<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
巨大シバ神のいる寺、マンガル・マハデーヴァ
デリーとグルガオンの間、NH8道路沿いにいるシバ神。「MANGAL MAHADEVA」(マンガル・マハデーヴァ)という寺です。入場無料。門付近で靴を脱いで入るんだけど、昼間は熱いんだ、足が。
この寺院に行くの、もう3回目くらいなんだけど、なんとなく見ると寄りたくなる。デリーからグルガオンの先にある自動車系工場にお勤めの日本人駐在員方は毎朝この像を見ているはずなんだけど、車中で爆睡している人も多いらしく、意外と知られていないみたい。

b0100398_1237657.jpg


オス!おら、シバ神!ヒンドゥー三大神のひとり。あとの2人は誰かなんてどうでもいいけど、一応教えてやるとブラフマーとヴィシュヌだよ。最近では大体のヒンドゥー教徒は俺派かヴィシュヌ派のどっちかに属しているんだ。でも6割り強がヴィシュヌ派なんだよね~。チェ。それにしてもヒンドゥー教は登場神様が多すぎて、わけわかんないよね~。

b0100398_12402870.jpg



シバ様のいでたち解説
b0100398_12385767.jpg

<頭部>
 ・頭上うす高く巻きあげた髪の毛と下に垂れ下がるロンゲ。苦行僧スタイル。
 ・頭の左上になんと三日月が!さすが神!
 ・おでこにはシバ派を表すマーク・・・というか、これは目だそうだ!しかもこの第三の目が出来た理由がこれまたすごい。シバが瞑想ばかりしていて、妻のパールバティが暇だったので、ふざけて後ろから目隠ししてみた・・・すると世界が真っ暗になってみんなが怖がったので、それを助ける為にこの目が生まれたらしいぞ!すげぇ~。
  (これを一般の人間がお参りに行った際に真面目におでこに書くんだな。赤い粉を練ったものなどで、横に三本線を書くんだけど、その状態でごく普通に生活している。)
 ・顔の横にさりげなくたたずんでいるのはヘビ。シャーと舌出し。
 ・首はしわっぽい。かなり高い枕で寝続けていたに違いない。
 ・耳にはでっかいフープイヤリング。
 ・鼻筋は通り、唇厚めでなかなかイイ男かもしれない。
 ・目が下から見ると三白眼ぎみで、ちょっと嫌。

<上半身>
 ・上半身は裸。かなりマッチョに鍛え上げられている。首のシワとは対照的に若々しい印象。インド人のソフトマッチョとはかなりの別物。両わき腹付近にミッキーマウスの顔みたいな形の筋肉がついている。
 ・おっっ。右乳首を取り囲むようにコブラのしっぽがくるりん。そしてこの写真ではわかりにくいけど、肝心の乳首部分のへこみをねじろにしているのは・・・ハト!その他のハト達は両手親指、コブラの首の広いところにもいるではないか。
 ・ヘビマフラーの下からでているのは数珠みたいなもの(と言ったら間違い?)。木の実なんですが、土の下に埋めて表の皮が腐ってから外にだして皮をむくと、ごらんのようなくるみっぽい表面になるそうです。お参りの時にひとつずつ数えながら経をとなえる、108つの玉で出来ていると聞きましたが、この写真のものは108つもあるように見えないけど。
 ・手首にはピアスと同じデザインのシンプルなバングル。
 ・手の形は女性的です。細くて長い指は一切家事をしていないと思われる美しさです。手相がくっきり浮き上がっていますが、どんな手相なんでしょうかね。
 ・向かって右手に持っている槍は「三叉戟(さんさげき)」。

<下半身>
 ・腰からトラ皮を巻いています。とても質が良さそうです。こんなにくそ暑いインドにおいて、毛皮を着用するとは、汗疹の大量発生を省みない大胆な行動。ヒンドゥー神様界におけるファッションリーダーかもしれまい。毛皮を止めている腰紐もドレープがたっぷりでエレガントではないですか。


b0100398_13591850.jpg

オス!おらシバ!といえばリンガ伝説

b0100398_523352.jpgシバ派のヒンドゥー寺院に行くと必ずあるのが「リンガ」。旅行日記にもたびたび登場するけど、リンガとは男根のこと。しかも女性器の台座からニョッキーと生えているのだ、リンガが。それを大真面目にスリスリさすったり、ミルクをかけたりしながら、熱心に拝んでしまうという、すごい・・・少なくとも私は驚いたさ。左の写真はこの寺院のものではなく、南インドのタミルナドゥ州タンジョールへ行った時のもの。リンガが大量に並んでいる~!!うきゃ~。

なんで男根がシバ派の崇拝象徴となったかというと、大昔、シバ派とヴィシュヌ派(と、実はもうひとつブラフマー派もあるがそれはおいておく)の誰が一番偉いかでもめていたときのこと・・・。ブリグ仙人が決定することになり、シバを尋ねた。すると彼は奥さんのパールヴァティと性行為中だったのでブリグ仙人は待つことにしたんだけど、これが終わんないのよ、何百年待っても。で、ブリグ仙人は「シバ派は後世、暗闇の中で性器の形で礼拝されるようになる」って予言してその通りになったというわけ。

シバはどうも射精しないらしくて、延々とし続けられるってことなのかしらね~。すごいわ。そしてそれに付き合える嫁のパールヴァティもかなりスゴイと思うんだけど、だれもそこには触れてないね。しかし射精しないのにどうやって子供を作ったかと言うと、子供は垢から出来ているとかなんとか。。。垢太郎。。。それに「触っただけで妊娠」説も。えーー!それって自分が子供のころに親から「大人は危ないから気をつけなさい」と意味深な注意を受けていたころと同じ感覚?!でも、シバ派の寺院でかなり妊娠の必要のなさそうなおばちゃんまでもがリンガをスリスリ拝み倒しているのを見ると、何が何だかわからなくなってくる。そのへんの懐の広さというか、なんでもありなところがヒンドゥー教なんだろうか~???



シバ様、夜のお勤め
b0100398_1450840.jpg

きゃ~、頭から水が噴射してるわ~すごぉ~い☆
この写真を撮る為に、上記とは別の日にわざわざ車を止めて撮影。インドは曜日によって「今日はシバ神の日」とか「ブッダの日」とか決められていて、自分が特に崇拝する神様の曜日には神様にちなんで断食したりするらしいよ。でも、この日は何故かシバの日である金曜ではないのに噴射してた。

この水は聖なるガンジス川の水だそうよぉ。ほぉ~~~。と、言っても本当にガンジス川の水じゃないのよ。デリーにはガンジス川流れてないし。きちゃないヤムナー川かそこらの水だと思うけど、伝説上、シバの頭がガンジス川の源流ということになってるの・・・。すごいわ、インド。

それにしてもすごい人。夜祭状態なんだけど、普段どおりのいつもの週末の姿だと思うの。この水がでているおかげかどうか不明だけど、結構涼しくて、家族総出できている雰囲気。水が落ちる地点には水はたまっていないけど池があって、男の子達が楽しそうに水浴びしてた。
b0100398_1455166.jpg


ん~面白いわ、インドの神様。
[PR]
by naoming77 | 2006-05-30 12:34 | デリー
ラブカー上等
ほへぇ~。
リアウィンドウに「愛」!!

b0100398_4471882.jpg


当然インドで撮った写真。
シンガポールではこういう車をよくみかけたけど、
デリーで日本語のシール貼ってるのって見たのはじめてかも。
そしてドヘタクソな「愛」だ。明朝体と思われるが、下手だ。サイズは控えめだ。
マルチスズキの正規オプションだとするとかなりウケマス。
乗っていたのは前に2人、インド人メンズでした。


話変わって、茶を飲んだ。ジャスミンティーなんだが、名前はドラゴンボール。
お湯入れると花ひらきます。花を食べてみたところ、くにょ~としていて、
とりたてておいしくないです。夜中に友達とゲームしながらのみました。
スンダルナガルマーケットのレガリアティーハウスで1玉Rs75です。

b0100398_451739.jpg

[PR]
by naoming77 | 2006-05-30 04:42 | インド暮らしなもんで
夏までにダイエットの必要
さっきヤフーのトップページで「夏までにダイエットを成功させる!」という広告をみた。

「えっ、まだ夏じゃないのか?!ここんところ体感温度は45度くらいの生活なのにっ!」

日本はまだ夏じゃないらしい。インドに住んでたったの1年半で、日本のことなぞどスッカリ忘れ去っている。特に気候の感覚は薄れやすいのか、半年に一度の帰国の時に何を着て帰ればいいのかすごく迷う。ただ、日本に帰る分には、何か足りなくてもすぐに買えるから問題ではないけど。

日々、脳みそを一切使わない生活をしているので、ものを考える能力も相当低下中。日本語も、脳みそに入ってくる絶対量が減っているので、たまに口をついてでないときがある。もごもご。英語で生活していなくても、使わないものはどんどん退化するらしい。どうしよう、そのうちテレパシーで話そうとしだしたら、私。

話戻って、デリー近郊の気温はもりもりあがって、ようやくインドっぽい暑さ。日本人学校も夏休みに入り、そういうときのJAL便は生徒と父兄の貸しきり便状態に機内が盛り上がるらしい。ん~楽しそうだ。しかしこんなに暑いのにダイエットなぞしていたら、死んでしまいそうだ、という理由付けで、厚い脂をまとい続ける私。ただ、猛烈な日差しで真っ黒に日焼けして、20代末期なのに日焼けして・・・あぁ、どうやって元に戻すつもりなのだろうか、私。白いTシャツが似合いすぎる、海の人みたいなこげ茶女です。ここのところ気をつけているのは、鼻毛が伸びるのが早いので、うっかりこんにちわしないようにすることです。

そういえば、数日前に日本の実家に電話して3分間程はなしました。またしても半年振りの連絡です。一時帰国が近づくと、とりあえずいつ帰るかくらいの電話をします。私の親、ネットつかえないので電話ですよ。親の方からインドに電話してきたことは、未だにたったの一度もありません。このまま本帰国まで記録は伸び続けるでしょう。

彼らは電話の仕方がわからないのもあるでしょうが、電話がないのは元気な証拠という考えの人だから。その証拠に、電話したらちょっとビビってました。「どうしたのっ?!」って。私はとりあえず帰国日だけしらせて切りました。が、肝心なことを確認するのを忘れて、再度電話。

「ニンテンドーDS Lite、ネットで買ったんだけど、届いてる?!」

届いてました。うきゃ☆


インドは暑いぜ、今日も。
[PR]
by naoming77 | 2006-05-29 13:33 | インド暮らしなもんで
DLTAの窮屈な来賓席
デリーのDLTAという一番大きなテニスコート。たまたまこの日はセンターコートを使った。他のコートが全て大会で使われていてセンターしか空いていなかったので。はじめて入ったが、おんぼろもいいところで、照明も落ちてきそうな勢い。コートはハードと芝の2面。

b0100398_1827499.jpg


ふと見上げると、牢獄よりひどそうなプレス席と、どうやって人が入るのか謎な来賓席。3つの席はきゅうきゅうに詰まっていて、インド人の大きな体が3つも入るとは思えない狭さ。そしてここで3人が呼吸したら、間違いなく窓が曇る。密閉性が無くてくもらないという機能性があるのかも?!

b0100398_18273793.jpg

[PR]
by naoming77 | 2006-05-21 18:38 | インド暮らしなもんで
ブログを引っ越しました
今日からエキサイトブログにお引越ししてきました。
以前はロリポブログを使っていましたが、
1年使っていまさらながら管理者画面が使いにくく、
改善もされないので、やめちゃおーと。

エキサイトブログは、何の気なしに使ってみれば?と
友人に勧めてみたところ意外と使い心地がよかったらしく、
そのうち逆に勧誘されてしまい、今日に至ります。

というわけで、この日付以前の日記に
書き込んでいただいたコメントは、日記のお尻に追加する形なので
リンク等はられれていませんが、ご了承ください。
それというのも、私がエキサイトブログで唯一の不満点、
インポート機能が・・・ない?弱い?で、
ロリポブログのデータを一括でぴょいっとコピーできなかったのです。
会社が違うから、当然といえば当然かもしれないけど。

というわけで、これからも暇つぶしに読んでくださいー♪

お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いします。

管理人ナオミ
[PR]
by naoming77 | 2006-05-20 01:53 | このブログについて
ジョンとペプシ
インド人メンズの中でだれがカッコいいかって、
そりゃあ、ジョン・エイブラハム。

ペプシの350ml缶6本入りがジョンの紙箱に入っているというだけで、うっかり買い。
別に缶にはジョンがついてるわけじゃない。紙箱だけ。

b0100398_17295330.jpg


b0100398_17301645.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-05-05 17:27 | インド暮らしなもんで
シティセンターでドラマ撮影・・・かな。
グルガオンのシティセンターというショッピングモール内で、ドラマの撮影らしきことをやっていた。11時のオープンまもないがら空きの時間。いつもそこにあるコーヒー屋のテーブルのひとつに出演者と思しき面々が4名程座っている。明らかに「自分大好き」な雰囲気の4名。他のテーブルには本当に何事も無く一般客が座って、コーヒーをすすっている。

b0100398_3431071.jpg


ひさびさに見た楽しげな雰囲気にフラフラと近寄って観察してみると、ディレクター(か何か)の男発見。おぉ!どうしてテレビ業界の人間は世界共通でこんな雰囲気なのだ!!ぜんぜんインドっぽくない。しいてあげればヒゲが生えているくらい。これで肩に白いセーターでもかけていれば完璧なのに、惜しい・・・。いやぁ~白いソックスがまぶしいよ。他のインド人でこういう雰囲気をまとっている人、見たことないぞ。それとも映画撮影の盛んな街とかに行けばたくさん生息しているのか?!

b0100398_3424013.jpg


彼がチェックしているのは前方上でセッティング中のエレベータ。このシーン、エレベータで降りてくるところを撮るらしい。でも何の番組かさっぱり分からず。誰か知っていたら教えて下さい。
[PR]
by naoming77 | 2006-05-01 14:35 | インド暮らしなもんで