのが居た。スターウォーズというよりはKOI MIL GAYAっていうインド映画(内容はETに似ているような・・・)に出てくる宇宙人みたい。しばらくしてふと振り返ると、この2匹が向かい合ってチュッチュぶつかり合ってんの!もぅ爆笑よ!その動きがコミカルでめちゃくちゃかわいいじゃん。絶対あれはわざとだね。私たちが見てるの狙ってサービスサービス。あはは~。その決定的瞬間を取れなくて残念。だって見た時、あまりにも面白くて唖然としちゃったんだもん~。



当日のコース

b0100398_2357896.jpg



当日のテレビは

b0100398_6301371.jpgこんな感じ。ちゃんと定刻どおりというか、実際には定刻前にスタートしてたみたい。エリートクラスはちゃんとテレビ放送してたけど、一般人はほとんど写らなかったな。



b0100398_6314033.jpg60歳以上の人達のクラスもあって、ターバン巻いたおじいちゃんがインタビューされたら、延々5分くらい「インドはすばらしい!」みたいな話をしようとするから、インタビュアーの男の子に途中で話切られてたわよ。


そういえば、出走前に腕につける測定器をもらうと、完走後にタイムを完走表に印刷してもらえたらしいんだけど、日本人メンバーは誰一人としてそれを受け取ることを知らなかったらしく、みんな手書きだって聞いたんだけど、、、ほんとかね?



ま、こんな感じでした。
次のマラソン大会は2007年2月11日、今度はフルマラソン!走れるかそんなん!!でもハーフマラソンもあるから、次のターゲットはそこかぁ?しかし再びトンヅラはゆるされんだろう・・・。うーむ。間違いなく、病気になる。この空気の汚さ・・・やっぱりジムに入ろうかナァ。
[PR]
by naoming77 | 2006-10-15 23:59 | デリー
デリーハーフマラソンEXPO
b0100398_6593055.jpg15日に開催されるデリーハーフマラソンのゼッケンを受け取りに行った。でも・・・じつは・・・やんごとなきダンナがらみの用事ができたので欠場することとなりました。ご、、、ごっめーん、私、言いだしっぺなのにねぇ。トホホ

でも、記念にゼッケンとかは貰っておきたいなと思って、今日は役満も上がったし、景気良く勢いで会場へ。先に何を貰ったかを紹介しちゃおう。


(1)ゼッケン
(2)超ダサい上に作りも粗雑なウエストバッグだけど大会オリジナルだから良し
(3)素材が劣悪な大会オリジナルキーホルダー
(4)KING FISHER(ビール&エア会社)ヘアバンド
(5)Radio Mirch黒ずた袋(J-WAVEのような位置づけのラジオ局)
(6)シャワー後に使う保湿クリーム(メンズパッケージ)Rs5の代物

b0100398_774296.jpg会場はLNDO Grounds, Outside Jawaharlal Nehru Stadium West Gate, Bhishma Pitahma Marg, New Delhi 。11時から19時の間が受付。私は18:30頃到着。既にあたりが真っ暗で、デリーも秋だなぁ・・・。風も涼しいしね。このマラソン大会はHUTCHという電話会社の主催。EXPO状態になっていて、いきなりワクワクしちゃった。


ゼッケンもらう場所はどこかな~ってキョロキョロしてたら、なんか前から来た・・・
あ、ドナルド?インドにもディズニーチャンネルが来たしね!すごいお金の掛け方だわ!

b0100398_714728.jpg





あん?ドナルド・・・じゃない?

b0100398_716091.jpg





ちがーーーう!

b0100398_7173163.jpg


どーなっとるんじゃ、インドー!いい加減にパチモン使うの止めろー!でもオカシー!!


b0100398_7233866.jpgさ、気を取り直して。ゼッケンの受け取り場所も分かったし。中に入るとコース図が!はじめてみたよ~。

コース図を見ると水の補給場所は13箇所、メディカルセンターが6箇所、エネルギードリンクの補給4箇所、トイレ11箇所。

おそらく最初の水とエネルギードリンクの補給箇所で両方飲んでみたところ、即効ゲリして次のトイレにダッシュ。再び走り出し、失った水分を次の水補給場所で行い、再び次のトイレに駆け込む。それを繰り返していると、常に切羽詰った状態で走ることになり、思いがけずステキな成績を収める。というシナリオを私は描いている。みんな、頑張れ!!



b0100398_7313425.jpg一式受け取りで出口を出ると自然とEXPOブース内へ。ニューバランスショップでセールやってるではないか!そして大会オリジナルグッズ!!好きさ、こういうの♪



b0100398_733418.jpgインドの新聞TIMES OF INDIAブースには出走者が書き込んだコメントボードがびっしり。書いてって言われたけど、書かなかった。でも日本語で名前でも書いてみればよかったかな。


b0100398_7333667.jpgキングフィッシャーのブースではダーツ。水のボトルを貰ったりしてたよ。若くてスタイルのいいオネイチャンがいたので、若いメンズがたかってた。


b0100398_736223.jpgあっさり見終わってしまったので、再び表に出るとフォードブースで職員達がなにやらおしゃべり。よく見るとTシャツが山のように束ねてある!もしかして明日と明後日で配るのかも!「それ、ちょーだい!」と、得意のオネダリをしてみる。


b0100398_7372065.jpgやった!いってみるもんだ。あっさりゲット!ありがとうフォードの兄ちゃん!写真はTシャツ表。シートベルトツケヨウ柄。


b0100398_7381991.jpgTシャツ後ろ姿。



b0100398_7475381.jpgさ、お買い物の成果をかみ締めよう!デリーハーフマラソン公認オリジナルグッズ~☆メッシュのタンクトップ、バッグ、キャップ・・・それにしても、何でこれって半額だったんだろう・・・



あ”・・・・・・



これ、去年のグッズじゃん・・・・


b0100398_7492830.jpg



ショッックゥーーー  ショーーーックッ !!!!

(ピンクレディの透明人間のメロディで歌ってよ!)



b0100398_7514510.jpgあっれー?でもこれは今年のっぽいな。だって半額じゃないもん。ピンクと白のTシャツはレディスサイズ。赤Tは紺もあって、メンズサイズのみ。タンクトップはM、L、XLの3サイズだったかな。ポロシャツは着ないけど買ってみた。



b0100398_7531059.jpgよしよし、これはちゃんと2006年、今年モノだぞ!




ウォー!

ウォー!


b0100398_804346.jpg2006って入ってるの、タンクトップだけだ!他のは・・・プリントされてない。そういえば、選んでるときに、もっと分かりやすい文字の部分のプリントが落ちてて、こりゃアカン!って選びなおしたのに、まさかこんな重要なところが欠けてたとはーーー!クソー!インドにやらレれたー!くやしー!



b0100398_843716.jpgで、でも・・・とりあえずボトル4本もらったから、いいか。!




じゃ、みんな頑張ってー!ラララ~☆
[PR]
by naoming77 | 2006-10-12 23:43 | デリー
ナオミ役満♪お祝いにディワリランプをお買い物♪
今日、役満あがりました!!!!!!!

じゃじゃーん♪スーアンコ♪リンシャンカイホー♪数えないけど裏ドラ3枚♪

b0100398_3263027.jpg

が・・・上がり牌が写真に写って無いじゃん!!!ヒドォーイ
ちなみに、ツモったリンシャン牌は3萬でしたの。



はっぴー でぃわり♪

b0100398_336153.jpgそしてめでたいので、その足でお買い物しちゃいました♪来週はヒンドゥ教徒のお正月のようなめでたい祝日『Diwari ディワリ』です。光のお祭とも言われていて、各家庭が色とりどりの電飾やオイルランプ、キャンドルの明かりで美しく輝きます。この時期にデリーの空港へ降り立つ方は、きっといつもより綺麗な夜景が見れると思いますよ♪


b0100398_3581393.jpgというわけで私もキャンドルスタンド購入。インドの花・蓮のデザインで一目ぼれ。インドの中途半端な内装の家とのバランスは良し。実はもうひとつデザイン違いの蓮スタンドがあって、そっちは今日は断念。

このキャンドルスタンドが売っているお店、はじめて行ったのですが、とーっても綺麗な店内で、商品もそこらへんで売っているものとは一線を画す品質の良さ・・・当然、日本のものとは比べないでね。でも贔屓目に見ても、日本の雑貨屋で買ったら2万円近くしそうなものもお手ごろ価格で手に入ります。モダンなものもあるけど、基本的にはインドのクラシック路線で、絵画も多く扱っています・・・贈り物にも使えるし、当然、自分にも・・・これから散財しそうだ。家から遠くてよかった・・・。


b0100398_411460.jpg一番驚いたのは、客層のブルジョワ度の高さ。みんなにプレゼントを配りまくるディワリ商戦が始まった今時期、ひっきりなしにお客様が入ってきました。グルガオンあたりのショッピングモールで見かけるお金持ちそうなインド人よりもさらにハイソな雰囲気で、銀座の和光とは言いすぎですが、近いものはある。あぁ~ん、久々に楽しく買い物できるお店だわ!

とある巨大な体を揺らしていたインド人マダムは、熱心にクラシックなデザインの写真立てを吟味。なにやら映画女優みたいな女性の写真をはめてお試し。なんとその写真の中のド派手な衣装を着た女性は、マダムのお嬢様だそうで、彼女の映画以上に豪華な結婚式の写真でした。

ちょっと小デブだったけど、美人顔のお嬢様は新郎もなかなかの美男子。いままで私が現実やファッション雑誌で見てきた、どのインド人結婚式よりも豪華で、しかもドレスも会場風景も参列者もその数枚の写真に写る全てが洗練されていたことのほうが驚き。まったく野暮ったさや頑張ってる感じが無いの。おそらく想像をはるかに超えたブルジョワなんだろうなぁ。インド人のお金持ちって底知れない。


そして・・・お買い物を堪能したあとは、デリーハーフマラソンのゼッケンを受け取りに行きました。そこでも色々と楽しいことがあって♪その日記はこのあとに。あ~楽しい1日だった♪
[PR]
by naoming77 | 2006-10-12 21:15 | デリー
巨大シバ神のいる寺、マンガル・マハデーヴァ
デリーとグルガオンの間、NH8道路沿いにいるシバ神。「MANGAL MAHADEVA」(マンガル・マハデーヴァ)という寺です。入場無料。門付近で靴を脱いで入るんだけど、昼間は熱いんだ、足が。
この寺院に行くの、もう3回目くらいなんだけど、なんとなく見ると寄りたくなる。デリーからグルガオンの先にある自動車系工場にお勤めの日本人駐在員方は毎朝この像を見ているはずなんだけど、車中で爆睡している人も多いらしく、意外と知られていないみたい。

b0100398_1237657.jpg


オス!おら、シバ神!ヒンドゥー三大神のひとり。あとの2人は誰かなんてどうでもいいけど、一応教えてやるとブラフマーとヴィシュヌだよ。最近では大体のヒンドゥー教徒は俺派かヴィシュヌ派のどっちかに属しているんだ。でも6割り強がヴィシュヌ派なんだよね~。チェ。それにしてもヒンドゥー教は登場神様が多すぎて、わけわかんないよね~。

b0100398_12402870.jpg



シバ様のいでたち解説
b0100398_12385767.jpg

<頭部>
 ・頭上うす高く巻きあげた髪の毛と下に垂れ下がるロンゲ。苦行僧スタイル。
 ・頭の左上になんと三日月が!さすが神!
 ・おでこにはシバ派を表すマーク・・・というか、これは目だそうだ!しかもこの第三の目が出来た理由がこれまたすごい。シバが瞑想ばかりしていて、妻のパールバティが暇だったので、ふざけて後ろから目隠ししてみた・・・すると世界が真っ暗になってみんなが怖がったので、それを助ける為にこの目が生まれたらしいぞ!すげぇ~。
  (これを一般の人間がお参りに行った際に真面目におでこに書くんだな。赤い粉を練ったものなどで、横に三本線を書くんだけど、その状態でごく普通に生活している。)
 ・顔の横にさりげなくたたずんでいるのはヘビ。シャーと舌出し。
 ・首はしわっぽい。かなり高い枕で寝続けていたに違いない。
 ・耳にはでっかいフープイヤリング。
 ・鼻筋は通り、唇厚めでなかなかイイ男かもしれない。
 ・目が下から見ると三白眼ぎみで、ちょっと嫌。

<上半身>
 ・上半身は裸。かなりマッチョに鍛え上げられている。首のシワとは対照的に若々しい印象。インド人のソフトマッチョとはかなりの別物。両わき腹付近にミッキーマウスの顔みたいな形の筋肉がついている。
 ・おっっ。右乳首を取り囲むようにコブラのしっぽがくるりん。そしてこの写真ではわかりにくいけど、肝心の乳首部分のへこみをねじろにしているのは・・・ハト!その他のハト達は両手親指、コブラの首の広いところにもいるではないか。
 ・ヘビマフラーの下からでているのは数珠みたいなもの(と言ったら間違い?)。木の実なんですが、土の下に埋めて表の皮が腐ってから外にだして皮をむくと、ごらんのようなくるみっぽい表面になるそうです。お参りの時にひとつずつ数えながら経をとなえる、108つの玉で出来ていると聞きましたが、この写真のものは108つもあるように見えないけど。
 ・手首にはピアスと同じデザインのシンプルなバングル。
 ・手の形は女性的です。細くて長い指は一切家事をしていないと思われる美しさです。手相がくっきり浮き上がっていますが、どんな手相なんでしょうかね。
 ・向かって右手に持っている槍は「三叉戟(さんさげき)」。

<下半身>
 ・腰からトラ皮を巻いています。とても質が良さそうです。こんなにくそ暑いインドにおいて、毛皮を着用するとは、汗疹の大量発生を省みない大胆な行動。ヒンドゥー神様界におけるファッションリーダーかもしれまい。毛皮を止めている腰紐もドレープがたっぷりでエレガントではないですか。


b0100398_13591850.jpg

オス!おらシバ!といえばリンガ伝説

b0100398_523352.jpgシバ派のヒンドゥー寺院に行くと必ずあるのが「リンガ」。旅行日記にもたびたび登場するけど、リンガとは男根のこと。しかも女性器の台座からニョッキーと生えているのだ、リンガが。それを大真面目にスリスリさすったり、ミルクをかけたりしながら、熱心に拝んでしまうという、すごい・・・少なくとも私は驚いたさ。左の写真はこの寺院のものではなく、南インドのタミルナドゥ州タンジョールへ行った時のもの。リンガが大量に並んでいる~!!うきゃ~。

なんで男根がシバ派の崇拝象徴となったかというと、大昔、シバ派とヴィシュヌ派(と、実はもうひとつブラフマー派もあるがそれはおいておく)の誰が一番偉いかでもめていたときのこと・・・。ブリグ仙人が決定することになり、シバを尋ねた。すると彼は奥さんのパールヴァティと性行為中だったのでブリグ仙人は待つことにしたんだけど、これが終わんないのよ、何百年待っても。で、ブリグ仙人は「シバ派は後世、暗闇の中で性器の形で礼拝されるようになる」って予言してその通りになったというわけ。

シバはどうも射精しないらしくて、延々とし続けられるってことなのかしらね~。すごいわ。そしてそれに付き合える嫁のパールヴァティもかなりスゴイと思うんだけど、だれもそこには触れてないね。しかし射精しないのにどうやって子供を作ったかと言うと、子供は垢から出来ているとかなんとか。。。垢太郎。。。それに「触っただけで妊娠」説も。えーー!それって自分が子供のころに親から「大人は危ないから気をつけなさい」と意味深な注意を受けていたころと同じ感覚?!でも、シバ派の寺院でかなり妊娠の必要のなさそうなおばちゃんまでもがリンガをスリスリ拝み倒しているのを見ると、何が何だかわからなくなってくる。そのへんの懐の広さというか、なんでもありなところがヒンドゥー教なんだろうか~???



シバ様、夜のお勤め
b0100398_1450840.jpg

きゃ~、頭から水が噴射してるわ~すごぉ~い☆
この写真を撮る為に、上記とは別の日にわざわざ車を止めて撮影。インドは曜日によって「今日はシバ神の日」とか「ブッダの日」とか決められていて、自分が特に崇拝する神様の曜日には神様にちなんで断食したりするらしいよ。でも、この日は何故かシバの日である金曜ではないのに噴射してた。

この水は聖なるガンジス川の水だそうよぉ。ほぉ~~~。と、言っても本当にガンジス川の水じゃないのよ。デリーにはガンジス川流れてないし。きちゃないヤムナー川かそこらの水だと思うけど、伝説上、シバの頭がガンジス川の源流ということになってるの・・・。すごいわ、インド。

それにしてもすごい人。夜祭状態なんだけど、普段どおりのいつもの週末の姿だと思うの。この水がでているおかげかどうか不明だけど、結構涼しくて、家族総出できている雰囲気。水が落ちる地点には水はたまっていないけど池があって、男の子達が楽しそうに水浴びしてた。
b0100398_1455166.jpg


ん~面白いわ、インドの神様。
[PR]
by naoming77 | 2006-05-30 12:34 | デリー
インド初美容院でケラスターゼ
1/25にインド入りして初めて、美容院へトリートメントしに行った。
日本にいるときはほぼ毎月、空けても2ヶ月に一度は美容院へ
行っていたつもり。たまにさぼったけど。

日本では、ケラスターゼというロレアルから出ている
トリートメントを好きでやっていたのだが、デリーにも発見できた。

新聞広告をみて知ったのだが、デリーマダムには当たり前すぎる商店街
バサントロックの、一番奥にあるsalon affinityという美容院だった。

近くまで行ったことはあったが、まさかここにケラスターゼが置いてあるとは~。しかし英語が苦手なオイラは予約電話に自信なし。そこで、友達にケラスターゼの良さを言葉巧みに熱く語り、一緒に行く気になってもらった。そうして予約を入れてもらうことに成功。

うぅ・・・ありがたや~。友よラブ!
一緒に来てくれてありがとうぅ。

美容院は外見からしていかにも高級。ガラス張りの入口の向こうに、4~5人の男とマネージャー風の女性が一人。みんなインド人で妙なオーラがあるので、ややビビる。

おどおどと入店すると2階へ通された。
1階は普通の美容院らしく、カットをするスペース。
客はゼロ。いや、一人はいただろうか、目に入らず。

2階はケラスターゼ専用の施術スペース。
第一印象は真っ白い部屋。

・カウンセリング用の場所
・ブロー用の場所
・シャンプー用の場所

それぞれ2人分ずつ椅子を配置。
すごーい贅沢でもったいぶった場所。


まずは座って髪の毛診断。さっきのマネージャー風女性が来た。
友達と引き離された途端、挙動不審になる私。
英語で髪の毛の状態を聞かれてもさっぱり分からず。
ずいぶんと紙質の良い問診表に、おネエさんはチェックを入れていく。

アワアワしている私をよそに、トリートメントの種類決定。
日本でもやったことのあるオレンジ色の商品のコース。


シャンプー台へ誘導される。服が汚れないようにグレーのガウンを着せられた。すげぇー高級サロンっぽい~。日本でやっていた時はガウンなし。ガウンお初


私の担当は超インド訛りの英語を話す兄さん。見た目はぬりかべ。
自己紹介されていることに気づかず、ぽけーっとする私。

なまりすぎなんだよっ!

と、聞き取れない自分を差し置いて逆切れ。ごめんよ、ぬりかべ。


まずはシャンプー。しゃかしゃか・・・・

え、あのぉ~力弱いんですけどぉ。

と、いうことで早速注文。

more strong please !!!

単語3つなら、文法が間違っていても通じるだろう。
それにどうせインド人の英語だってむちゃくちゃ。言ったもん勝ち。

ぬりかべは客からそんなことを言われたことが無いのか、
えっ、と一瞬ひよったあと、一生懸命力を入れだした。

おぉ、それで良し、それで良し。
でも、なんか気持ち悪い・・・

なんだろう。わかった。この人達、経験浅いんじゃぁ~。
でも、あそこの壁に、ちゃんとケラスターゼの免状がかかってるしなぁ。
しかし、ぬりかべの手付きは「僕、女の人触るの初めてです」って感じのオタク系兄ちゃんを何故か思い出させるたどたどしい動きで、思わず鳥肌。

ブルブル…きもちわるいよぉ~

追い討ちをかけるように、耳に水がばしゃ~っ。

ヒーィー

隣でシャンプーを受ける友達にSOSを出すと、
耳に水は当たり前らしい。寝耳に水。

あまりの気持ち悪さに軽くトリップしていると、シャンプー終了。
呼びかけられて終わったことに気づく。

ぬりかべ「マダム、気持ちよくって寝てしまいましたか~?」
なんて言いやがる。

トリップしてた、という英語は通じないだろうと思い、適当に茶を濁す。


つづいてブロー台へ移動。
あれ?シャンプーの後、カットしないんだったら
すぐにトリートメントなんじゃ…

ブオー しゅわしゅわ ブオー しゅわしゅわ

おいおい、待て。しゅわしゅわって音は何だ?

ぬりかべ、突如ブローをやめて、再び私をシャンプー台へ動かす。
そして、すすぐ!

やっぱりすすぎ残し
本当にここケラスターゼサロンか!笑

すすいだあと、トリートメント液を塗り塗り。
再度ブロー台へ移り、頭を暖める機械を装着。

ぬりかべと助手の2名体制で装置をあてがってくるのだが、
世界最強の手際の悪さ。もたもたもたもた。コイツラ~。

挙句の果てに、頭に機械が取り付いたは良いが、
むちゃくちゃ窮屈な姿勢で付けられてしまう。

ウォーウォーという声にならないうめきと、
僅かな英単語で窮屈な場所を告げる。
私も彼らも悲しい状況。なのに笑える。

コーヒーを飲み、一瞬の安らぎ。も、つかの間、
終わると再びシャンプー台でマッサージが待っている。


マッサージの順番と手法は日本で受けているのと全く同じで驚いた。
やっぱりロレアル直伝なのだ。しかし、手付きはオタク系モソモソ。
ここでも「もっと力を入れんかい!」とぬりかべに渇を入れる。

このトリートメントの頭皮マッサージ、とっても気持ちいいはずなのに、施術する人でこうも違うとは。二度目のトリップを終え、ようやく最後のブローへ突入。ストレートでよろしく。


b0100398_15204412.jpg


え、なんで二人?

しかも、ぬりかべが左手に髪の毛、右手にブラシ。
助手がぬりかべの動きに合わせてドライヤーを動かす係り。

これって・・・ロレアル式???それともインド式???
日本では一人でブローしてたよな~。

あれれ?
助手(右)ハンサム君じゃないか!
ぬりかべ(左)担当を変わりなさい~。

ブローする時って髪の毛をちょっとづつ束にするでしょ。
あれもヘタクソで、すぐに髪の毛がばさーって落ちてくる。
ぬりかべぇ~

ストレートといったのが災いして、仕上げにアイロンを当てられた。
がぼーん。せっかくトリートメントでちゅるちゅるになった髪の毛が痛む。
ブローテクニックもイマイチだわ。


隣を見ると驚愕の事実。
友達の担当者はぬりかべより遥かに美容師っぽい手付きで
サラサラとあっという間にブロー完了。
ぬりかべはハズレだったのだ。


そんなこんなで私の初美容院は終了。
どんなに施術者がヘタクソでも、ケラスターゼの商品を使ったので
髪の毛はそれなりにちゅるちゅるになりました。
でも、日本でやった方が圧倒的に効果高いです。

気になるお値段は。チーン。 2000ルピー
たっけー。日本と全く同じ価格じゃん!

家でブロー前に使っているオレオリラックスという液体も1100ルピー。
1ルピー2.4円程度なので、日本の価格2800円と同じです。

ちなみにサーバント一人の給料は月約3000ルピー前後。
ダンナがホテルの美容院でザンギリカットされた時は
たったの200ルピーだったから、それと比べても天地の差。


日本で受けたい方、ケラスターゼの日本のオフィシャルサイトでお近くの取り扱いサロンを検索できます。

でもマッサージ師は、人それぞれ好みと相性がありますから、
良い出会いに期待しましょう。

あ~疲れた。


--- 下記コメントはブログ引越し前のコピーです ---

こばたん、腹が痛くなるほどワラタよ!
インドってやっぱおもしろい。
(私の偏見はこのHPにて作り上げられているカモ。)
インド人にとって、ブランドってなんなんだろうね。

”ぬりかべと助手”。

読んでいたら、まるでアタシも
彼らにうなじあたりをさわられているようで、
チキン肌になっちまったで。

しかもー。
写真がミュージックビデオの一画面っぽいトーンで
かなりナイス!なんですが、@美容院というより、

『辣腕インド人エンジニア2名が、
      MITのラボで人間ロボットを製作中』

という感じに見えてしまった。


ちなみに、私の行ってるサロンもケラスターゼ系です。
(ほんどだ、トリートメントの値段、同じくらいかも!)

なんだか、いよいよディープになっていくインド記だねん。
posted by LOVE | 2005/04/16 10:38 PM |


ラブタンすごいだろぉー!
サロンの人達や雰囲気はとってもいいんだよ。
気分よく施術を受けられるんだけど、
唯一肝心の技術だけに問題アリだよ。
我ながら今回はワロタ。
posted by ナオミ | 2005/04/17 4:09 PM |


隣でケアを受けていなかった時には気づかんかったコバチの苦悩のかなりワロタ。ホント腹イタ。

でもホントに髪はサラサラになった。スバラシ

ヌリカベ、よう見ると武蔵丸にも似てるなぁ。。。
posted by クリコ | 2005/04/18 11:51 AM |


インド人、腹でてるのやめて欲しいなぁ。
裕福の証らしいが、どーもなぁ。

そしてヌリカベの髪型はどうなんだろうか…^^;
(でも、人はとっても良さそうだったよね)
posted by ナオミ | 2005/04/18 4:03 PM |
[PR]
by naoming77 | 2006-04-16 15:16 | デリー
アガスティアの葉・・・葉っぱ占い
デリーでちょっくら私の人生を占ってきた。
占いに行くのは生まれてこのかた初めて。

インドに古くから伝わる「アガスティアの葉」という占い。生まれてから死ぬまでの詳細が葉っぱに書いてあるそうだ。発祥は南インドで、むかしむかしアガスティア聖人というおっちゃんがいて、その人がせっせと葉っぱに人の人生の詳細を書きまくって、それを弟子達が書き写したものが今も残っていて占いに使われているんだそうで。

店はデリーの日本人学校の側。普通の住宅街の中で、小さな集合住宅のグランドフロアだった。最初に指紋をとる。指紋で数百だかある葉っぱの束の中から、ざっと当てはまる束を決めるんだそうだ。

b0100398_281711.jpg



葉っぱは束丸ごとがその人に当てはまるわけではなく、束の中からたった一枚当てはまるものを選び出すまで、Q&Aが繰り返される。束に質問が書いてあるのか、答えが書いてあってそれを占い師が質問形式で聞いてくるのか謎だが、まぁそのへんは適当に流す。このおっちゃんが占ってくれた。ここの占いセンターには占い師は2人いるらしい。

b0100398_291680.jpg



葉っぱは厚みからしておそらく50枚くらいが一束で、木の板で挟んでヒモで縛って保管してある。葉っぱっていうから、てっきり丸みを帯びたハスの葉とか巨大な扇形の葉っぱかと思いきや、短冊状であんまり葉っぱっぽくなくて拍子抜け。写真下・左側の方に置いてある長い木の塊のようなものが葉っぱの束。白っぽいのは新しい板で、隣の古びた束はかなり色が茶色かった。

b0100398_2102551.jpg



質問内容は、
・結婚してるか?(その次の質問は「3年以上前か?」とか)
・両親は一緒に暮らしているか?(その次の質問は「離婚歴はあるか?」
・仕事はエンジニアか?
・ひとりっこか?
・お父さんの名前の最初の音は「あ」行から始まるか?
・生まれた時間は午前中か?(その質問の次にくるのは「10時より前か?」
・ダンナと別れたいか?
・ダンナは財産をもっているか?(私に関しても同様に聞かれる)
とか押し問答のようなものが延々と続く。

それだけ詳しく聞いたら占いでも何でもないじゃん・・・
と心の中で突っ込みつつこなす。それにしても答えるのが面倒くさい。

いつ終わりがやってくるのかと思ったら、両親と自分の名前が当たると、その葉っぱがその人のものということで決まるらしい。既に体験済みの友達は2~3束をこなす程度で葉っぱが決まったらしいが、なんと私は4本Q&Aしても葉が決まらず、「今日ここにはあたなの葉っぱはないから、別のところから持ってくるのであさってまた来て下さい」と言われる。4本もQ&Aするだけで、軽く2時間30分経過。私が質問に答える速度が異様にトロ臭かったのもあるんだけど。そして日を改め6本の束をめくったところで、ようやく葉っぱ決定!!!

これだけ時間がかかったんだから、よほどネタ的に面白い人生なんだろうな!と葉っぱに脅しをかけて、結果の読み上げを待つ自分がセコイ。葉っぱには古代タミル語でもにょもにょ何かが書いてある。これが質問だか答えなんだからしいが、占い師はうにゃうにゃ読めるが、私にはさっぱりわからん。まぁ、占いなんて信じるかどうかは本人次第だし。

b0100398_294918.jpg



すぐには私の人生は読み上げられず、数時間後にまた来て下さいといわれる。何をするかっていうと、占いのおっちゃんは、私の人生について葉っぱにかかれていることを、冊子に書き写してくれるらしい。が、タミル語で書かれても読めんっちゅーに。生まれたときの星の位置のようなものも最初のページに書いてある。この星の位置でほぼ占いの結果の大方の流れが決まっているように思えるんだけど・・・。あとで結果を聞きに行くと、おっちゃんが結果を読み上げ、それを英訳してくれる人が隣について、終始テープに録音したものを持ち帰ることができる。冊子は読めないので意味ないけど、テープ聞けばいいじゃん♪と思ったら、いまどきテープレコーダーなんて持ってないよ!!

b0100398_2105223.jpg



結局、私の人生はさほど突拍子ないものでもなく、淡々とすごしていきそうな気配だった。笑えたのは1~2年以内に住環境が変わった頃にオンナノコがひとりできるんだけど、彼女は将来、最初の結婚で失敗して、二度目の結婚で幸せになるんだそうだ。てことは一回目はどんなヘボイorキモイ男を連れてきても、どうせ別れるし目をつむれってことかいな?ほほ~期待。でも、私はオトコノコが欲しいんだけどな~と思ってたら、望めば二人目でできるって言われた。ありきたりな答えじゃ~。でもオトコノコの方は結婚は一回で済むらしい。アハハ。一発でいい女を掴んで来いよ~まだ見ぬジュニアよ!それにしても男と女ひとりづつとか、そんなの予言でもなんでもないし!適当な占いだなぁ。ちっ。

私は32歳くらいまでは何をやっても絶好調!で、50歳ごろから宗教的な活動をするといいでしょう、とか言われたから、てっきり教祖にでもなるのかと思いきや、他の人も同じこと言われてるみたい。やっぱり話の流れでところどころヒンドゥ教がからんでて、40代で大病にかかってもシヴァ神のご加護で乗り切れるでしょうとか(オイオイ!)、裁判沙汰に巻き込まれてもパールバティ神のご加護があるからだいじょうブイ♪とか。アハハ

でも32歳までは絶好調って・・・あと3年しかいい期間ないのかよぉ~。その後は子育てに忙殺されるのか・・・嫌だ、そんなの。その絶好調期間に自分の人生を執筆&出版して一儲けするらしい。そうか~。一儲け☆っていい響きだぁ。どんなくだらない内容で儲けるんだろうか。

ダンナはそのうち家賃収入を得るようになるらしい。てことは来年、日本に帰ったらマンション購入?あともう一回どこかに駐在行かないと無理だぞ、そんなの。次はブラジルかローマがいいなぁ!!(と、こんなところで密かにアピール)ブラジル行ったら毎日三角水着でサンバかしらぁ。ぽわわン。


最後にアガスティア聖人(真ん中のおっちゃん)が「んちゃ♪」って言ってそうな楽しげな祭壇にお祈りして、占い料1500ルピー(約4000円)を祭壇に置いて終了。では皆さんもご一緒に、な~む~♪ちなみに、花輪がかかっている写真というか絵の人達(人の姿してないのもあるけど)、すべて神様ご一行です。こんなにいて、一体誰に祈りをささげるというのか。かなり忙しそうだ、ヒンドゥ教徒は。

b0100398_261260.jpg



ちなみに、占いはチャプター1~15くらいの多岐に渡り、私が開いたのはチャプター1だけ。人生全般といったところ。もっと細かく知りたい人は他のチャプターを追加料金を払って開き、例えば未来の夫についてや、自分の仕事についてなど、内容別に聞くことも出来るそうだ。

いや~、それにしても、占いって、なんとも胡散臭い。
そもそも、この占いおじさんの顔が胡散臭さ100%じゃない?
でも、インドの占いってなんか興味あるし、ま、暇な人にはいい時間つぶしだわ。


占いの館はココです。興味ある人はどうぞ。英語通じます。
ちなみに友人が電話で予約したら「値段は知ってるか?」と聞かれたらしいです。
ってことは、言い値が売り値って感じなのかも???
思い切って「知ってるわ。1000ルピーでしょっ?」と
言い切ってみてください、次に行く人。


SRI AGASTHIYA PERUNOOL MAHASIVA VAKKIYA
NAADI ASTROLOGICAL CENTER

KVR.Ravichandran
Naadi Astrologer

8730,Sec-C,Pocket-8,Vasant Kunj
New Delhi-110 070

ph:011-26132293
[PR]
by naoming77 | 2006-04-04 02:02 | デリー