<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ホテル(1) デリー Le MERIDIEN
インド時間ただ今26日の22:10

今日のマーケットめぐりの合間に、昼ごはんを食べにLe MERIDIENというというホテルに寄った。実はインドに来てからホテルに泊まったことが無い。家が既に用意されていたので。そんなわけで昼ごはんがてら色々なホテルを覗こうということで、道路地図を見て目に留まったホテルに行った。

以前、レストラン本に出ていた宿泊の広告記事を見て綺麗だと思っていたのに、フロント階にあるレストランはボロイぞ!!驚

確か部屋は相当美しく撮られていたよなぁ。おかしいなぁもうひとつメリディアンがあるのかな~。と思いつつノンベジのクラブサンドをガブガブ。は~肉っておいしい。

それにしても一体あのホテルのどこに、広告のような部屋が隠れているのか謎。ビルの中心が1階から天井までの吹き抜けになっていて、見上げると確かに今時な東京のデザインホテルの様相を呈しているんだけど、それも3階以上の客室部分らしきところのみで、部屋のフロアだけを最近改装したのかな~という感じでした。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-27 22:29 | ホテル
ファブインディアでお買い物
ココのところ寒さがぶり返していたので夜はしっかりと毛布をかけて寝ている。それなのに今日の昼間は暑かった~!車の中に乗っているだけでへばってしまった感じ。今からこんな調子じゃ、先が思いやられる。18時頃、外はまだ暖かく半袖でヨガってきました。

↓ 帰り道。右奥にちょこっと見えるグルガオンのショッピングモールと、うろこ雲

b0100398_316521.jpg


昼間はデリーにあるYamini(ヤミニ)とfab india(ファブインディア)というインド生地を使った雑貨や洋服を売っている店へ。ヤミニはカーテン生地少しとクッションやベッドカバーが主な品揃えで、ファブインディアはほとんどインド服を既製して売っています。だから縫製前の生地は買えません。

品数は圧倒的にファブの方が多いです。25歳前後とみられる日本人旅行者もファブでストールをあれこれ探していました。ファブの生地は、いかにもインドな柄や織りが多く、値段も驚くほど安いので、インドに旅行に来ようなんていういまどきの若者なら、きっと気に入るものがひとつは見つかると思います。もちろん、サリーの布地はピカピカインドらしく淵が輝くものもあるので、ゴージャス系が好きな人でも楽しいはず。


私は何をしに行ったかというと、エレクターに掛けている洋服に埃が掛からないように掛ける布を探しに。切り売りで気に入るのはなかったので、ナンにでも使えるストールみたいな布を買いました。家に帰って掛けてみたら幅も広くてちょうど良い長さだった。まぁ、予め測っていったので、ちょうどいいのは当然なんだが。

ちなみに切り売りは、カーテン生地っぽいものだけでしたねぇ。洋服用の布は決まった長さで処理済のもののみ。

http://www.fabindia.com/
(中尾彬風ねじねじマフラーもたくさん売っていた。オープニングフラッシュにその商品写真がでてきます。)


デリーのGreater Kailashという町のN-Block Marketにファブはありますが、これが驚きなんですわ。くるっと見渡せる小さなマーケット内の全ての店舗がファブインディア!って程にファブの店が乱立。確かNo1からNo4まで店が分かれていたような。店ごとに扱う商品が違い、カーテン生地、マットレス、布団(キルト)とタオルやテーブルクロス類と用途によって店が分かれています。

ファブ村・・・だな。

とかなんとかいいながらも、3時間うろついてしまった。
疲れ果て、並びの本屋の上にあるカフェで昼飯を。
インドでは貴重なJAZZがかかるカフェ!
しかも木曜と金曜は20時~23時までJAZZナイトです。
「マダム、JAZZお好きですか?夜もどうぞお越しください。」
と、妙に愛想の良い店員達を見ていると、日本のカフェブームを思い出す。

ほげぇ、疲れた。
でも来週も新たな生地屋を求めてさまようつもり。
インドの地元民が行くような生地屋なら、服地用の生地も売っているはず。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-26 20:10 | デリー
インドに来てひと月たちました
ただいまインド時間 25日深夜2:25。

今日でインドに来てちょうどひと月がたちました。
あっという間の一ヶ月。その割には、我ながらココに馴染んでるなぁ。
さすが転勤族育ち、小学校を5回転校しただけある、すばらしき適応力だわー。

ご近所の日本人の方々がとっても親切なので、
生活にもほとんど困らず、ヨガスクールも今夜行けば8回目、
つまりグルガオンに越してすぐ始めました。

あ、そういえば両親に一度も電話してなかった。
そろそろするかな~。でも特に用事ないしな~。

うちの両親はパソコンは持っていないし、国際電話のかけ方も知らない。
私もちゃんとかけ方を教えてこなかったので掛かっても来ない。
ま、便りのないのは元気な証拠。
何か困ったことがあったら、ダンナの両親に連絡するように
言い残してきたので、大丈夫だろー。

わはは
[PR]
by naoming77 | 2005-02-25 21:09 | インド暮らしなもんで
19th SURAJIKUND CRAFTS MELA
b0100398_18211332.jpgスーラージクンド・メーラーという手工芸祭りへ行って来ました。インドのハリヤナ州にあるSURAJIKUNDという場所で、毎年2月に約1~2週間開催され、インド各地から布製品、鉄細工、革製品など様々なものが一般向けに展示販売されます。それ以外に「今年は○○州の特産品」というような特別展示も設けられるようで、今年はCHHATAISGARH(チャッティースガル)州でした。し、しかし、どれがその州の展示だったかの気にしないまま見終わってしまった・・・。メーラーの入場料はたしか大人一人20Rs.、カメラ持込の人は200Rs.でした。。


b0100398_18183043.jpgインドに来てまもないし、外で食事するのがどんなもんなのかさっぱり想像もつかないので、とりあえずお昼は会場内にたくさんあるカレー屋の中でもきれいめの店を選んで買いました。Rs.30です。その時点でどの店で買っても、腹にあたるかあたらないかは同じ確率のような木もするけど、まあしょうがない。味は今まで食べた中で最も日本のカレールーに近い味。ちょっと冷めていて脂っこさが際立っていたのが気持ち悪かったけど、そこは意識から外して食べたら、まぁそれなりに美味しかった。ナンの中には細かく刻んだ野菜が練りこんであり、おいしい。


b0100398_18222311.jpg何の石だかわかりませんが、インドは石やビーズは豊富らしい。ブレスレットやバングルの土台はメッキだから軽い。よーく見るとやすっぽげ。でも石は綺麗です。インドの女の子はジャラ子が多く、バングル屋はショッピングモールの中にも大抵1店舗は入っています。
b0100398_18233369.jpg



b0100398_18242990.jpgお兄さんの食べているお弁当を激写したかったのだが、私の隣に立っていた外国人のおばさんが声をかけてしまったので、振り向かれてしまった・・・おかげで美味しそうなお弁当は撮影できず。自家製カレーとチャパティを食べていました。チャパティというのは、見た目はナンと同じに見えますが、釜ではなくフライパンで焼きます。家庭で毎食毎にこねて焼くものです。ナンは釜が必要なので、インド人にとっても、レストランで食べるちょっとしたご馳走といえるそうです。


b0100398_18255317.jpgウールらしき大判ストール。これが高いのか安いのか値段の相場がまったくわからない、インドに来てすぐだから当然だけど。


b0100398_18272574.jpgなぜか赤い食器ばかり売る店。

b0100398_18274865.jpgなぜか小さいカップが多い店。


b0100398_18294147.jpg太鼓。

b0100398_18302322.jpgおどる。

b0100398_18305877.jpgシンバル。


b0100398_18315572.jpg夕方、曇ってきた。オリッサ州の特産品の綿の大傘やちょうちんは陽の光が当たるとめっちゃ綺麗です。ちょっとUFO風というか、ノッポさん帽風のものもあります。どこからどやって吊るすかは謎ですが、買う人次第ということで。

b0100398_18335284.jpg

b0100398_18341594.jpg
買い物してたらスィーク教の家族が話しかけてきた。おぉ、これぞインドな父ちゃん!さすがインドだ!ほんとにターバン巻いてるよー。と、何でも驚く。みんな毛深そうだな~。息子もちゃんと髪の毛をたばねてコブみたいにまとめるんだね、しかも頭に巻く布の柄がかわいいじゃん!何色でもいいのかねぇ。

[PR]
by naoming77 | 2005-02-22 18:16 | インド暮らしなもんで
ヒンディーを話すオズワルド
インド時間14:30。

今おかしを食べながらオズワルドという子供番組を見ている。
蛸っぽい青い生物がでてくる。こりゃかわいいぞ。

と、、、おっ、分かりそうだ!
けど、やっぱりわからーん。笑

ヒンディー語って文法が少ない気がするぞ。
・・・子供番組だからか。

ふと、こんなかわいいアニメはインドのものではないはず。
しかもケーブルテレビだし。だったら日本でもやってる?
ということでググったら、やっぱり発見。

オズワルドオフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Animation/oswald/

ヒンドゥ教徒のありがとうは「ダンニャワード」。
これはめったに耳にすることがない。ありがとうはめったなことでないと言わない習慣らしい。

アニメの中でオズワルドの友達が「シュークリヤー」を連発していた。
これはイスラム教徒のありがとう。て、ことはお友達はイスラム教?^^;


---- 以下、ブログ引越し前に頂いたコメントのコピー ---

やっほー!  らぶです。

ブックマークを整理していたら、
イケメンサイトがインド版をリリースしているでは
ないかっ。ということで、
早速お邪魔させていただきました。。
うーん、やっぱり食べ物情報は真っ先に書いたんだね。

インド(人)ってこんなんなん?!っと
はじめて知ることばかりで、思わずザアーっと
読んでしまいました。

毎日が発見でものすごく楽しそうだね♪
私ならカルチャーショックで知恵熱を
出してしまいそうです。

これからのお話も楽しみにしています。ではでは
posted by LOVE☆ | 2005/02/22 4:35 PM |

らぶちゃんオヒサー♪
知恵熱なのか寒暖の差が激しくて出たのかしれないが、
インド入りして7日目にはさっそく熱だしてたよ。笑
すぐ下がったけど。
posted by 管理人ナオミ | 2005/02/22 6:23 PM |

はじめまして~。Indo.toから飛んで来ました。
掲示板はないようなので、こちらへカキコさせて頂きます。
あたしは今インドのムンバイにいます。
写真がたくさんあって綺麗なページに感動しちゃいましたぁ。これから遊びに来させてもらいますね。
よろしくです。
posted by ritsuko | 2005/02/24 6:13 PM |

ritsukoさん、はじめまして。
カキコどうもありがとうございます。
ムンバイ、いいですね~。
デリーにいるうちに是非行きたい場所です。

掲示板は、管理が大変そうなので作っていませんが、
生活が落ち着いたら検討してみます~。ではでは
posted by 管理人ナオミ | 2005/02/25 5:47 AM |
[PR]
by naoming77 | 2005-02-21 18:02 | インド暮らしなもんで
ビーサン禁止令
家の水道工事に人が出入りすること数日。
その間、家の中でビーサンを履くことを禁止されたー
外では当然そんなもんは履かん。

ビーサンは靴を買わない労働者の履物なので、
人を雇う立場の人間が履いている姿を見られるのは
イマイチ都合がよろしくないそーな。

まぁ言いたいことは分かる。

だって、初日、ビーサンを履いて、彼らが工事するところを見ていたら、
なんと私、使われたもん!!!!!!怒
というのも、見ているとあまりにも手際&効率が悪いので、
親切のつもりで一回だけ電球を渡してあげたら、その後すぐに調子に乗って、「電球とって」といわれた。しかも、ややえらそうな態度になったのヨ。

フザケンナー自分でやれっ!

突如私の中に芽生えた雇い主根性。私ってみみっちいな(笑
しかし、さっさと終わって欲しかったので一応取ってあげた。
それ以来ビーサンを脱ぎ捨て、家の中をミュールで歩く日々。

ゴミを出す時も自分で出す姿を人に見られるのは微妙な線なので、
きょろきょろと台所から外の人の気配を確認し、
ササーっと玄関の前に出す。

インド人て、みんなこうなのか?!
親切のつもりでやったことが裏目に出て、同等の下の方のカーストとみなされてしまい、それ以来、彼らのように奉仕系の仕事につく人の態度が急変するという話はよく聞いたが、こんなに早く体験するとは。

カースト制度はなくなっても、現実にはいまも学校選びから職業、結婚相手まで影響アリアリ。

何かというとよく耳にする「文化の違い」という言葉の真意は「カーストの違い」なんじゃないかと思えてくる。よくもコレだけ貧富の差がでるもんだよ。外国って不思議だな~。外見的には人類皆平等の日本は、きっと世界一暮らしやすい国だ。

その後数日続いた工事では、身なりもこぎれいに家主然とした態度で挑んだ為か、私がこき使われることはありませんでした。

トホホ。なんで家に居るのに窮屈な思いをせねばならんのでしょ。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-19 21:02 | インド暮らしなもんで
ヒンディー語スクールへ通うのだ
今週から週に一回、3時間の授業を受けに行き始めた。
日本からももって来てた本で、とりあえず
「請求書くだされ!」「こんちくわ」「おいらの名前は●●だす」
だけは言えたのだが、役に立ったことは一度もなし。

なぜなら、本当に伝えたいことは、
「水道管が破裂しとって、壁のペンキがブヨブヨになっとる!」
「今日の新聞がとどいとらん!」
とかそんなことだから。

そんな言葉は「こと旅ヒンディー語会話」には載っていません。

ちなみに、ウチの場合、複数階ある建物に住んでいるんだけど、新聞は日本で言う2階(こっちでは2階が1階)のテラスに投げ込んでもらうように頼んであります。びゅーっと投げられて、ボトッっとテラスに落ちています。こちらではポピュラーな配達方法らしい。インド人がそう言っていた。

しかし、どういう風にボトっとテラスに落ちているのか、実は私はまだ知らない。いつもダンナが寝室まで持ってきてくれるから。ハハハ…


話が脱線したわ。
ヒンディーが話せないと生活しにくい、相当。英語が話せるゴミ清掃員はいないし、水道工事の兄さんもまた然り。少しはがんばる…つもり。ヒンディーが話せるようになれば、得意の値切りで買い物しまくりだわ!


<後日談>
そういえばその後、新聞は2階のテラスではなく、玄関前に ぽとっ と配達されていることが分かった。なんだよ~。せっかく2階に投げるところみたかったんに~
[PR]
by naoming77 | 2005-02-13 23:42 | インド暮らしなもんで
カーサ・ブルータス3月号はインド特集だよ
ほらほら、インド楽しそうでしょ?
汚いだけのインドはもぅ終わりじゃよ~。
(とは言ってみたものの・・・ほんとにそうだろうかと自問自答)

http://www.brutusonline.com/casa/index.jsp

東南アジアブームももう飽きたし、次は南アジアのインドだに。その流れでくるのは、多分ドゥバイだな。良い良いと噂のエミレーツ航空に乗ってインドからドゥバイに遊びにいかねば。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-13 03:00 | インド暮らしなもんで
パリカ・バザール
コンノート・プレース地下にあるショッピング街。地球の迷い方には東京の下町の地下街にそっくりと書いてあるが、ん~どうかな~。

売っている商品はどの店も同じで、ドンキホーテで売っているしょうもない品みたいなものがちょろちょろっとおいてあるだけ。わざわざインドまで来て行くには時間がもったいないかなという感じ。ここはスリもいます。男性ならお尻ポケット、女性ならコートのポケット、すれ違いや追い抜きざまにスリスリチェックされた。

Notional というメーカーの家電が売ってた。なにソレ!(・e・)

コンノート・プレイスそのものも、相当老朽化が激しくて汚い。店舗もわざわざ行くほどでもないし、ショッピングが目的なら別の場所に行った方がいいかも。で、どこに行けば面白いか、という肝心なところがまだ分からんのですが。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-12 02:51 | デリー
若モノはきゃぴきゃぴ
b0100398_2573174.jpg


インド人っておしゃべり好きだよね~。彼女達、ちょっと金持ち系の高校生って感じだけど、マクドナルドであまりにも騒いでいるもんだから、隣の席の日本人風のおじさんからクレーム入ってたよ~。ま、インド人はそんなのお構いナシでまた騒いでたけどね~。そもそも、マックで騒いでるからって、クレームを入れるおじさんが間違ってるよ。よその子供がいない店にいきたまえ~。
[PR]
by naoming77 | 2005-02-10 22:56 | インド暮らしなもんで