<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
くるみ家具の麻雀テーブル
b0100398_12552252.jpg



くるみ家具を購入。
なんと私の嗜好とかけ離れた家具なのであろうか。
しかし、買ってしまうものなのである、それが麻雀テーブルの場合。


元はと言えば、昨年暮、ある方の家で同じものを見せていただき、

「まぁっ!なんとバカバカしい!
 こんなものに大枚をはたいてしまうなんて、
 なんともステキな浪費じゃあございませんかっ!!
 だってこれ、麻雀テーブルですわよ?」

と、自他共に認める浪費家の私は、
そのお金の使い方にいたく感激!!
それから数ヶ月、悶々と注文するか否か考えました。

インドでは行商人が数多くおり、
このくるみ家具のおじさんも、
カシミール地方から注文の取り付けと商品の配達に
年に数回デリーまでおりてきます。

おじさんの携帯は、おじさんがデリーにいる時にしか繋がりません。
今年4月のある日、電話が繋がる日がついにやってきました。
さっそくデリーの友人宅に来てもらい、
今までに作った家具の写真や、
過去に他の日本人駐在員がオーダーした
家具の寸法表などを見せてもらい検討会。

しかし浪費家の私、もとをただせば、おじさんを呼んだ時点で
麻雀テーブルをオーダーすることはほぼ決定だったので、
当然、注文したわけです。

待つこと予定通りの3ヶ月、おじさん自ら届けにきました。
つまりまたカシミール地方から降りてきたわけです。


配達当日、おじさんはかなり疲れた様子で我が家に来ました。
デリーからグルガオンに来る間にかなりてこずったようです。

デリーとグルガオンの間にはゲートがあります。関所です。
デリーは独立州で、グルガオンはハリヤナ州。
インドでは、商用車は州境で通行料金を払う義務があります。
運ぶものによっても料金は違うようです。
個人の車に買った家具をのせて通過する場合は当然止められません。
ちなみに黄色のナンバープレートが商用車。
個人車は白ナンバーです。


おじさんはデリーにマイカーも店の事務所もないので、
当然サイクルリキシャー(荷台付き)で運んできます。
しかしサイクルリキシャーとオートリキシャーは州をまたいで移動できないので、
こっち側に配達にこれなかったのです!!!
なんとかわいそうな~。

そして次にどうしたかというと、タクシーに乗り換えます。
一体どこで乗り換えたのかは面倒なので聞きませんでしたが、
とにかくタクシーに乗り換え、ゲートを通過しようとすると・・・

規定の通行料金以外にワイロを要求されます。これも当然のように。

ワイロを要求しているのは、ゲート付近で警備にあたっている警察官。。。
オイオイ・・・

止められたが最後、

「これはナンだ?パッキンを外して全部あけて見せろ。
 ナニジンの家に行くのだ?外国人か?じゃあ1000ルピーよこしな♪」

という具合らしいですわ。まったく、くさっとる!

当然1000ルピーなんていう大金払うはずもないのですが、
いくらかは払わざるをえなかったらしく、どうにかゲートを通過。

その後はタクシーは値段が高いので、グルガオン側に入ってから
オートリキシャーに乗り換え、やっとこさ到着。
朝9時にデリーを出発して、グルガオンの私の家についたのは12時前。
車なら30分~1時間の距離なのに。雨も降っていないのに。

こういう弊害があるので、とくに家具などの大物を
個人商店から配達してもらうのは、なかなか苦労なことなんです。



☆ ジャン卓を搬入するおじさん

b0100398_12561816.jpg



☆ 組み立て前の天板(実際にはここに暑さ1cmほどのガラスがはまります)

b0100398_12574449.jpg



☆ 組み立て前の猫足

b0100398_12583241.jpg



☆ 完成♪引き出しに仕切りがあるのは、ここが点棒入れだからです♪
   引き出しの動きもスムーズですよん。
   日本じゃ当たり前だけど、インドでは珍しいことなのよっ。

b0100398_1301632.jpg




さすが、過去に何年間も、品質にウルサイ日本人マダムたちから
注文をとってきただけあって、造りはとても綺麗です。
自力であれこれやり直しをさせたりするのは、本当にしんどいんですよねぇ。

でも、ここに工場を出しにきている駐在員たちは毎日ソレを
繰り返しやってるっちゅーことなんですけどね。

価値観の違う人間が普通に入り乱れて生活しているインドで、
品質がどーのこーのという話を分からせるのは、至難の業。
最悪は、分かってくれなくてもいいから、とにかくやってくれ!!なんだろうな。

というのも、贅沢をしたことがない人が、贅沢のなんたるかを知るわけもなく、
必要最低限のモノと金だけで生活をしている人が、
必要以上のモノを持ったときにうまく扱えるはずもなく。

その感覚の違いを、一番近いところでは
自宅にいるサーバントやドライバーなどの使用人から感じながら生活するのが、
インド駐在ならではだと思う今日この頃。

さて、話は戻って

おじさんは10月下旬に再びデリーへ下りてきます。
先日、携帯に電話をしてみましたが、やはり繋がりませんでした。
次に注文できるチャンスはその時です。
もしジャン卓・その他ご所望の方がいましたら、
グルガオンにも呼びますので、連絡くだされば取次ぎますよ。
って、別にわたしゃ、何もマージンもらえないので得にはなりませんけど。
商魂たくましいおじさんは、デリーに来る前に、
かならず私の携帯にも連絡をするはずです。

ついでに言うと、おじさんはカシミール絨毯も取り扱っています。ははは・・・
値段はピンきりで持ってきますが、やはり値段と品質の差は歴然です。
高いものをみるとそちらを欲しくなること請け合い。
ただし、日本の家に合わそうとするなら・・・
相当に地味な色合いのものを買わないと使えなさそうです。


はぁ・・・それにしても、いまどき全自動ジャン卓も中古で13万円程度で買えるのに、
こんな手積みのジャン卓にほぼ同等の金額をはたくとは。なんという贅沢!
ま、手積みジャン卓は電気代かからないしね。それにジャンマットはずせば、
普段は普通のテーブルで使えるし。

そもそも日本に帰ったら、
どんな狭い家に住むことになるか分かったもんじゃないので、
いずれはコレがダイニングテーブルになるのではないかと思うと切ない・・・。
しかし実際問題、ふたり暮らしなら、この大きさで足りるよね。
[PR]
by naoming77 | 2006-08-31 12:28 | インド暮らしなもんで
デリーハーフマラソン
現在、インド時間30日 00:45.
雨が降り出した。。。雨が降るとドキドキする。
いつテラスが決壊するのかと・・・。
決壊すると家の中に滝ができるのは先日の日記に書いた。

どーか何事も無く雨が収まりますように。

そういえば、デリーハーフマラソンっちゅうもんがあるのですが、
10月15日に。

ついうっかりエントリーしてしまいました。
暇もここまでくると重症で、ほかにやることないらしい、私。
しかしこれまで15km程度しか走ったことがないのに、
一体この極悪空気環境の中で、デリー門やオールドデリー近辺を走って
肺に穴があくのではないかと、思ったりもする。

コース詳細はこちら。っていっても、図じゃないし。走ってる選手が思いっきり招待選手っぽい人々だし・・・。いや~暑そうだなぁ。いくら朝7:30スタートって言っても、それなりに暑いぜよ。予想気温28度だってさ。

ちなみにまさか私ひとりでこんなもんに出るわけもなく、
いつも遊んでいる面々5人ほども既にエントリー済み。

あと1ヶ月ちょっと、まじめにトレーニングしないとな。ちっ ←ぢゃあ、でなきゃいいのに。笑

・・・衣装、どうしようかな・・・。
[PR]
by naoming77 | 2006-08-30 04:16 | インド暮らしなもんで
教習所で何を勉強してるんだ?
インドには自動車教習所はてっきりないものだと思っていたら、存在した。以前ネパールで見た教習所は、ただの草ッパラだった。しかも授業時間以外は牛が草を食んでいた。そういうものかと思ったが、今回発見したものは違った。意外にも私の家のすぐ近くにあった。

ひとつは車の教習所で、マルチスズキが運営する「Maruti Driving School」。でも、うちの近所の学校ではシュミレーターを運転してあとは交通法規を学び、その後はいきなり実習? だって学校がビルの一階で、外に教習車も敷地も見当たらない。もしかすると別の場所にあるのかな?インドの免許事情を全く知らないので、なんとも言えないが、妖しいルートで免許を買うことができるのは聞いたことがある。まだまだ何でもありの国か?

でもH/Pを見ると授業のひとつに「Basic maintenance of the vehicle」があるらしくて、確かにしょっちゅう車が故障しているのを見るから、やっといたほうがいいのかもね~なんて思ったりして。女性の生徒には女性が教えるっていうサービスもインドらしい。

はい、次。

b0100398_23111577.jpg


これはバイクの教習所です。4輪のマルチが自動車教習所なら、ヒーローホンダが二輪教習所・・・ってか。グルガオンのNH-8沿いで発見。いつできたのかな~かなり綺麗。NH-8側から中の様子がちら見できるんだけど、その写真はないのよね。でもコースがちゃんとあって、垣根もあるし、坂道も、S字も一本橋もある。ナンバーの入った・・・何ていうんだっけ???チョッキ???あっ、ベスト!!!も着てたわ。ガーン・・・こんな単語を忘れるなんて、私、老化?! と、とりあえず日本の教習所と同じだったのよ。授業を受けている子は推定18歳以上らしき男子で、女子は皆無。みんな若いのにそこそこ恰幅が良かった(=金持ちの象徴)。


で、入口に大きな道路標識の一覧があったので、撮影。

b0100398_23114787.jpg


これさぁ、ほとんど見かけたことないかも・・・。デリーのハイアットホテルの隣のビルの入口付近に「象進入禁止」の標識があるんだけど、それは載ってないね。しかし、だれもこんな標識の指示なんてまもりゃしないわね、この国では。

先日、知人のインド人女性が言ってたけど「バラナシは牛も人も動物もなんでも車と同じ道を走ってるけど、トラフィックルールが存在しない(法的にはあるけど、そんなの無視)から、すべてがうまくいっていて、安心して運転できるの。でもデリーはルールを無視するくせに、誰も道を譲らないし、スピードも出てるし運転するのが怖い」って。


でもさ、この写真を撮ってるときに、うちの運ちゃんに「あんた教習所で他の?」って聞いたら「行ってない」ってさ。やっぱりねぇ。どうみても子供だろっ!っていうようなのが隣に親らしきおじさんを乗せて運転してるの、たまに見かけるもんね。あと、旅行先で手配したドライバーが妙に若く見えたり。年齢は18歳とか言ってるけど、絶対16歳以下だろ!と突っ込みたくなります、はい。まーデリーでも免許を持っている人の運転技術は相当怪しいので、教習所に行ってみんな何を学んでいるのやら。学んだところで、実践する気なしでしょ。でも、郷に入れば郷に従えで、無理矢理にオハイソな運転をするよりも、インド式でぬらぬらと車と牛の間を縫うような運転をした方が速くて安全だったりして? だってみんなサイドミラー一切使わないからね、下手するとバックミラーすら見てない。車線変更もバックも気分次第♪せいぜいひかれないように気をつけましょう。
[PR]
by naoming77 | 2006-08-11 23:33 | インド暮らしなもんで
必殺!午後テニス
へぇ、死亡です。
暑すぎるよー!

今日、矯正歯科が終わってから12時-14時、
毎度おなじみデリーのDLTAでテニス。すんごーい。あつーい。あつーい。
スニーカーの裏から高温が足の裏に伝わってくる。そんなのあり?
多分この時間帯にやることは二度とないな。
せいぜい日曜テニスの12:30までってのが限界。
やっぱり午前中か夕方だわ。

でもやりたかったんだから、仕方ない。

でも、久々にちょっと、熱すぎます。

目も日焼けしちゃったみたいで、シブシブするし。

はーそれにしても、たまにはぱぁーっと夜遊びしたいなぁ。退屈ー
激ウマで油がしたたる牛をガンガン食べたイー!
マックナゲットの12個入りが食べたーい!ソースはマスタード!

あぁ、やっぱ、軽い熱射病かな。
ほんと軽くテニスしたつもりが、結構毎度なるんだよね。
今日はいい方だ。

やっぱり日差しの強さとか、気温とか慣れたつもりでもきついんだろうな。
テニスしたあとなんて、シャワー浴びたらバタッっと倒れてなんもできなくて
どこにもいけなくて、結局ねちゃうし。

で、夜になると目が冴えてくるもんで、
退屈になってきてどこか出かけたいんだけど、
スペアキーはあれども肝心の車はないし(会社に止めてるから)、
もぉ歩いて近所のクラブ?ディスコ??まで踊りに行くかって気分だわさ。

あぁ~。

肉。


インドの夜遊びも極めなくては・・・


それは置いておいて、ひさびさにSex and the cityのseason6を見ている。
サマンサが乳がんになるんだけど、このあたりの話はホント泣けるわ~。
それより泣けるのは、DVDが見すぎなのかなんなのか、ところどころ
シュシュシュシューって読み込みが止ったりすることよ!
ヒドイー、見すぎ?わたし。
[PR]
by naoming77 | 2006-08-05 01:56 | インド暮らしなもんで
ジョン・エイブラハムのワークアウトDVD
b0100398_1815265.jpg


Bollywood Bodies
WORKOUT FOR MEN
WITH JHON ABRAHAM

先生は
UK’S LEADING TRAINER MARK ANTHONY
MEDICALLY ENDORSED BY TOP UK & OLYNPIC DOCTOR


パッケージ見ただけで買うこと決定。
ボリウッド・スター☆ジョン・エイブラハム(又はジョン・アブラハム)のワークアウトDVDだよ。
ウキウキしながら見はじめる。

トレーナーのムキムキ坊主頭が延々とワークアウト・・・。
え、ジョンは~?


そして、ジョン登場。ジョン、プールサイドでワークアウト。

指導する坊主頭アンソニー。

カモォン、イェス!
ファンタスティック!
ギブ イット ワンモァ!
ファビュラス!ジョン!

すべて坊主頭アンソニーの声である。
励ましの声が説明以上に多いんですが・・・。

気になってジョンに集中できーん!


さらにご丁寧に「C’mon」とか全て字幕入り。
なるほど、こう書くのかと勉強になる?

ワークアウトの幕間に入る曲にさりげなくパンジャビが混ざってる。

しかもジョン・・・髪型が「ひとつ屋根の下」の江口洋介風。
いや・・・しかし、一応、彼がボリウッドスターの中で一番好きなのだ、
と自分に言い聞かせることにしている。
本当はこんな濃い顔は好きなはずではないのだが~。
でも、佐藤浩市も竹中直人も顔、濃いか。

そして最後にパッケージをしげしげと見て気づく、
アンソニーは坊主頭なのではなく、若ハゲであった。


ジョン、今度はyoga DVD出してくれないかナァ。
[PR]
by naoming77 | 2006-08-01 18:18 | インド暮らしなもんで
とても風がきもちよいので
玄関のドアと窓をいくつかあけてみました。

おぉー 気持ちのよい風がふきぬけます。

でもあと1時間後には激しく後悔していると思います。

グランドフロア、蚊がすごく入りやすいんですわ・・・。

網戸ありませんし。

でも・・・空気入れ替えたいじゃん!だから我慢。


そういえば、最近グルガオンに日本人が増えてきたのと、
数ヶ月前に携帯電話を紛失して以来、連絡が途絶えた人々が多いので、
これからは連絡先をちゃんと管理しようと、古いメールを引っ張り出して整理。

そしたら、出てくる出てくる、今となってはグルガオンに染み付いた生活を送っている
アキヨ嬢や○○さんや○○さんからのはじめてのメールが。笑

みんな、私の古いほうのブログに書いてある連絡先に、
「今度グルガオンに引っ越しますが・・・○○はどうなんでしょう?」
といった感じで連絡をくれて、そこから今日に至るまで

ほっほー おもろい人だなぁ・・・

と思わされるまでが、あっという間。
ここでは日本で知り合う絶対数よりは遥かに少ない人数と生活しているので、
嫌でも各人との接点が濃くなるんですよねぇ。
そんなわけで、お互いの個性がぶつかり合い、こゆい人間模様が繰り広げられます。
これからどんな人達が引っ越してくるのか楽しみですね~グルガオンのみなさん。


そして目下ナオミが気になっているのは、

グルガオンには一体何人の単身駐在員が潜伏生活を送っているのか?!

デリーにも相当数いると思いますが、グルガオンのそれは、もしかすると日本人会とも無縁で本当に孤立無援生活を送っている人々がいるのではなかろうかと・・・。だってNEEDSスーパーなんかに行くと、見知らぬ日本人風男性がひとりで買い物してる姿とか見るんだけど、きょろきょろしてる割には絶対話しかけてこないもんね。目があったら挨拶くらいすりゃいいのに、気になるなら話しかければいいのに。まぁ、間違ってネパーリーだったら、それは仕方ないが。

ちなみに私はよく意味不明な言葉(多分ネパール語)とか韓国語で話しかけられます。あとは「あんた、それいいわね、どこで売ってるのよ!」とカゴの中身をチェックされてインド人おばちゃんに・・・。そんな生活が好きですが。日本に戻ったときにスーパーとか行くと、意味なくヒトに話しかけたくなります。先日帰国した際に台東区根津に居候しましたが、下町情緒溢れる人間関係が残っていて、スーパーでおばちゃん&おばあちゃん&おじちゃんとオシャベリできるんですよ!いいですねぇ、ああいう街。あぁ、それにしても私、本当に暇人ですね。

と、日記を書いていたら!!
がぼーん!!!

メイドのサトちゃんが、床置きしていたX BOX360をガシャンと倒した!
ウガー!!!

こ、こわれてないかな。床、大理石だから、モノを倒しただけで壊れたりするんだよね・・・
え、置いてた私が悪いのかな・・・あとでチェックしよ。しょんぼり
[PR]
by naoming77 | 2006-08-01 12:35 | インド暮らしなもんで