<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
デリー日本人会夏祭り
b0100398_16394386.jpg今日は年に一度の「日本人会夏祭り」ざんす。会場はデリー日本人学校の校庭。学校関係者や日本人会の各サークルや部活がブースをだすのよ。去年は朝から大雨で屋内だったので、ブースが分断された感じで遊びにくかったけど、今年はお日柄も良く校庭で☆忘年会で登場したのと同じなのか、神輿も出たわよ。日本のお祭よりも浴衣&甚平を着ている人が多いのは気のせいか、はたまた駐在家族ならではかのぉ。こんなときくらいしか強烈な日本は感じられないものねー。最近子供が甚平着るのってはやってんの?チビッコボーイズがみんなきてて、すんごいかわいいのさ。それと対照的で面白いのは日本人学校の高学年の女子達。すでに女の戦いは始まっているのか、みんな気合の入った浴衣姿でピアスも忘れず装着!戦闘態勢に入ってるというか・・・とにかく意気込みを感じましたわ!



で、去年に引き続き、わたしは朝10時から婦人部ボランティアサークルが販売するオニギリをにぎる為、朝から米を炊き、約2時間かけて800個以上???のオニギリをにぎるはめに!!!(←問題発言か?!)

これだけ大量のおにぎりをにぎるおにぎりにぎり隊は約50名いるサークルのメンバー内の半数近くで構成されており、とある一軒の会場宅に集結してにぎるわけです。集まる釜も人数分。すごい数の釜・釜・釜・・・。新作釜の見本市みたいになるかと思いきや、意外と年季の入った古釜ちゃんが多かったような。うちのなんて99年製だわよ!ぼろ~。最新式の釜はパンも焼けるそうだ、すごいねー。

日本から調達してきた優秀おにぎりグッズは、コンビニで売っているオニギリみたいなのが作れるビニール&それに挟む海苔。さらには寄付によってあつまった日本米、具の数々。これらによって、コンビニ商品さながら、でも味はおかあちゃん手作りの味となるわけよ。

サークルが誇る“塩まきバアサン”(あぁ・・・怖い・・・この呼び方、一応公認だけど、なんかあとで呼び出されそうで怖い!)の絶妙な塩加減で米がほぐされ、その後メンバーによって具が入れられ、握られ、詰められ、完成。ものすごい流れ作業で、わたしら内職ババア?!?!っていう気分。

去年の私は握ってビニールに詰めるの2作業をやったけど、なんと今年はラクして海苔をビニールに挟む係り・・・まぁ早く到着しちゃったので、最初に必要な仕事をやっただけ・・・。あとやったことといえば、みんなが苦労してビニールに包装したオニギリに「しゃけ」とか「おかか」のシールを貼るという、これまたラクな仕事。働け私!あはは~


b0100398_16502663.jpgそして夕方からはテニス同好会が毎年やる「金魚すくい」の手伝い。ちょっと遅れ気味で到着したら、すでに準備はほぼ完了・・・ありゃりゃゴメンなさい。ま、私は浴衣着てるしさ、店番ってことで許して~。ちなみに長丁場の店番に備えてゆるい気分で兵児帯を締めてたんだけど、終わってみればしっかり大汗かいてて、背中に汗疹できてやんの・・・かゆ~。一瞬、ダニに刺されたのかと勘違いしたわよ。


b0100398_16512992.jpg祭のはじまりは17時なんだけど、すでに学校にあつまっている子供達は全然我慢がきかなくて、金魚の入った浴槽に群がる群がる。ほんとうにお祭の最後まで足しげく通ってきて金魚を眺めてるチビッコもいて、なんか和むね~。


20時の閉会をまたずに200匹の金魚は完売。今年は水槽の水が少し多かったのもあり、子供達がなかなか金魚が取れなかったみたいで。生徒の数も増えていることだし、来年は仕入れる金魚を増やすのかねぇ???この金魚、サロジニナガルマーケットで仕入れてるらしいよ。4つの水槽に200匹の金魚で、かなり水槽がガラガラだったんだけど、それから考えると日本の祭で見る、金魚が何層にもなってひしめき合っているあの水槽には、いったい何匹の金魚が入っているのだろーかと不思議になる。


唯一の心残りは、ニッコーホテルのカツカレーを食べ損ねたこと!気づいたときには時遅し、ご飯がなくなって、ルーだけ販売してた。そりゃないぜニッコーさん!ちなみにニッコーブースは黒スーツ姿のぱりっとしたインド人が接客するので、ゆるいお祭会場で異様に目立ってる。


去年の夏祭りのようすはこちら。



<後日談>10月3日追記
この日はダシャラ祭の一環のNav Ratri(なぶらとり)という期間で、ヒンドゥ教徒は9日間のベジタリアン&不殺生に徹するんだそうで。金魚をもらった厳格なヒンドゥ教徒の家庭は家に金魚(いきもの)を持って帰れないということで、持って帰っても差し支えない友達に金魚を託したらしい。昨晩、その金魚をもらった友人宅に行ったら、元気に金魚鉢の中で泳いでたよ~。
[PR]
by naoming77 | 2006-09-30 23:16 | インド暮らしなもんで
アメスクでテニス大会なのだ
今日はアメスクでアメリカ大使館主催のテニス大会でした。
本当は昨日が初日の3日間開催でしたが、
大会2時間前に突如ふりだした豪雨で翌日に2日分の試合が持ち越し。
おかげで当初くむ予定だったペアは予定があわなくなり
(ってのも余裕なさすぎのスケジュールなんじゃ・・・)欠場。
かわりに別の子とくみました。

それにしてもこの大会、かなーり適当で
ペアは主催社側で勝手に決められます。
そして・・・景品にはアメリカ牛肉塊5kgとか出るのかと思いきや、
何もなし・・・チーン ぽくぽく

何のために出たのでしょうか。。。先に景品を確認しておけばよかった。

ということで単にテニスを楽しむだけの会ということで。
それなのにやおら試合という形式をとっているので、
いつもは「キャー」とか「ワー」とか言いながらやってる面々も
なぜか今日は恐ろしい形相で・・・

おいおい・・・気楽にいこうぜ・・・

という、微妙なテニス大会なのでした。
ハムー、疲れたわ。

b0100398_15312362.jpg

[PR]
by naoming77 | 2006-09-23 23:25 | インド暮らしなもんで
北デリーに高級会員制スポーツ施設
今夜もTEN SPORTSではSUNFEAST OPEN2006を放送中。
観客は圧倒的に男性が多い・・・

ん?むむむ・・・もしや、彼ら、ほぼ水着状態の選手を見に来ているのか?!
でもちゃんといいタイミングで拍手してるしな・・・かんぐりすぎか。


理由は何でもいい、インドに状態の良いテニスコートが増えてくれさえすれば。
テニスウェアは意外と日本よりも派手めなデザインのものが買えるのはいいことだ。
日本に戻ったときに調達しようとしたら、全部、紺か白か黒か赤で、
デザインも超地味なのしかなくて、「ちっ、つまんないのー」だったのに、
はるかにテニス人口が少ないはずのデリーの方が欲しいウェアが見つかるのは何故。
ま、インド人、派手なの好きだしね。

そいえば、今日アメスクテニスに行ったときに、UK人のSさんが、
先週末に行った北デリーにある会員制クラブの話をしてた。
なんでも、クレーコート4面、グラスコート4面、ハード2面???それに
クリケット場やスパもあって、ご飯もおいしいらしい。
かなり北の方って行ってたけど、場所がうまく説明できないみたいで。
クラブの名前も聞いたけど、忘れてしまった・・・・
ひっそりとお金持ち倶楽部は存在するのね~。


はー今日は疲れたわ。
そのSってのは、かなり激情型で物言いがはっきりしてんだけど、
「あんた、英語の学校通ってんの?勉強しなさいよっ。」と指導され・・・
うううぅぅぅ・・・・哀しいやら情けないやら。
29歳にもなってこんなこと言われて。
まぁ、当然なんだけど、ぜんぜん聞き取れないからさ。
私も身長165cmで小さい方ではないけど、
さらに体がどでかいSに見下ろされながら、ナオミしょんぼり。

それ以前にダブルスをほぼ3時間、Sと組んで、指導に次ぐ指導!
「あんた、今日のサーブはいつもよりましよ!」
(ほんとはもっと優しい物言いなのかもしれないけど、こう聞こえる)
「ボレーで振りすぎなのヨッ。こうするのよ、コウ!」
と、私がミスするたびにいちいち指導が入るので、みんなかなりウケてた・・・。
とにかくスポーツでは絶対に負けたくないらしいSは、
自分も失敗が続くとラケットをバチコーンと地面に投げつけるお行儀の悪さで、
英語で悪態をつきまくっているが、基本的には優しい人みたいで、
みんなから好かれてんのよね~。

Sってば毎週月・火・木はテニス、土曜だか日曜の夕方はソフトボールと
肉体派なの・・・まぁ、あれだけの体格してりゃあね、使わないともったいないわ。



それに引き換え、わたしゃ・・・ハヒー
最近、試合ばっかりやってて、練習をまったくしてないから、
細かいミスが増えてきた気がするな~。
もちろん実践だから試合しながらでも練習にはなるけど、
だんだん基本を忘れるような・・・なんせ、初心者なもんで。

しかし嘆いている場合ではない、黙っていても明日はやってくるのだ~。
[PR]
by naoming77 | 2006-09-20 00:38 | インド暮らしなもんで
歯列矯正、途中経過だよん
前歯が前を向いている!

現在、歯列矯正中です。
全体的には、あまりひどい歯並びじゃなかったけど、
前歯が思いっきり曲がっていて気になるので、全体的に工事中。

ここ一ヶ月でかなり前歯が動きました。
今日3週間ぶりに歯科に行き、さらなる調整を。
まがっていた前歯がほぼ正面にコンニチワ状態になったけど、
まだまだ調整はつづきます。

なんたって計画では来年の10月末の帰国までを見ています。
とはいいつつ、最後の方は歯を動かすというよりは、
動かした後の歯のメンテナンスになると思うけど。


それはそうと、さっき鏡を見て思った。

「うーむ、すご、前歯が前むいてる。」

と、書くとヘン。前歯は前にあって、前を向いているものなんだけど、
前を向いてなかったので、ようやく前歯らしい風格を呈してきたぞ。

しかし、今日、増し締めとでもいうのか、とにかく締めてきた。
調整した日は締めがきついので、何もしていなくても痛い!
コーンタイプのアイスを食べようとしたら、コーンが噛めない。
仕方ないからスプーンで中身のアイスだけすくって食べる。哀しい。
しかしカロリーは3分の1程セーブできたかも、微妙な喜び。

は~今までコンプレックスだった、ひんまがった前歯が
美しい見てくれになってきて感動したわ。
これで鼻の下をのばしても、前歯のまわりが窮屈じゃなくなるし、
ボーっとしてるときに、口がぽかーって開いて、
曲がった前歯がチラ見えすることもなくなるのね。あー幸せ。



SUNFEAST OPEN 2006

b0100398_263850.jpg

オフィシャルサイト http://www.sunfeastopen.com/

今週は、インドのコルカタでSunFeast Open 2006という
テニストーナメントやってます。TEN SPORTSで放送中。

オープニングマッチにヒンギスが招待されてたよ。
これ、LIVEってなってるけど、もうインドは22:00なのに
うら若き乙女達が外にいる時間じゃないよねー。ほんとにライブなのかな。

それにしてもチケットの値段が安いよー。250円~850円程度。

Ticket prices :
From the 18th to 22nd Sept - Rs 100/- and Rs 200/-
23rd and 24th Sept 06 - Rs 200/-and Rs 400/-
Student Tickets - Rs 50/-

Sunfeast(サンフィースト)ってのはお菓子の会社で、
太陽のかわいくないマークが袋についていて、
ブランドアンバサダーとしてインドの大スター、
シャールク・カーン(Shah Rukh Khan)様を起用。
テレビCMや賞品パッケージにがんがん登場しまくりです。
パッケージにもかならず写真を載せられるって凄いよね。
日本だったらここまで芸能人が顔出すことないでしょ。

肝心のクッキーの味は結構いけるよ。
しかもインドのクッキー、小袋が多くてひとつRs10(25円)とかで
つまみ食いにちょうどいいサイズなんだよねー。
よくわからんがITCという財閥の一部らしい。
http://www.itcportal.com/sets/foods_frameset.htm

話戻って、インド人乙女プレーヤー達は、結構太めの子が多いのね。
サニヤ・ミルザの影響かわからないけど、
明らかに同じシーク教かと思われる髪の毛の長さと毛量の選手達。
シーク教では体毛に刃物をあてることが禁止だから、
男はターバン、女はロンゲ。

でもさ・・・ワキゲってどうしてるんだろう・・・。あー疑問だ。
噂に聞くと、いまどきのガールズは
さすがにワキゲは処理してる子もいると聞いたけど、
たぶん未処理のガールズの方が多いと思うんだよね。
デリーなんかの都会だと、インド人っていっても、中流とおぼしき家庭の子は
タンクトップにジーンズなんて服装だから、
チャンスをうかがってチェック入れようと思えば出来そうだけど。

あ、テニスの話してたのに、話がずれたわ。
じゃ、このへんで。またねー。
[PR]
by naoming77 | 2006-09-19 01:42 | インド暮らしなもんで
機械の神様を祈るんだヌーン
今日は年に一度の機械の神様を祈る日だったらしい。前日からマンションの機械室の周りに飾りがついているからなんだろうと思ってたんだけど、朝テニスに行って工場勤務の駐在員から聞いて知ったのだ。

年に一度、こんな感じにインド風お飾りをつけてキンキンキラキラ電飾三昧で。一番写真が大きく祀ってあるのはハヌマーンだねぇ。で、写真はうちのマンションの機械室だからこぢんまりしてるけど、きっと工場だったらもっと派手なんだろうねぇ。なにせ今日は朝の7時からプージャ(祈祷式)があったらしいよ。

b0100398_1411062.jpg


b0100398_14112226.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-09-17 23:54 | インド暮らしなもんで
アルナーチャラム 踊るスーパースター
DVDを見た。
あいかわらずすごーく長かった。

ムトゥ踊るマハラジャのラジニカーント主演の映画。
アマゾンで日本語版も買えるのでストーリー説明は割愛。

b0100398_1454317.jpg



それにしてもクドイ!クドイ!クドーイ!
たっぷり2時間30分以上。
ラジニカーントは南インドの人で、彼が出ている映画はタミル映画。
顔つきの濃い、背の低い、やたら毛深い!暑い男が主演で、
ストーリーは必ず悪党征伐。

そしてラジニカーントが何か動作をするたびに、
ビシッ! ジュバッ! って効果音が・・・。

あの~。ただ腕をのばしているだけなんですけど・・・。

この効果音を聞いていると、
昔のドラマ「あぶない刑事」を思い出します。



私がよくみるボリウッド映画とはまったく別物。
ボリウッド映画っていうのは、日本のトレンディドラマみたいなノリで、
映画の内容はほぼハリウッド映画のパクリ。
色恋沙汰がほとんどで、俳優も滝のように涙を流す。
韓流ドラマの比じゃない。


ところで、ラジニカーントを見ていると、
去年のいつだったか私のドライバーをやっていた
ジェームス(インド人だけどジェームス・アンソニー)を思い出して、
結構に腹が立つ。あいつとは大そう相性がわるかった。
ジェームスのことだから、苦労はしながらも
今も着々と給料のいい職場へ転職を続けているに違いない。

そんなジェームスの思い出話はいいとして、
デリーくんだりで働いているイマドキの若者君たちは、
南のタミル映画はぜんぜん好きではないらしい。

どうも、北の俺たちと南のクドイ彼らとは違うんだぜ!
という意識があるらしく、このへんの若者はボリウッド映画しか見ない。
というか、このへんのPVRなどのシネコンでは
ボリウッド映画とハリウッド映画しか上映されない。
客が入らないのでタミル映画は上映されない。

そのかわりケーブルテレビでは専門チャンネルがあるので
好きなだけ見れるけど・・・まぁ、見ないわ、私は。
とかなんとか言いながら、心のどこかで惹かれたりするんだけど、
見るとやっぱり疲れるのよねぇ。だって、クドイんだもん。

でも、たまにはいいよね、ってことで、興味のある人はどうぞ。
これならTSUTAYAにもあるはず。


追伸
おすすめのタミル映画があったら、おしえてください。
見て見たいです。
[PR]
by naoming77 | 2006-09-15 15:17 | インド暮らしなもんで