タグ:インド国内旅行 ( 80 ) タグの人気記事
ラクシャディープ諸島 アガッティ島
b0100398_13433153.jpg



2007年8月25日-30日(当初の予定では28日まで)

ラクシャディープ諸島アガッティ島へ行ってきました。
インド領ですが、モルディブの真北、アラビア海に位置する楽園です。

ほんとに楽園かぁ~?どうせまたインドなんじゃないのぉ?と、
当然インドなので行く前は疑心暗鬼でしたけど、
行ってみたら、ホントに楽園だったぁ~♪

あまりにもよかったので、ブログに書くのはやめようかと思ったが、書こう。

だって人がたくさん行ったら島が汚れるじゃん!!!!
ごみだってたくさん出ちゃうし、日焼け止めで海がにごってサンゴがしんぢゃう!!

と、普段は親からさえも悪の枢軸と呼ばれる私が、
まるで心の清い人に変身させてしまうほどに
それはそれはビューティフルなところなのよー!!!
住民はインド人ばっかりの島だけど、まったくインドを感じさせないわ!!!

************

今回の旅は駐在仲間と男女7人夏物語☆

残念なことにひとりの殿方が仕事の都合で急遽これなくなっちゃって、本当に気の毒・・・と、この先の端々で感じる局面が訪れます。あまりにも楽しかったので「楽しかった」と報告することさえも阻まれるほどで・・・って言いながら書いてるけど。

b0100398_13442940.jpg



デリーからコチへ飛んで、プロペラ機に乗り換え。
この島への移動手段が週に3便しかない(キングフィッシャーエア)。

そういえばコチ空港のロビーで、持参した唐揚げとおにぎりにマヨネーズをつけて食べましたぁ。旅の朝にわざわざ早起きして作ってきてくれるなんて・・・さすがインド国内旅行初めてのSちゃん。

機内食も一切手をつけず、おまけに飛行機が墜落して体がバラバラになっても夫婦とわかるようにって、普段しない結婚指輪までしてきて!!!オマエさんらーどんだけ不安なんじゃ!爆笑

b0100398_13515381.jpg



そして、アガッティ島につくと、空港・・・というか掘っ立て小屋のバーベキュー椅子に座って、パスポートを提出し、入域申請をします。海外に出たときと同じようにスタンプが押されますよ。

じゃあ、ホテルへどうぞー!ってホテルの兄ちゃんに案内されて掘っ立て小屋(空港)を出る。兄ちゃんに「あの車?アレ?コレ?」って聞くと

「歩きデス☆」

がひーん☆

「だって3分だもん☆」

そっかー☆ ・・・え!この掘っ立て小屋から3分デスか!

 ・
 ・
 ・

到着~☆

b0100398_13545693.jpg



うわぁー。これがレセプション。トムソーヤーのおうちみたいだね☆

テレビもない、電話もない、携帯・ネットもつながらない、イスラム圏で酒もない!!
けど酒ない情報は事前に知ってたので、3日分を各自持ち寄り難を逃れる。
そして清潔でさっぱりしたお部屋に荷物を置いて即遊ぶ。

b0100398_13575562.jpg



b0100398_13573298.jpg



b0100398_140938.jpg



b0100398_1442432.jpg


イタリア人観光客が私たちと同じくらいいて、ビーチバレーしちゃったりして。
イタリア人、男も女もデカくて顔の彫りも深くてカッコよすぎる~。
そして挨拶の定番がウィンク!!!

b0100398_13582636.jpg


あとでSちゃんからもらった写真に、すっごいくだらない写真が入ってたりする。
「コワイ椰子の実」とか・・・

なんもないのでひたすら遊んで、あっというまにインド本土のことを忘れ去り、
人間って一瞬で脳みそがとけるんだなーと実感する暇もない程の廃人ぶり。

昼は海にでて、夕食の後は部屋のテラスに集まって酒。
途中、夜中にヤギの襲撃をうけて驚いたら、彼らにとっては日課の散歩だったらしい。

b0100398_14123074.jpg




そんな3日間を繰り返して帰る日の朝、


悪天候でインド本土へ戻る飛行機がキャンセル~。
ホテル代などはキングフィッシャーエア持ちで、次の定期便が来るまで2泊延泊決定。


ラッキー!!!!!!!なんてついてるんだ!!!
じゃなくて、そんなーーー!!!!!でもラッキー(除く男1名)!

仕事に完全に穴を開ける男1名をのぞいて(・・・おい、他の男3名はどうした!)
女3人はさっさと荷物とともに部屋に戻って遊ぶ支度を・・・。えーと、水着水着と。



延泊1日目、これまでになく快晴。昨日の悪天候はなんだったんだろうねぇ。
でも、9月15日まではモンスーンだから、仕方ないよねぇ。

b0100398_14154853.jpg




この日の夜は満月。

海がめの産卵が見れるという島民の情報で、みんなでウロウロ&じっと、結局夜中の3時間で外で過ごす。が、手分けして捜索したところで、発見しても携帯もないうえに連絡に戻る時間もなく、結局、産卵を目撃することになったのは最も産卵に興味のない男2人。

この目撃を一番楽しみにしていたインド国内旅行が初めてのある夫婦は・・・見れなかった・・・。翌朝になって目撃者から話を聞いてるときは、首でも絞めるんじゃないかと思ったが、この島が年中カメの産卵が見られる場所だと聞いて、来月また行くとか言ってる・・・。

b0100398_14423727.jpg



カメの産卵に遭遇した男ふたりは、道中でカメの研究をしているインド人女性1名と現地スタッフ2名のグループに会っていた。彼女は産卵にあわせて島へ来て、カメを見つけるとカメの二の腕の振袖部分に金属製の番号札を取り付け、それぞれのカメの産卵とその後の経過を管理をしているらしい。彼女の大学はチェンナイかどこかにあるそうだが、偶然彼らに会えたことで、産卵見学が相当面白いことになったらしい。

b0100398_1443624.jpg



このとき見た緑のカメはこのあたり見られる種類の中で最も大きいそうだ。確かに、デカイ。というか、昼間も自分たちが泳いでいるすぐ3mくらい回りに同じ種類のカメが何匹もいて、触れそうで触れないの繰り返し。

b0100398_14485457.jpg




それにしても延泊は考えてなかったので、酒がない。

ワイン4本、焼酎ボトル2本、日本酒1.8L×2本、ビール5本、梅酒750ml×1本。
たしかそれくらいの量だったけど、かなり節制しながら飲んだ・・・
やっぱり7人で一日中いつでも飲めるとなると、トランク一杯必要だったかもしれぬ。

ホテルの冷蔵庫がまともかどうか謎なのでビールはおまけだったが、
行ってみたら冷蔵庫がそこそこの大きさで効き目もバッチリで、
これだったら箱でもっていけばよかったー!!!!と後悔。


と、悔やんでいたら、椰子の樹液???がたったの一晩で天然ワインになるとかでホテルの人たちがペットボトルに入れて小銭で分けてくれた。ためしに飲んでみたら採ったばかりのそれは炭酸ジュース。でも、なんかイマイチなので私はその後のまなかったけど。ほっておくと発酵して泡が・・・。

b0100398_14591363.jpg




この島、かわいいニャンコがいっぱいいて、こんな素敵な子・・・「スジ」と名前をつけてかわいがってみました。連れて帰りたかった。夜な夜な酒盛りをするので、いつもよってきてはお菓子のこぼれたのとか食べて。

b0100398_1513341.jpg



と、思ってたら、こんなブサイクな男子が。こいつは「栗頭先生」またの名を「ヅラ」。
後頭部はワカメちゃんカット。

b0100398_1534134.jpg




はー。楽しすぎて死ぬかとおもった6日間も後ろ2日は酒切れだったので、
バンガロールの空港で乗り換えのあいまにレストランでグイグイ飲みましたー☆

b0100398_15124231.jpg




おーしまい。
[PR]
by naoming77 | 2007-09-01 13:10 | インド国内旅行
アガッティよりデリーに戻りました
ただいまインド時間AM01:30です。

さきほどデリーの自宅に戻りました。

3泊4日でインドのラクシャディープ諸島アガッティ島へ行ってきました!
が、帰る日の朝、悪天候ででコーチンへ戻る飛行機が島にやってこれず、
次の定期便まで2泊延泊させられました。

というわけで、5泊6日ですよ・・・。

あぁ~、明日の朝、昨日行くはずだった矯正歯科に電話しなくちゃ。
一体いつ予約取れるんだか・・・。

家に帰ってきたら、天井から電気の傘ごと落下してました。
ケーブルでつながっていたので、UFOみたいな状態です。

b0100398_1443583.jpg



ひとまず寝ます、おやすみなさい。



ちなみに、ラクシャディープはすごいトコです。インドにも楽園があったかー!!
ひさびさに日記書く気力がおこってきたー。
[PR]
by naoming77 | 2007-08-31 04:56 | インド暮らしなもんで
ジャイナ君わっしょい☆サラバナベルゴラ
(後日、日記を2006年11月20日に移動します)

2006年11月のカルナータカ州ハンピ旅行のつづき。ここはその存在に気づいてからインド国内で絶対行きたい場所ナンバーワンだった念願の地ですよぉ~。ジャイナ教という宗教の聖地らしいのですが、とてつもなくデッカイ石でできた裸立像があるのでーす。しかも周りには巨岩があるというウワサ。

ジャイナ君のいるSharavanabelagora(シャラヴァナベルゴラとかサラバナベルゴラとかシュラヴァナベルゴラとかそんな感じの発音???)は、とても行きにくい場所にあって、ちょっと会いたいと思ってもなかなか会えない巨像。今回もバンガロールを拠点にチャーターしておいた車で移動。見終わった後はマイソールへ抜けて宿泊という具合で、お金と時間がかかるの・・・。そうでなければバンガロールからの日帰りもありなんだけど、マイソールも見所たくさんなので。なかなか行こうと思う人も少ないと思うので、こんなところもあるんだな、くらいで見てください。


さて。

ハンピ観光を終えて夜行列車でバンガロールへ戻ってその足でサラバナベルゴラへ向けて移動開始。夜行列車って色々な要素があり、あんまり熟睡できないので、車に乗った途端、全員が爆睡。

たまに起きて景色を見てみるとこんな感じに草原が広がってる。

b0100398_13502857.jpg



池もあったりして。南に来るといつも日記が同じ感想になっちゃうんだけど、緑がいっぱいでなんだかすがすがしいのよね。あーきもちいー!!!って腕伸ばして叫びたくなる。南っていうと北より暑いイメージだけど、実は砂漠地帯のラージャスタン州の隣にあるハリヤナ州グルガオンの我が家とか首都デリーなんかよりも、ずっと涼しく感じる。北インドが乾燥してカラカラの時期でも南は湿度もあっていい感じなのよ。

b0100398_1351020.jpg



道路標識に小さいジャイナ君の絵が載ってますよ!
あと39kmかぁ。うーん。期待しちゃうー。

b0100398_1494071.jpg



前を走るトラックが富士サファリパークみたいな迷彩色。よーく柄の渦を見てると目が回る。
どれがウィンカーでどれがバックライトなのか、よくわからない・・・のは気にしない。

b0100398_142842.jpg



朝ごはんも食べずに移動して途中でお腹がすいたので、バナナを買う。
ここでもジャイナ君の看板が気になる。
ナニジンともいえない顔立ちに不思議な体型だよなー。
しかも腹筋はたるんでるんだか、割れてるんだか微妙なライン。

b0100398_14332549.jpg




目的地に到着。

とりあえず腹ごしらえ。これから階段をたくさん上らなければいけないし。山のふもとにあるレストランで朝ごはん。うーん、期待!南のご飯っておいしいんだもん。

b0100398_1443036.jpg



彼がドライバーです。やっぱり我々と同じテーブルには座らないのですが、気づいたら彼も食べてました。食べてるのはドーサですよ♪

b0100398_1446336.jpg



わたしたちも、ドーサですよ♪ どちらのドーサも中に具が入っているのを頼みましたけど、円筒形の方は内側に真っ赤なマサラが塗ってあって、結構な辛さでおいしいんだなー。やっぱりデリーで食べるドーサよりも格段おいしい!

b0100398_14475543.jpg



これから登る山の上に寺があります。しかもこの山と対になるようにもうひとつ山がある・・・ことがこのマップで発覚。うーん、両方登る体力あるかな・・・。

b0100398_14501279.jpg



ま、登る体力がなければ、かごに乗ればいい!でもかつて、このかごに抜かされたことは一度もないから、多分つらくても自力で登ったほうが速いよねぇ。

b0100398_14514235.jpg



なぜだか小学生がわんさか来ている。みんなジャイナ教徒なのかなー???それともただの社会見学???上の寺にも他の学校の生徒達が居て、先生がなにやらお話してたけど、ここがインドで一番古くて重要なジャイナ教の寺だから、もし他の教徒だとしても見学とかありなのかな。

b0100398_14575278.jpg



よく見ると、ひとり子どもの頃の貴乃花みたいな子がいる。

b0100398_14571718.jpg



ようやく登った!!

ふと反対側を見ると、、、OH!!あちらにも御山が!なんか不思議な景色・・・。平野の中にこの二つの山だけがぽこりーんと出っ張っていて、おまけに岩肌が巨岩を彷彿とさせる滑らかさ。これ、滑ったら楽しいだろうなぁ、と思うけど、どこまでも滑り続けて下でクラッシュしそうだなーと妄想がふくらんじゃう。なんか、きもちい場所だなー。

b0100398_1558097.jpg




中に入ろう!

いよいよ寺部分に入ると、12年に1度この場所で行われる祭典、マハマスタカビーシェカとかいう名前、の写真がある。裸立像の色がさまざまなのは、この巨像のまわりにやぐらがくまれて人々が上からココナッツミルクやらギーという油やらサンダルウッド(びゃくだん、マイソールの特産品)やらをわんさかかけるから。

b0100398_167722.jpg



なんとこの12年に一度しかない祭典が2006年1月にあったのでぜひ行きたかったんだけど、タイミングがあわずにいけなかった・・・号泣 きっとインド人にもみくちゃにされながら、いろんなものがかかりながらも不思議な光景をナマでみれるチャンスだったのに残念。baratさんがここに行ったときにはまだ祭りの名残があったそうで、やぐらで上までいけたそうだが、私が行ったのは11月だったので、さすがにまわりのやぐらは立ち入り禁止になっていた。


ようやく、全景を拝む。ジャイナ君は聞いた話によると身長17m、一枚岩からできているらしい。ワクワク。

と、思ったら、最後の門をくぐりかけた頃、ジャイナ君の下半身がドーン!わー。・・・・インドって不思議な国だなぁ・・・

b0100398_1757855.jpg



さぁ、みなさんで拝みましょーう!
ジャイナくーん!

b0100398_17583841.jpg



ほらほら、こうやってヒトとくらべるとデッカイでしょー!わくわく
ここのお寺はそりゃあ綺麗に掃除してありますよ。
街中もこれくらい綺麗にすりゃいいのに。

b0100398_20412027.jpg



すんごい小さいチビジャイナ君も居た。しかも金ピカ。

b0100398_20422292.jpg



そして、12年に1度のお祭りのときはこの巨大ジャイナ君の体脇に立てられるやぐらから頭の位置まであがれるんだけど、今回はすでに閉鎖されているので、それとは別に立てられている低いやぐら・・・というか展望台???に登る。まるで工事中のような足場なんだけど、工事現場のそれよりは丈夫そうで、上に上るとジャイナ君の上半身を真横から眺められる。

b0100398_20445376.jpg



おまけに景色もスゲーッ

b0100398_2047346.jpg



いや~インドってこうやって上空から見ると本当に綺麗ですな。
特に南インドは広くて緑でほっとするわー。
上の写真の右のほうに見えているちょこっと高い山、岩がゴロゴロしてる。
それが下の写真なんだけど、次はここに行ってみます。

b0100398_20453575.jpg



同じ階段を下りていくと、またインド人の参拝者たちと握手会を開催。
なんでいつもこうなるんだろうか。w

b0100398_205031.jpg



で、階段の途中に2箇所ほど門があるんだけど、下りでよーっく見たら
ホゲー。発砲スチロールじゃん!!!!
こんなのもありなのかー、なんて寛大なんだ、ジャイナ君。

b0100398_20523345.jpg




反対側の山

登りました。短めの階段でした。そして、岩がゴロゴロです。ウハー。岩、大好き☆
しかもスベスベなんですよ、このへんの岩。思わず頬ずり。
向こう側に見えるのが、さっき巨大ジャイナ君がいた山です。
あっちの方が全然巨大です。

b0100398_20541976.jpg



こちら側の山には巨大像は無いのですが、チビジャイナ君の像とお寺がたくさん一箇所に集まっていました。例えばこんな感じのジャイナ君は、前は隠されているのに、ぷりりんお尻は丸見えです。そして足が埋まっている。なぜー。

b0100398_20593390.jpg


b0100398_20595093.jpg



と、まあこんな感じであっという間に4時間くらい経ってしまうのですよ。
行ってよかったなぁー。意外な巨岩スポットだったし。
そして、このあとはスリランガパトナという場所を経由してマイソールへ向かいます。


---baratさんがもっと早い時期にここをたずねたときは、
  ジャイナ君はすごいことになってました。その様子はこちら---
[PR]
by naoming77 | 2007-07-23 16:08 | インド国内旅行
世界遺産ハンピ(3) 巨岩パラダイス
ハンピの遺跡については、他にもいろんな人が書いてるし、今更いらないかなと思ったけど、写真を見返していると、素晴らしい巨岩の数々が出てきて再び感動しましたよ。あぁ~ここはインドイチの巨岩パラダイスなのではないかと思います。行ってよかった・・・。

例えば、こんな景色は序の口で。

b0100398_2320797.jpg



ゆっくり見ようと思えば、まるまる二日間はかかりそうな広さのところに、あんな巨岩や・・・

b0100398_23211854.jpg



こんな巨岩が・・・

b0100398_23214225.jpg



OH !!!! ブラボー!!!!

素晴らしき巨岩スポット。岩のパワーを感じます~♪
目を閉じてその昔ハンピが栄えていた頃に思いを馳せると、人々の喧騒が妄想の彼方でざわめき始めるのです・・・あぁ、素晴らしき古代都市・・・。

そして、感慨も深いままに、巨岩がゴロゴロ転がるこんな素敵な景色を見ながら、野外トイレを決行するのです。きっとこの場所をウシやポニーたちが荷物を引いて歩いていたに違いありません・・・。といいますか、今このときもウシが荷車を引いて歩いていますが。ポニーはいなかったかもしれまえせんね・・・妄想ですから何でもいいんです・・・。

b0100398_23232192.jpg




ハンピは本当に素晴らしいですよ!ぜひ行かないといけませんよ!
今はデリーからハンピまで直行便が飛んでいるはずです。
私が旅行に行ったときはバンガロールから夜行バスか夜行列車に乗らないと行けなかったです。
便利になったので、せっかくですから、行ってください~。
[PR]
by naoming77 | 2006-11-19 23:29 | インド国内旅行
世界遺産ハンピ(2) 夜行列車で水浸し
朝ごはんを食べたところで、ハンピ観光してないのに妙に満足感ありありで、
重い腰を上げて10時ごろからようやく観光開始。

結局は駅からずーっと一緒のリキシャたちを1日チャーター。
が、そのうち1台はあまりにも私たちが値切るわ、
いつまでたっても朝ごはんが終わらずちんたらちんたらしているわで、
痺れを切らして他の外国人客を捕まえて行ってしまった。
まぁ、私にとっては走ってくれればどのリキシャでも構わないので、問題ない。
実はその「走ってくれれば」のところが重要で、
途中で止まられたりした日には、追加で無駄に時間を食うので
本当はリキシャ選びは慎重にした方がいい。
見た目は一緒なのに、スピードと耐久性が全然違うらしい、よ。
よ・・・って、私ほとんどリキシャ乗ったことないから、友人談ってことで。

b0100398_15293293.jpg



ハンピ、ものすんごい広くて、ロンプラには「のんびり徒歩で」とか
「レンタルサイクルで」とか書いてあるけど、そんなの一泊する人じゃないとムリムリ。
ってか、日頃全く歩いていない人が、歩ける広さじゃなかったよ。

実は
「あ。自転車で観光なんて、た・の・し・そ・う♪」
って思ってたりしたんだけど、
ハンピに行ったことがある人達には「ムリ、ムリ」って言われてて。
1人旅行じゃないし、最終的にはリキシャになるだろなとは思ってたけど。
とかなんとか言いながら、実は一番疲れた言いそうなのは私だったりするんだけど。

で、ハンピの詳細を書き出すとキリがないので、省略。
そういうのはマメなbharatに任せておいて・・・(彼は6月に行ってます)。

だだっぴろい砂漠っぽい気候の中に巨岩がゴロゴロ転がっていて、
石でできた建物がボコボコ建っている。そんな印象です。
数時間かけて、あっちこっちでくだらない写真をバシバシとりながら
のんびーり観光して、なんか楽しかったなぁ。

年代も性別もばらついてるメンバーだった上に
それなりの大人数でも、ほのぼの観光ってできるんだね。
なんかオトナの修学旅行って感覚が新しい発見だった。
ハンピっていう場所がそうさせてたのかもしれないけど。

そんなこともあり、世界遺産!!ハンピはお勧めです。
なかなか日本からは行きにくい場所にあるから、
インド駐在者は行っといた方がいいよぉ~。

 ---

観光終了までは途中ランチを取る場所なんてなくて!
またもとの店に戻ってきて、一服。というか昼ごはん。
他にも店があるんだけど、なんとなくここがおいしそうで吸い込まれた私達~。

微妙に日が傾いてて夕方っぽいんだけど、まだ2時くらいなんだよねぇ。
朝ごはん食べてた時も店に居たジョシ2人も、また同じ店に来た。
彼女達はロスから来たらしい。
わたしらがインドに住んでることを知った時の反応が面白かった。
どうもインドは面白いは面白いけど、住むほどいいとは思えてないっぽかった。
まぁ、しかたありませんから・・・。

b0100398_15354490.jpg



んで、再び色々と食べて。ほうれん草の・・・なんだったっけ、これ(下)。

b0100398_1544516.jpg



おなか一杯になったし、件の宿屋でシャワーを!
・・・のハズが、宿についたら街中停電でお湯でません。
というか、朝に宿探ししてたときから停電で、結局のところ復活していなかった・・・。
つーわけで水シャワー。しかも電気が来ていないのでポンプが動かず、シャワーもでない。
というわけでぇ!水バケツ。水道水って冷たいです。

b0100398_1633996.jpg



予想外に時間がかかったシャワーだったけど、結局時間はあまり、
屋上のカフェ(っていうほどのもんじゃないが、宿の食堂)でオチャしつつカード。
宿屋の親子が「俺たちもカードゲームできるぜぃ」と言って俺たちのゲームを見せてくれた。

b0100398_16395980.jpg



勝ったほうは 「アイ アム ウィン♪」 という親子・・・。
合いの手で 「ユー アー ウィン♪」 と付け足してみたら結構よろこんでくれた。


再び夜行列車(戻り)

ホスペット駅へ暗い道をオートリキシャで戻る。やっぱ暗くなると怖いわ。笑
そういえば、朝ホスペットに来たとき、タクシーという選択肢もあるのかなって
あたりを見回したけど、一台もなくて。
予め旅行前に代理店経由でチャーターしとかないとそんなものは無い土地らしい。

駅前に到着後、リキシャワーラー達と値段交渉最終戦を挑むも、
事前に予測してた金額よりはやはりさがらず。
その間、交渉に参加せず暇だった人達は町のヒトビトを撮っていたみたいで。

b0100398_3463393.jpg


b0100398_347843.jpg



駅はすんごいぼろくて、でも電光掲示板もあるにはある。でも、なくてもイイジャンって感じ。

b0100398_3441273.jpg



ホームは全体的に暗いので、明るいところを探してみたら駅長室の前が明るかった。
その前に荷物をどっさり置いて、それぞれ適当に時間を過ごしてみた・・・つもりが
いつの間にかその辺で同じ列車を待つ子供と遊びだす人とか、
パソコン広げてメールチェックしてる人とか、駅長室に入って写真撮る人とか、
勝手なことをいろいろやってるもんで、インド人がたくさん集まってきた・・・。

b0100398_3495560.jpg


b0100398_3501488.jpg



駅長室の前の座っていた場所に、なぜか頭上にレールの切れッ端がぶらさがってた。これ危ないよねぇーとか言ってたら、私たちが乗る電車が来そうになった時(それ以外の電車は来ない)、駅長が出てきて、手に持った金づちでそのレールをゴンゴン殴りまくり。すんごい金きり音が構内に響いて、私たちがギャーギャー悲鳴をあげてる中で列車の到着を告げた。びっくりしたなーもぅ。なにが起こったのかみんなサッパリわかんなくて、しばらくポーッとしたあと、爆笑。

b0100398_3581679.jpg



帰りの列車は行きよりワンランク下の2AC。AC付きの2段ベッド。4人ずつ分かれてるけど扉なしのカーテン仕切り。くわえて廊下沿いにも縦並びに2段ずつベッドがならんでいる。この通路側のベッドがちょびっと狭いんだわ、過去に寝たことあるけど。一人旅ならそっちの方が落ち着けたりするけどね、完全個室状態だから。でも下のベッドに限る。上はACの風が当たるから寒いのよ。

実は帰りは1人分の席がキャンセル待ちのまま乗車。結局ぎりぎりまで取れなかったんだよねぇ。でも完全に満席ってことはないだろうから、車掌に多少握らせてでも席を用意できるであろうと、踏んで乗車。インドだもん、なんとかなるっしょ・・・と思っていたら、それなりに待たされたんだな、これが。

b0100398_3595557.jpg



ハンピの往復は車中泊なので、列車に乗るなり交代で携帯やカメラを充電。
通路に充電コーナーがあるけど、当然インド人と取り合い。
そういえばハンピでは携帯の電波がほとんど通じなかった。

b0100398_402997.jpg



空いている席はいっぱいあるんだけど、途中の駅からも結構人が乗ってくる。しかも車掌が持ってるリストにはしっかり名前が入ってるから、実は乗ってこないとしても、本当の空席は少ないみたい。で、この路線では人があまり乗ってこなくなる時間帯の0時以降にようやく正式にひとつ席をもらって、これで全員分確保。実は22時ごろに車掌からひとつ席をもらったんだけど、そこがなんと2ACよりさらに下のランクの3AC。車輌は当然2ACと同じ高さなのに、ベッドが3段なのだ。そりゃあ狭いっすよ。薄いっすよ、ベッド!そして寝てる人口少ないっすよ。こりゃムリだ、同じ値段の席をくれよ・・・と0時まで耐えた私達でした。

別に勝手に空いているところで寝てもいいんだけど、持ってるチケットがキャンセル待ちのチケットなので、あとあと揉めたら面倒ということで、人の良さそうな車掌だったし、静かにしたがってみました。席をくれたとき、チップのつもりでいくらか渡そうとしたんだけど、いらんいらんと断ってきました。へーっ、いい人じゃん。その代わりオレンジが欲しいといわれたんだけど、生憎なくて。でも乾燥対策で飴ちゃんを大量に持っていたので、20個くらいあげました。あはは

席をもらうまでの間は、お菓子をぼりぼり、延々とオシャベリ。これはやっぱり女が集まればいつでもこうだよねぇ。インドに来てすぐ、初めての列車旅行をした時も夜中の3時頃までしゃべってたような・・・懐かしい。途中駅でなにやら不思議な食べ物を売りに来た。Rs15だったかな。たぶん、セモリナ粉だとおもうんだけど、それにカレーリーフとなんだろ・・・南インドの米を炊くときに一緒に入れるような何かが入ってたかな。ちょっとピリっとしておいしかったけど、全部食べられるほどの味じゃなかった。

b0100398_4182581.jpg



 ---

なおみおじさん、寝小便?!

行きと同じく、チビッコゴッキーの恐怖と戦いながらも、それなりに疲れていたのでちゃんと寝た。寝しなに水をたくさん飲んだので、朝5時頃に目がさめる。なんか、、、冷たい。なんだろう。廊下側のおじさんが何やら怒っている。とりあえず、サンダル履いてトイレ行くか・・・

びちゃ。

つめたーい。

あー。水が。床が水浸しではないかーっ。

あー。リュック!荷物!ベッドの下の床に押し込んで置いてるのにー。
う・・・かろうじて背負えるけど・・・布バッグだったらアウトだった・・・。
よかった、防水仕様のちゃんとしたバックパックで。
おじさんなんて、大きなダンボール箱をベッドの下に入れてたから
さすがにビショビショ。ベッドの上に避難させて、かわいそうだナァ。

b0100398_4145345.jpg



トイレは我慢できないから、とりあえずトイレに移動したいんだけど、列車が揺れるたびに頭上から滝のように流れる水を浴びながら移動・・・。なんで水が頭上からきているかというと・・・、私が寝てた席は通常の4人席と違って3人席。というのも、車輌の一番端のパートで、そこは頭上にACの機械があるの。だから、ベッドが1人分少ないわけ。向かいの通路側のおじさんの席もしかりで、上の段はACの機械。長時間の稼動で水が溢れ出したのか・・・。さすがインド。

しかも、通路側の1人仕切りのベッドに居たおじさんの上だけ激しく水が漏れていた。ホスペット駅を走り出してからの数時間はよかったんだけど、どうも明け方4時から5時の間にちょっとずつ漏れ始めたみたい。私は寝つきがいいから、ちょっとやそっとのことじゃ目覚めないんだけど、寒いのとトイレに行きたいので目が覚めた感じ。床に置いていた紙袋はビロンビロンだったし、サンダルにも水が・・・。でも偶然私たちが寝てたベッドには水漏れなし。

さすがに完全に目が覚めちゃって。途中駅でしばらく止まったので、ACが効き過ぎの寒い車中を抜け出して、ホームでおいしい空気を吸った・・・んだけど、やっぱ朝は寒いなー。インドも冬だな。

b0100398_4313766.jpg



再び走り出す列車。すると、私の頭上からも水がー!!!うがうがーっ。
最初は控えめに落ちてきてた水も、すぐに大量の滝となり、あっというまに
「あんた!いくつまで寝小便してんのよっ」状態に。
写真(下)はまだまだ序の口のあたりで、余裕あって写真取ってたんだけど
そのうち酷くなってからはカメラも避難させて、自分も席を立って外に避難。
鉄粉らしき黒い粉とかも一緒に天井から落ちてきて、きたねぇ・・・。
これって、実はかなり悲惨な状況なんじゃ・・・。

b0100398_4343595.jpg



それからバンガロールにつくまでは、ずっと空きっぱなしの扉から外を眺めてた。
線路脇はえんえんとゴミダメになっていて、バンガロールに近づくほど酷くなった。
ゴミ捨て場がないらしく、住民や列車の乗客がゴミを捨てるのであろう。
途中、人用の踏切とも言えない踏切があったが、ゴミの山の合間から
列車の通過待ちをする人々の姿が妙な光景だ。

b0100398_4351474.jpg



こうしていかにもインドっぽいと言われそうな災難に合いながら、バンガロールシティ駅に到着。
今日はこれからしきちちゃんと合流して、巨大裸立像の待つサラバナベルゴラに行くのだ。
楽しみだなー。ワクワク♪

b0100398_439409.jpg


b0100398_4395345.jpg


b0100398_440239.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-11-18 10:23 | インド国内旅行
世界遺産ハンピ(1) ご飯ウマイー♪
b0100398_5402756.jpg

南インドツアー初日の夜。バンガロールで昼も夜も日本食をがっつり食べ、
翌丸一日を費やすハンピ行き夜行列車に乗るため、バンガロールシティ駅へ向かう。
運転手のBABO(バボ)君はこの旅行メンバーの誰よりも心配性で、
わざわざホームまでついてきた。そして案の定、列車は1時間ほど遅れるのだが、
BABOは私たちが電車に乗りこむまでずーっと一緒にいてくれた。

b0100398_5415826.jpg

途中、小腹対策用にみかんなど購入するも、皮を剥くのが面倒と、
最若手のA子にみかんの皮を剥いてもらう、始末の悪い年寄り衆。

インドも11月ともなれば、いくら暖かいデカン高原にあるバンガロールでも
夜はひんやりと空気が冷たく、ちょっと露っぽい。
ん~、今の気温と湿度は21度、54%くらいかな、と私の肌は言っている。

b0100398_5424990.jpg

ハンピのある駅はHOSPET(ホスペット)という名前で、
バンガロールから夜行列車で約10時間。
ホスペット駅からさらにオートリキシャで約30分いった場所にある。
ホスペットとバンガロール間の列車はいずれも夜行で1日1便。
というわけで、翌日はハンピで終日拘束されることになる。


b0100398_5435989.jpgハンピへのほかの交通手段は、旅行のハイシーズンであるこの時期だけ長距離バスが周辺各地から出ている。ゴアからもハンピ行きが出ていて、バンガロールから行くよりはよっぽど近いが、バスはトイレやらでどうにも困りそうな気がして乗りたくない。

左の写真は縦に3つのベッドがついている3rd AC車輌だが、これでもバスよりはましかと思う。


b0100398_5483664.jpgハンピへの行きの列車は、3回目の列車旅行にしてはじめての1st AC車輌。4ベッドで一部屋になっていて、部屋には鍵付きの扉までついている!ベッドは2nd ACよりも1.5倍くらい幅が広い。配られる毛布も分厚い。でも枕はあんまり綺麗じゃないし、洗面台と水道もついているが、洗面台の蓋を開けると窓の取っ手に引っかかってちゃんと開かず、結局は水道が仕えない構造・・・。笑


b0100398_5541647.jpgさらに、シーツをわざわざ引きに来てくれた。ちゃっかりチップをねだられた。しかも仕事が職人技だったのをはやし立てたせいか、Rs10渡したらRs20くれと言われた。くわえて、私はあとから知った・・・というか聞いて聞かないフリをして寝てしまったのだが、こんなにちゃんとしている感じでも超ちびっこゴッキーたちが壁を散歩していたらしい。よかった・・・この目で見る前に寝てしまえて。


b0100398_5494773.jpgこの1St AC車輌、この列車にたったの1車輌しかなかった。しかも1車輌に4人部屋2つと2人部屋1つだけ・・・。結局わたしたちのグループで2部屋占領。乗客リストではうち一部屋に関係ない人が席を取っていたけど、結局最後まで乗り込んでこなかった。

10時間の列車の旅を満喫しようぜぇ~と思って、花札とトランプを持ち込んだのに、すっごく眠くて、全員即寝。翌日はえんえんと外を回らないといけないと思うと、この寝心地のいい空間で体を休めとかないとナーなんて老人じみたことを考えちゃった。結局はしっかり寝といて正解だったんだけどさ。ちょっと想定外だったのは、列車の時間が遅かったので、期待してた列車ご飯とかチャイ売りがこなかったこと。おまけに水まで売りに来ず、用意してなかったので相当ひもじかった。



ハンピ到着!

b0100398_5374279.jpg朝7:40ホスペット駅到着予定。ぐっすり眠って自然に目覚めて、何故か空いている列車の扉から外を眺めながら歯を磨く。この扉、ただ引っ掛けるだけの鍵なので、誰でも簡単に開けられる。いいねぇ。日本でこういう旅行ってできないよねぇ。


b0100398_5424467.jpg部屋に戻って、着替えてオカシでも食べようかな~とかダラダラしてたら、突然友達が「ドアあけろー」って言うから何かと思えば、あと2分でホスペット駅に着くらしい。へ~・・・っておい!普通1時間くらい前には言いに来るだろ、部屋係り!確かに教えてくれはしたけど、あと2分?!?!? 着替えてる場合じゃないし!とりあえず散乱した荷物をギュウギュウ押し込む。列車のドアに駆け出した時には既にホスペット駅に到着してんじゃん!お~い。降りそびれたら、その先まで運ばれるところだった。この列車、ホスペットが終点じゃないんだよ。


b0100398_548560.jpgホームのベンチに荷物を置いて、本当にほっと一息つく面々。けど休む暇もなくオートリキシャーワーラー達が「ヘイ、俺のリキシャに乗れよ!」と交渉してくる。あーでもない、こーでもないと交渉の末、3台のリキシャに分譲して、とりあえず駅からハンピの遺跡郡まで一台Rs100で移動。その先、1日チャーターするかどうかはハンピについてから決めることにした。ハンピ着後はまず宿さがし。泊まらないけど、荷物を置いて観光した方が身軽だし、観光後にシャワーを浴びてゆっくりしてから再び夜行列車に乗ろうという計画。なんだか、やたらと巨岩がゴロゴロしてるなぁ。ハイデラバードより、こっちの方がよっぽど巨岩の街だよ。宿の背後に巨岩とか。


b0100398_5492423.jpgまだチェックアウトの時間前だったので、あまりたくさんの部屋が見れず。でも結局はどこも同じようなもので、相当なすったもんだの末(書くと長くなるので省略)、結局ベッドがひとつで通常Rs60の部屋(風呂トイレ別)をRs100で借りて、そこに全員分の荷物を押し込み、シャワーを使うときにはお湯バケツ1杯Rs10をひとりずつに買うことにした。ちなみにシャワーブースは部屋の外で共同、2つだけあった。時間はあるから皆で交代で入ればいいよな~。



うめえ!朝ご飯。

b0100398_552556.jpg宿が決まったら、腹ごなし。朝ごはんだよー。メイン通りに面したオープンテラス、なんてしゃれたものじゃないけど、飯どころで適当に注文。でもドーサもサモサも異様においしい。うめぇ、うめぇ言いながら、1時間はダラダラ。いいねぇ、こういう旅行。お店のおばちゃんは文字がかけないのか、注文は自分で書いてくれという。しかも「何か日本語を書いて」と言われてmicchaがノートの上に書いた言葉は・・・

「それは無理」

さすが・・・関西人はセンスがちがうわぁ。これ関東人が書いたらただの嫌がらせだけど、なんで関西人が書くと腹立たないんだろう。まぁインド人にはどっちかわからないだろうけど、ここでソレを書く神経が面白いわ。


b0100398_5583889.jpgドーサ、うまいよぉ。真ん中にじゃがいもの煮たのが入ってて、まわりのフワフワサクサクと一緒にちぎりながら食べるの。デリーで食べるのよりも、脂っこくなくてさっぱりしてる。


b0100398_55956100.jpgバナナパンケーキも旨いよぉ。


b0100398_61429.jpgでもね、実は注文してもなっかなか食べ物がこなくて、腹がへりすぎで死にそうだったので、目の前でのんびりバナナを売っていた兄ちゃんから、南インドで普通に売っている小さいバナナを買いました。これ、おいしいんです。以前の南インド旅行でも感激した味。観光客価格(少し高い)を言われてしまうので、きっちりネギって買いました。旅行中は、みんなから適時Rs500を回収して、私がお財布を管理。ご飯とかリキシャ代とか水とか、そのへんの細かいものをまとめて払っています。その方が会計がラクだから。


b0100398_632462.jpg食べ終わったバナナの皮をもてあましてたら、ジュースの瓶にむらがるハエよけに使おうということになり。瓶の口にかぶせてみた。いい感じ。


あぁ、楽しい♪ご飯がおいしいとそれだけで幸せ♪
列車に乗ってご飯を食べたところまでで日記がこんなに長くなってしまった。
というわけで次の日記につづく。
[PR]
by naoming77 | 2006-11-17 06:45 | インド国内旅行
ちゃんとバンガロール
南インド旅行だどー♪


日本から友達が来るタイミングに合わせて、国内旅行計画を練り練り。
今回はかねてからの念願、サラバナベルゴラという場所にある巨大ジャイナ裸像を見る会。
れっきとした宗教施設というか、ジャイナ教という宗教の祖師の息子の像!なんだよね~。
ダヴィデ像とはかなりでどころが違うけど、まぁ、裸像ですわ。
しかも、メンバーにはいつものブログ仲間micchaに加え、
バンガロール在住のブログ仲間しきちさんも♪
過去にもデリーでオフ会をしたことのある私達、今回は格別に楽しい旅になりそうだー♪

で、それだけ見に行くのには飛行機代がもったいないので、
3泊4日で次の6都市をまわる旅程を組みました。

1>旅の出入り口となるバンガロール、
2>遠くてなかなか行けない世界遺産ハンピ、
3>そしてサラバナベルゴラ、
4>マイソールへの道中にあるシュリランガパトナム
5>唯一ホテル泊のマイソール、
6>バンガロールへの道中にあるソームナートプル。


バンガロールは以前立ち寄ったことがあるけど、その時は全然観光する時間もなく退散。
今回はちゃんと観光しました。けど観光箇所についてはBharat君が書いているので
そちらでよんでくださーい。

b0100398_3323027.jpg旅の往復にはキングフィッシャーエア。ミニスカのオネイチャンが乗務員。この飛行機に乗っておねいちゃんを見ることを楽しみにしていたメンバーもいる。私は二度目。数ヶ月前にマイルカードができたらしいんだけど、私はそんなに乗る機会がないので作らず。全員通路側の席を取れるかチャレンジしたけど、あっさり断られました。


b0100398_3375660.jpgバンガロール到着後、とりあえず観光してみたんだけど、すぐにおなかがすいて(機内食たべとろーが!)、ご飯にしよーっ!と言うことで夜に行くつもりだった日本食レストラン「播磨」へ。うわっ。デリーのたむらとえらい違いだな・・・。バンコクの日本料理屋みたいだなぁ。ぽわわん・・・ご飯にも期待♪した甲斐あって、ほぼ終始無言であっちゅうまに完食。


b0100398_3411026.jpgまずはビールだべ?だべ?って、わたしビールなんて好きじゃないんだけど、まぁいいか。バンガロールはキングフィッシャーが旨いっていうし。おいおい、気のせいか本当に美味しく感じるな。水が違うのか、工場が北インドと違うという理由だけなのか、味がおいしいらしい。キングフィッシャーダイエットなるビールもあった。


b0100398_3414790.jpgで、ビール数本ですでにダラダラムード全開なんですが、全員。食事を済ませて観光に行く気もなくうだうだしていると箸置きが目に留まり。いろんなのがあった。ひとつだけ明らかに数合わせなヤツが混ざっている。


b0100398_4584164.jpg今回の旅の移動手段はやっぱり車が基本で、いつもはクオリスなんだけど、今回は10人まで乗れるTempo Travelerという車。小型観光バスみたいなの。でも人数割りしたらクオリス借りるより安かった。多分、今回は走行距離が短いからだな。前に南インド行ったときは4日間で多分400km以上走ったけど、今回は3日で250kmにも満たないくらいだから。ところでこの車、助手席のシートベルトを刺す場所、どこにあるのかと思ったら、運転席用のと二股になってる~。へ~。


b0100398_55335100.jpg重い腰を上げて何箇所か観光した。この宮殿、バンガロール宮殿だったと思う。入場料にRs250も取るということで、切符売りのおばちゃんとあーだこーだ話してもまけてくれず。入場券売り場が建物内にあったので、話しながら中がどんな感じかチラチラ見たら、かなりしょーもなさそうで、結局まけてくれないので見なかった。でも、これはほんとRs250払う価値を感じられそうもなかったので見なくてよし。外見は素敵だったのでぼーっと眺めて楽しんだ。


b0100398_73914.jpg同じくバンガロール宮殿。外観の写真を撮っているだけでもガードマンに「こらこら!金払ってから撮影してよ」と言われた。けちくさーっ!この日は、夜22:15発のハンピ(ホスペット駅)行き夜行列車に乗るまで時間があったから、ぶーらぶーらのんびり観光。こんなにのんびり観光したことないかも。


b0100398_76259.jpg結局、夜の電車に乗るまではどうにかして時間を潰さねばいかんということで、当初予定していた箇所は観光し終わった後、イスコンテンプルへ行った。イスコンっていうのはクリシュナという神様を激しく崇拝しているインド発祥???の教団で、かなりお金のうなる音が聞こえる教団なのだ。インド国内はおろか、世界中に支部があり、インド国内の支部においてはいずれも立派な建物に千葉ネズミーランドばりのアトラクションが用意されている。と、言ってもクリシュナ生誕物語とかだけど・・・。別に我々、まったくの無宗教者たちだったのだが、暇つぶしにはイスコンはもってこいで、なんだかんだとたっぷり1時間は遊んだ。で、夕飯タイム。


b0100398_714012.jpg夕飯は・・・バンガロールの日本食レストランその2「天竺牡丹(ダリア)」です。ここはトヨタがバンガロールへ進出する際に開店したお店だって聞いたけどほんとかな。さすが世界のトヨタさんはやることがちがうねぇ~。レストラン引き連れてインドきちゃうんだから。トヨタ様の移動とともに世界に強制放出されるのは部品メーカーだけじゃないのね~。でも、このレストランがなかったらやっぱりインドじゃ生きていけなかっただろうな、と、私もデリーに2年近く住んだ今、ようやく思えるようになった。やっぱり日本食がないと生きていけないよー。ダリアのある通りは、なんだかインドっていうよりはバンコクみたいな雰囲気で、おいしそうな店がずらっと並んでたの~。デリーにはこんな楽しげな通りないよぉ!ならびにあった中華料理屋はしきちちゃん曰く「高いけどおいしい」らしい。うーん。行きたかった。それに南インド料理もうまそうだったしなぁ。あぁ、胃袋4つ欲しい。


b0100398_7193846.jpgレストランでこれまたガッツリ食べたんですわ・・・食欲の秋ですから。そういえばバンガロール、デリーに比べるとかなりポカポカしてたな。デリーなんて既に冬に入りそうなくらい寒いのに、さすがデカン高原!何気なく隣のテーブルで食事中の男性3名の出張者は、なんとグルガオン在住者でした!おーい!もしこのブログを見てたらコメントくださーい。家の場所を聞いたけどお互いにお互いの家がピンと来ず(笑)。やっぱり住み始めの時期が違うと、住む場所が微妙に変わって着ているのかな。でもほぼ近所なはずなんですよね~。どこの会社の人かすらも聞かなかったけど、そこはお互い様。



さぁさぁ~♪
ようやく翌日のハンピ観光に向けて、バンガロールシティ鉄道駅に向かう時間だよん。
でも駅の様子は次の日記でハンピ観光と一緒にします。


b0100398_7401769.jpgちょっと話を先走って、旅行を終えてデリーへ戻る日の話。バンガロールから再びキングフィッシャーに乗り、デリーへ。再度、全員通路側を希望してみるがNG。チケットが安いから融通が利かないのか、それともミニスカのスッチーを間近で見たいという動機がまずいのか。でも結局は横並び一列になり、しかも後ろから2列目という好位置をゲット。後ろを振り返るとジャンプシートに座るスッチーを間近で見れました。ちなみに喜んだのは私ではないですから・・・。


b0100398_7505938.jpg今回の旅行、サラバナベルゴラで見た巨大ジャイナ君グッズ以外は全然ステキなおみやげとの出会いがなかった・・・。お目当てのオールドモンク12年モノも何処に行ってもない。かなりしょんぼり。でも空港のすぐそばにある宮殿ホテルのショッピングアーケードを冷やかしに入ったら、インドのドメ革ブランドショップに新作のバッグが並んでて、うきょーっ♪と飛びつくも、ちょっと汚れてたので断念。デリーに戻って探すことに。空港のおみやげ屋でようやくおみやげらしいものを発見。マイソールの特産品と言えばサンダルウッド製品全般。特に有名なのはインド中どこでも買える、写真のマイソールサンダルウッド石鹸。うちの近所のスーパーでも当然買える。が、この円形タイプ、しかも3種類の匂いセットっちゅーのは売ってない!本場だし、買っとくか!ということで重たいのに買いました。いい匂い☆☆☆


b0100398_814951.jpgあ、忘れてたけど、デリーへ帰る日はバンガロールでちょこっと時間が出来たので、ショッピングモールへ行った。グルガオンにあるようなのと同じ類のモール。なんだけどさ、これが全然似て非なるものなのよ!!!!もーデリー&グルガオン市民が見に行ったらほんと驚くようなモールだった。まず人出がすごい。混雑振りは日曜のイトーヨーカドーの食品売り場並み。こりゃ歩けたもんじゃない。今回の旅のメンバーにはバンガロール在住のしきちさんもいたんだけど、彼女曰く「長蛇の列で入れない日がある」らしい。でも納得の混雑振り。それに引き換えグルガオンのモールなんて、たしかに週末は混むけど、たかが知れてる。せいぜい西友くらいの混雑だもん。


b0100398_8144151.jpgしかもバンガロールのモールは出店形態はグルガオンとももちろん同じで、テナントがずらっと入っているだけなんだけど、店構えやディスプレイ、品揃えが、どう贔屓目に見てもグルガオンと比較にならないくらい洗練されてる・・・。各ショップのかもし出す雰囲気が日本のららぽーとくらいのレベルなんだよねぇ、同じようなモールなのに、この差は何っ?!

さらに、客層もかなりグルガオンとは違うぜ。バンガロールのモールでひしめき合っているのは、大半が10代から20代半ばと思しきインド人で、もちろん肌の色は南インド人っぽい浅黒い人がほとんど。でもみんな若々しくて、きっとオシャレなオフィスで働いているに違いないと思わせる何かが・・・。あれー?グルガオンのモールって若い子もいるけど、印象としては家族連れでしかもデブッチョの40代が多いんだよなぁ。歩くスピードものろくて、なんだかモール全体がぱっとしない感じ。だけどバンガロールはとにかく活気があるんだよね。小売業をチェックしたい人はバンガロールに行った方がいいかも。きっとムンバイはもっと買い物が楽しいんだろうナァ。あぁ、買い物ツアーに行きたい。それとグルガオンのモールがかなり良い比較対照になる気がするから、こっちにも来て欲しいけど・・・来てもがっかりするかも。まぁ、この違いって、住んでる人にしか気づかない程度なのかもしれないけど、私たちはかなり驚いたのは確か。


b0100398_8151545.jpgそういえば、電化製品も、色々なメーカーのテレビや家電あれこれが、ひとつの店で売られていて、しかもフロアごとに陳列している商品が違って、メーカーが入り乱れて展示されているという珍しいものもようやくこの目で見ることが出来た。ムンバイにはあると聞いてたけど、とにかくデリー近郊では、いまだにほとんどがオンリーショップなので、いまいちピンと来てなかったんだよね。すごいわーバンガロール恐るべしだわね。で、小腹対策にKFCでかぶりつき☆ほひしかったはぁ~♪



じゃ、ハンピ旅行へ行きますかぁ。
[PR]
by naoming77 | 2006-11-16 03:11 | インド国内旅行
絶対行くべき!リシュケシュ
b0100398_1212756.jpg

ウッタランチャル州リシュケシュ行きましたよー。
ハリドワールとセットで1泊2日。
もぅ、ここはインドイチ綺麗っす!!
もしインドに来て、まずここに旅行に来ていたら
インドっていう国はなんて素晴らしいところなんだ!
と激しく勘違いするに違いなーい
ってくらい綺麗です。インドなのにゴミも少ないし。



b0100398_10522538.jpgハリドワールからリシュケシュについたのが18時前くらい。インドも冬っぽくなってきたので、この時間で既に夕陽がかたむいている。

部屋に荷物を置いて、トリヴェニ・ガート Triveni Ghatまで夜のお祈り『アールティー』を見学に行った。ホテルから近いから歩いていけるかな~と思ったけど、車で行ってみたら実際は2kmくらい軽くあって、車できてよかった・・・歩いてきてたら、途中で引き換えてしてるわ。

明日の夜が満月ってこともあってか、人が多い。
でも多分、いつでもこれくらいいるんだろうなー。と何故か思う。
川の側にいてもぜんぜん臭くないなんて・・・。それどころか夜でも
川が輝いて見えるわぁ。ここはインドなのかしらん?
この辺にひしめいているのは間違いなくインド人だけど。
明日の朝、ガンジス川見るの超楽しみだなー。
どれほど綺麗なのか期待しちゃうよォ~。



b0100398_7252581.jpgガート付近は公園みたいになっていて、牛がやたらいる。お月さんはほぼ丸、明日が満月だからねぇ。背後の一見イタリア人みたいな彫像は、れっきとしたインド人・・・というか神様だから人じゃないのか。手前のオンナノコは川にささげるお供え物を売っている子。



b0100398_11503859.jpgホテルの部屋になぜかジャガンナート神(クリシュナ神の化身のひとつ)。右の黒いのね。これ、3兄弟なの。そういえばホテルの近くにジャガンナートの施設っぽいのがあったな。イスコンって書いてあったような気がする。確か鉄の門扉にジャガンナートの顔がかたどってあって、すごくかわいかった(←神様に対してかわいいっちゅーのもナンだが)。



b0100398_1221192.jpgホテルで夕飯をたべる。味は普通だ。しかしハリドワールもリシュケシュも酒が飲めん。デザートを頼む。ヌードルアイスってナンだ?


注文してみた。
(私ではない、私は堅実にコーラフロートを注文)

なにやら、向こうのほうでコックが登場!

そして、、、相談している!!!

もしかしてはじめて作るのか?!?!

じゃあなぜにメニューに載っておるのだ?!?!


b0100398_12312479.jpg


これかー。

ヒィィィィー

ま、まずい

アルデンテの茹で麺が・・・

やきそば風の麺が・・・

イチゴ味のシロップとともに

どろろ~ん


私のコーラフロートも異様なアワ立ちなんだけど。

コーヒーフロートが一番マトモだね。





あ・さ

b0100398_11534963.jpg

ワー!
リ・シュ・ケ・シュ・の・朝♪
さわやかーん♪
やっぱデリーよりはひんやりしてる?
でも、あんまりかわらないような気も。

今日の予定はホテルの側のシヴァナンダ・ジューラー橋(川下)から
ラクシュマン・ジューラー橋(川上)まで約2kmのお散歩。



b0100398_11545338.jpg
ツムラ日本の名湯みたいだわー!


b0100398_255161.jpg

ふと遊歩道から川のほうへ視線を落とすと・・・
ウワー なんて綺麗な川原。降りてみようか・・・
ヴェッ・・・あれは・・・あれが噂に聞くサードゥーという人ですか!
最初に視線を送ったときには確かに服着てたけど、
次の瞬間、脱ぎ脱ぎっ!

脱いだ服は弟子らしき男がうけとり、
瞑想にぴったりな一枚岩の上に登り、服をしく。
そのままサードゥは上に登るのかと思いきや、、、
どうもその場所がおきに召さないのか、首を横にフリ中止。

うーむ、それにしても、年はけっこういってそうな白髪姿なのに
お尻があんまり垂れてないのは何故!



b0100398_2583881.jpg

もすこし歩くと、今度は風呂浴びてる人達。
ぼーっと見ていたら、オーイって手を振ってきたので、ついでに写真も。



b0100398_2595024.jpg

も少し歩くと、こんどは、買い物魂に火のついた婦女子。
ネックレスがどれでも1ルピー!



b0100398_2495855.jpg

橋の上はバイクも通行できるのねー。
すれ違い大変そうだけど。



b0100398_313437.jpg

一番上の写真、ラクシュマン・ジューラー橋の上にある喫茶店からの眺めですが、
そこでのご飯、なかなか美味しかったよ、何故?!
夕べの恐ろしいヌードルアイスとはえらい違いだわ。
パスタのソースとチーズがおいしかったわん♪



本日最後の予定は、ニールカンタマハデーブという寺にいくこと。シバ神の寺。
ロンプラにラクシュマン・ジューラー橋から17kmって書いてあるから、
てっきりその通りだと思ったら、その道はタクシーとか旅行業者の車のみ通行可で、
一般車はぐるーーーーっと迂回して対岸の山道を約30kmも行かねばならんことが発覚。
おかげで1.5時間かかって、ようやく寺の側まで行った。
途中、ラフティングの基地らしきものも発見。

b0100398_4592555.jpg



寺のすぐ近くまでくると、車2台がやっとすれ違える程度の道で、
しかも激込み。なんでこんなにこんでるのーっ。

で、あまりにも進まないので、運ちゃんが降りて様子を見に行き、
そこでもう徒歩じゃないと行けないという判断。
ちょうどお土産屋の列がはじまるあたりだった。

とことこ歩くと1分もしないうちに、なにやら行き詰った。
人と車で道がふさがってる。白いアンバサダーと黒いRV車が
狭い道ですれ違えなかったみたいで、黒の車が山側にぐいんって乗り上げてて・・・

b0100398_5251560.jpg


な、なんか。。。

モメテル・・・・・

危険な香り~

ぼーっと様子を見ていると、突如、暴動状態に。
おそらく当事者はふたりなんだけど、寺がわで道がふさがれてしまった人々も加担して、
さらにどうでもいい徒歩客(タクシーで来た人達)までもが加勢してる???


うぉぉぉー!カマ登場!釜じゃないよ、鎌だよ!しかも遠目に見ても切れ味悪そう。

人の頭上めがけて鎌を振りかざし、、、

フリオロシターッ

ニゲロー!!!

こうなったら見てる場合じゃない。とにかくその場から静かにすばやく立ち去る・・・

危ないっすよ、たまにこういうことありますよ、インド。
インド人って大して怒って無くてもカッとなりやすいの???
どうなのよ、そのへん。


とにかく、わたしたち、寺院にいけませんでした。笑
でもテブラで帰るのもナンなので、みやげやで寺の名前入り
シバ神の盾を購入。

b0100398_5234787.jpg


もしタイミングが悪くて、せき止められた車の向こう側にいたら
一体いつデリーに帰ってこれたのか分かりません。
しかも山道はライトもなく、ガードレールもなく、
日が落ちたら車も谷に落ちそうな危険度で、絶対通りたく無し。

ほんとは動画をYouTubeにアップしたかったんだけど、
思いっきり自分たちの声が入っちゃってて恥ずかしすぎるので止め・・・。

往復3時間の山道ドライブを経て、再びリシュケシュの街の入口付近へ。
17:30頃、いよいよデリーへ向けて帰るんだけど、なにやらすんごい渋滞で、
結局グルガオンの家についたのは夜中の2時。

でも、楽しかったわ!
リシュケシュはまた行きたいランキング1位かも。


あ、そういえば、ニールカントマハデーブからリシュケシュのふもとまで戻る道中
トイレに行きたくなったので、その辺でいたしたのですが、
その辺に、ぞうさんの落し物がたくさんありました。巨大でした。
思わず写真をココにアップしそうになりましたが、珍しく躊躇しました。
へへへ
[PR]
by naoming77 | 2006-11-06 23:30 | インド国内旅行
念願のハリドワール!
ついに!念願のウッタランチャル州ハリドワール&リシュケシュに行ってきたぞー!
かなりハイテンションで満喫してきた、ひさびさの泊まり旅行だわっ。
と思ってたら、なんのことない、9月はレーに行ってるし、
10月のディワリ休みはブータンまでいってんじゃん、旅行三昧だよ私。。。
でも、ハリドワールとリシュケシュはインドに来た時から、
ものすんごく行きたかったんだよねぇ。近いがゆえに未踏の地だったの☆


インドに来て、約1年8ヶ月、ついに念願の地へ~。はぅ~ん・・・

土日を使った1泊2日、デリー発着マイカー旅行。
気の合う友達と4人でコンパクトに行って来たでやんす。
今回は私の車HONDA CITYはやめて、友人のトヨタクオリスで。
だって・・・私の現在の運転手、めっちゃ体が大きくて後部座席が恐ろしく狭小なんです。
いくら3人乗りでも、運転手の後ろはしんどいので。
それと田舎道=悪路の場合、セダンよりも車高の高いクオリスの方が断然ラクチン。



ウッタランチャル州 Uttaranchal

州が制定されたのは2000年11月9日、最近の話なのね。
実はインドの州って、新しいものも多いみたい。今まで全然気にしてなかったけど。
州都はデヘラー・ドゥーンDehra Dun。今回訪れたハリドワールから40kmほど北。

この州にはヒンドゥ教の神聖なる川がいくつか流れていて、
もちろん一番有名なのはガンジス川。
州の北の端にあるゴームクGaumukhが源で、
リシュケシュRishikeshやハリドワールHaridwarなどの巡礼地を通って、
バラナシへ流れている。

デリーやアグラも通っているヤムナー川Yamuna、
バギラティ川Bhagirathi(ガンジスの源流)、マンダキニMandakini、
アラクナンダ川Alaknandaの聖なる源であるチャール・ダームChar Dham
(四聖地という意味?)、これら全てがウッタランチャル州を通っていて、
すんごくありがたい土地みたい。



ハリドワールへの道のり

b0100398_6404042.jpgというわけで、私がこのたび訪れた土地は聖なるガンジス川が通るありがたいハリドワールとリシュケシュです。まずはデリー寄りにあるハリドワールから訪れて、その日の夜にはリシュケシュに移り、宿泊。写真の積載オーバー車の中身は・・・牛糞を円形に乾かした燃料・・・。すごい量だな・・・。


b0100398_15132523.jpgハリドワールまではデリーから車で約5-6時間。朝5:30にグルガオンを出発して、途中ドライブインで休憩しながら最初の寺院に着いたのは10:30頃だったかな。とりたてて渋滞もなく。


b0100398_6385066.jpg途中、牛の市場???もあったなぁ。ハリドワールとリシュケシュ付近のハイシーズンは10月から3月みたいだけど、寒い時期の方が川の水が澄んでいて綺麗みたい。特にモンスーン時期に行くと、山から土砂が流れてきて水が茶色になるらしく、よろしくないわねぇ。今回は息が止まりそうなほど綺麗なグリーンだったよーっ!!!しかもちょっと白濁してて、なんだか温泉みたい~♪と違う方向へ妄想は爆走。行く前に数年前のモンスーン時期に行ったという友達から「川、茶色いよ~と言われてたんだけど、フフフ・・・こちとら美しい川を拝んできたわー!といつになく自慢げ。というわけで時期は選んだほうがよさそうです。
 



ハリドワール観光

ハリドワールでは寺ばっかり4箇所立ち寄り。
1>ダクシャ・マハーデーブ寺院 Daksha Mahadev Temple
2>パレシュワル・マハデーブ寺院 Pareshwar Mahadev Temple
3>マンサ・デーヴィー寺院 Mansa Devi Temple
4>ハル・キ・パイリー Har-ki-Pairi

以下、順を追っていくわはぁ~ん♪


1>ダクシャ・マハーデーブ寺院 Daksha Mahadev Temple

b0100398_6451312.jpg別名シュリー・ダケスワル Shri Dakheswar。ハリドワールの街の中心から約2kmデリー寄り。デリーから行くには、ハリドワールに向かう道NH58をどんどこ北上して、ハリドワールの市外につくか着かないかくらいで右折(左手に結構大き目の看板が出てた)。ガンガーの支流を越えてちょっと行くとある。この辺りはカンカル地区 Khankalというらしい。


b0100398_6435776.jpgシヴァ神の最初の妻(何人いたの?)サティーの父ダクシャがここで犠牲祭り(なんじゃそりゃ?!)を行ったため、サティーが父親に講義して、火の中に投身自殺したといういわれがある。こえーっ!!!


b0100398_6421433.jpgここ、最初に訪れるには期待以上の面白い場所だったよ~。もぅ、ハリドワール最高!寺院の入口に大きなシヴァ神らしき男とお姫様抱っこされている女性(これがサティーなのかな?)の像。


b0100398_6473917.jpg門を背後からみたところ。ライオンが2匹。カッチョエー。中は4つくらいの寺院コンプレックスになっている。エンジョイ プレイ?


b0100398_6491613.jpgでも一番良かったのは、寺の奥にガンジス川の細い支流が流れてて、その水量と綺麗さに驚いたさ。なんたって、デリーに住んでいたら目にする機会があるのは恐ろしく汚いヤムナー川くらいで。それに比べたらなんと美しいのーっ。澄んでるよ~。


b0100398_652225.jpgウキョーっ。みんな沐浴してるわ。でも、水流がすごく速くて、アッサリ流されそうなんですけど・・・。一応は鉄のチェーンが張ってあるけど、軽く恐怖。かなり水温が低いのに、みんなザブンザブン入ってるよ。女性が着替える為のスペースもあって、それが大して目隠しにもなってないんだけど、みんな器用に着替えるんだよね。でも、見た目80~90歳代の老婦人は、イジワルばーさん並の胸をうっかりポロってたわ!きゃー見えてるぅー。

でも、水をみると入りたくなるのが人の性ってもんで、さっさと靴を脱いでボチャ。沐浴場は階段状になってるんだけど、今時期は水量が多いから、階段はほぼ全部隠れてる。ほんの2段ほど降りてみたら、水がひやーっと冷たくって、カーッ久しぶりこの感じ!!と感激ひとしお。

そうこうしていると、勝手にそこにいた僧侶??がアナタのためにとかいいながらお祈りを始めて、最後はちゃっかり寄付をくれといわれました。しかもひとりRs100だったか、それくらいを言い渡され、そんなもん払うかいっと言いつつ、川がとっても気持ちよかったので、ちょびっとだけ渡しました。こういう人、お寺に必ずいて、頼みもしないのに、勝手に人の頭に手かざして祈り始めるんだよね~。



2>パレシュワル・マハデーブ寺院 Pareshwar Mahadev Temple

b0100398_6543969.jpgこの寺院、1の場所からハリドワール方面に走ってすぐのところにあって、最初はあっさり行き過ぎたんだけど、街の人に道を聞きながら戻りました。ほんと、近かったわ。


b0100398_6532193.jpgここには水銀でできたリンガがあるということで。リンガというのはヒンドゥー教シヴァ派の崇拝対象で、ブツはシヴァ様の男根っす・・・。インドだけかと思いきや、ブータンでも魔よけとして使われてたし、イタリアはナポリの近くにあるポンペイ遺跡の中の一番裕福な家の壁にも「権力の象徴」として描かれてたな・・・。それにしても水銀って、液体なんじゃ。ガラスのケースに水銀が入ってるのかとワクワク。


b0100398_6551180.jpg実際はなんのことない、銀色の塊だった。どこが水銀なんだろう・・・中に密かに収められているのかな。それにしてもインド人、かなり熱心にお参りしてるなぁ。ハリドワールはヒンドゥ教の聖地だから、余計に熱心にお参りしているように見える。そういえば、サリーを着たごっつい可愛いオネイチャンが祈りをささげてたけど、とっても絵になってたな。


b0100398_6561753.jpg寺院の入口付近で売られているお供え用の花、すごく綺麗。気候が穏やかになると、インドは花のシーズンがはじまるんだよねー。




3>マンサ・デーヴィー寺院 Mansa Devi Temple

b0100398_657970.jpgインドでロープウェーに乗る機会があるとは☆ここはシヴァ妃がシャクティ・デーヴィの姿で祀られているそうだ・・・かなり宗教に無関心なので、シャクティ・デーヴィが何なのかは深く追求せず・・・。


b0100398_6573327.jpgロープウェーのチケット売り場まではみやげ物屋・・・かと思いきや、プラサードというシヴァ妃へのお供え物が売られていた。店を眺めて立ち止まっていたら、突如ドッカンと大きな音が頭上でしたので、何事かと思いきや、すんごい低い高架があって、電車がはしってるーっ!全然きづかなかった・・・それにしても近い。


b0100398_658225.jpgチケット売り場は例によって押し合いへし合いで、真面目に並んでいても、当たり前に強欲ババア達が割り込んでくる。ほんと、当たり前のことのように割り込むから、お互いヒジテツ食らわせながらの攻防戦なんだってば!!!ほんの10人程度しか並んでなくても、何故か割り込んでくるんだから、インド人ってば!!!ムキー。それにしてもおかしいのは、看板にヒンディ語で「姫神様の乗り物」といった意味合いの名前「ウーラン カトーリー」とヒンディで書かれている。どうもゴンドラのことを勝手にそのように命名しているっぽい。例えばかぐや姫とかが乗って行ってしまう、お空へ帰る乗り物のことを指す言葉らしいが、神様にしか使わない言葉なので、間違ってもロープウェーは使わず、普通はそのままロープウェーと呼ぶそうだ。


b0100398_701394.jpgそいえば、このチケット売り場、常時激込みなのか、誘導係りの兄さんがいました。でもほとんど英語が話せず、全然復習をしないので停滞の一途をたどっている我輩の片言ヒンディ語ですら、役にたっただす!!感激~。こういうちょっとしたときのために習ってるようなもんだ。(授業料と見合ってない成長度であることには触れず)


b0100398_13434711.jpgついにインドのロープウェーに乗るのね♪乗り場がわからなくて、うっかり徒歩用の急階段を登り始めたら、階段脇でプラサードを売っていた10歳くらいのかわいらしい女の子が「ここは徒歩用の道だよー」と追いかけてきてくれた。やっぱり・・・助かったわ、なんかヘンだと思った。申し訳ないがプラサードはいらなかったので買ってあげなかったけど、ロープウェー乗り場が、徒歩用階段のすぐ脇にあったのが分かった時、自分の目を疑った。


b0100398_14161239.jpgインド国内にあるロープウェーに関する情報があったんだけど、どうやら10個のロープウェーがあるらしい。この並び、できた順なのかなんなのか不明。長さ順でも州別でも料金別でもなさそう。このロープウェーはUsha Berco Ltdの運営で、長さ576m、料金はRs48。

が、日本でこんなの見たことないっ!という表記発見。それは100Mtrあたりの料金!爆笑。さすがケチケチインド人というか・・・。それをわざわざ割り出した挙句、看板の一番下に『このマンサデヴィロープウェーの料金は、国内のどのロープウェイよりも長さあたりの料金が安いです。』・・・。そうですかー。面白いので、ちょっと書き出してみよ。

ロープウェーの名前
社名/長さ/料金/Rs/100Mtrs.

1.MUSSORIE(UTTARANCHAL)
  MUSSOURIE NAGAR PALIKA/275m/Rs52/18.91
2.AMBAJI(GUJARAT)
  USHA BERCO LTD./363m/Rs62/17.07
3.NAINADEVI(H.P.)
  DAMODRA ROPEWAYS P LTD./500m/Rs55/11.00
4.MANSA DEVI(HARDWAR)ココの。
  USHA BERCO LTD./576m/Rs48/8.33
5.NAINITAL(UTTARANCHAL)
  KUMAON MANDAL VIKAS NIGAM LTD./600m/Rs70/11.67
6.RAIGADH(MAHARASHTRA)
  MAHARASHTRA TOURISM/760m/Rs120/15.79
7.PAWAGADH(GUJARAT)
  USHA BERCO LTD./763m/Rs70/9.17
8.CHANDI DEVI(HARDWAL)マンサデヴィの向かい側の山にある寺
  USHA BERCO LTD./767m/Rs70/9.13
9.AULI-1(CHAIR LIFT)(UTTARANCHAL)
  GARHWAL MANDAL VIKAS NIGAM LTD./800m/Rs100/12.5
10.AULI-2(UTTARANCHAL)
  GARHWAL MANDAL VIKAS NIGAM LTD./3950m/Rs200(NORMAL)/5.00
  ただし(MAY-JUNE)はRs300なので、単価が7.59

あれ・・・?単価が一番安いのって10番じゃん・・・。だけどLOWESTってハッキリ書いてるよね。ま、インドですから。ちなみに10番のNORMAL時期の単価は正確にはRs5.06です。10番のロープウェー乗ってみたいナァ。ものすごい長さだよねぇ。

でもいまひとつピンとこないので、ググってみたら・・・ハッ!すごい事実が。新穂高ロープウエイの長さ3200mは東洋一のロープウエイといわれているらしいぞ。そして「谷川岳のロープウエイは長さ2100mでかつての東洋一、現在では2100mの距離をわずか10分で移動、秒速4mは速さ東洋一だそうです」以上、こちらのホームページから情報を引用しました。でもー!穂高行ったことないので、これまたピンときません!!しかもインドって東洋じゃないよね???

じゃあ、知っているところで北信州 木島平スキー場は・・・リフトしかない~。群馬のサエラリゾート・・・リフトのみ。よし、ここなら。HAKUBA47だ!ゴンドラが1456mか・・・ペアリフトで5898m。ふーん。ピラタス蓼科のロープウェイは2147m、クワッドリフトが1000m。なるほどーようやくわかってきた。夏のダウンヒルでよく行った富士見パノラマはゴンドラが2489m。なるほどー!ピンときましたよ!やっぱり10番のロープウェイはかなり長いです(そんな結論かよ!)。検索にはスキー場サイトNAGANO SNOWLOVE.NETを利用。



b0100398_1563771.jpgありっ?意外と普通だ。日本のとなんら変わらず。でもインド製だと思うだけでドキドキ倍増。見た目はしっかりしてそうだよね。ほこりかぶってる雰囲気もないし。


b0100398_13441568.jpgむきゃーー。ロープウェーからの景色、ちょっと霞んでるけど、上空から見てると、汚い物は何にも見えないから全然インドっぽくなーい。さすがヒンドゥ教の聖地。うつくすぃー。こんな素敵な場所、インドにあったのねぇ。スガスガしいわ。


b0100398_1582032.jpg山の上の寺で、、、ハッ!君の名は・・・Bharatではないかっ。何をしておるのだ、こんなところで!もしやインド人化計画100%完了?!それで行き着く先がココなのっ?!あまりにも似過ぎてるから、とりあえず話しかけてみた「なにしてんの・・・?」 特に返答なし。いやーそれにしても本当に似てるわ、彼のことを知っている人が見たら100%疑いの余地無し。世界に3人しかいない自分のそっくりさんのうち、ひとりがこの人だとすると・・・微妙だわね。



川まで散歩

b0100398_1511498.jpgふもとまで降りて、サイクルリキシャーでちょっと離れた駐車場へ戻る。駐車場からは歩いて川岸まで散歩。商店街の細い道をいくと、すぐに川岸へ。ふわーっ、これまたすごい水量。なみなみタプタプ。泳ぎたいよぅ。この水の感じとか、流れの速さ、小学生のときに住んでた岐阜市の長良川を思い出すわぁ。夏には川で泳いだの。綺麗な川で、川の中で目を開けると鮎がたくさん泳いでいるのが見えたの・・・ド田舎でほんっと何にもない街だったけど、綺麗な川を見ると思い出すわねぇ。遠い目。



4>ハル・キ・パイリー Har-ki-Pairi

b0100398_15122258.jpgガンジス川が山地を去ってインドの平野部へと流れ出る、まさにその場所がここだそうだ。確かにこのあとリシュケシュへ行ったら、リシュケシュは山間で、ハリドワールは平野って感じだったな。ハル・キ・パイリーには「神の足跡」という意味があるらしい。というわけで、ここで沐浴して罪を洗い流す効果は最強(って、ロンプラ、書きすぎじゃ・・・)らしいのだが、ここにヴィシュヌ神の足跡があって、最強のゆえんはそこから来ているらしい。



b0100398_15114546.jpg実は私はその足跡までは行っておらず、ちょっと離れたところにあるシヴァ神の像のところから、夕陽を背に輝くガンジス川とその場所を眺めたのよ。


むーん♪


かなり駆け足だったけど、期待以上にすがすがしいハリドワールを後にして、本日の宿があるリシュケシュへ向かうわ~♪
[PR]
by naoming77 | 2006-11-04 23:09 | インド国内旅行
ジャイプール、アノーキー博物館とお買い物ツアー!
b0100398_6104581.jpg11月になってしまった!なんて早い一年なんだー。月初めの火曜日です(日記は既に2日に日付かわってますが)。ジャイプール観光はこれで確か3回目の私ですが、今回はグルガオン妻3人で、今までと趣向を変えてアノーキー博物館の見学をメインにジャイプールを訪れました。マイカーで行ったので、またしてもうちの運転手で超ガタイのいいアイピーさんは一番優雅に席を陣取り、運転席後部はめちゃんこ狭いです・・・。そこはいつ何時もジャージで登場のミセス・リラックス・ヨーコに任せて、私は道案内役として助手席へイン。更に今回は布フェチ・ヒロコを特別解説に迎えて、別名、女3人浪費の旅。


b0100398_5474674.jpgジャイプール方面へ行くときは、恒例の朝マック・・・でもメニューは24時間同じなの。涙
先日ヨーコとアルワールへ行った時はマックチキンバーガーを食べ損ねたから、今日こそは!で、おいしかったわよ。

ラージャスタン州ジャイプールへの高速道路は、デリーとアグラ間よりも程度がよくて快適。だいたい片道4時間はかかるが、やっぱりトイレはないので、万が一トイレに行きたい場合は野原で。そういう時、どういった場所でしなければならないのか・・・それは別立てトピックスで紹介しますので、このリンクからどうぞ →→→ 世界のトイレ Let’s 野原

ところで今日の行程

1>アノーキー博物館
2>アノーキー本店でお買い物
3>RATANでお買い物
4>Blue Pottery(というジャンルの陶器)の店「Neerja」でお買い物

以上の4つをクリアするとグルガオンの我が家へ帰れます。



最初の目的地、博物館へのみちのり

b0100398_13413431.jpg博物館のHPにも地図載ってます・・・ひらたく言うとこの画像、拝借してきたのですが、配布しているパンフレットにも掲載しているので、スキャンしたと思えば・・・いいわよね。ジャイプール観光の目玉アンベール城のすぐ側です。アンベール城に象ではなく車で上るとき、城の背後にたくさんのモスクや寺院がひしめく住宅街が目に入るのですが、その視界に入る端っこに博物館はあります。


b0100398_652513.jpgただ、そこにたどり着く道は例によって地味で、この写真に写っている看板(どれか分かる?)なんてデリー方面から来た時は逆に顔を向けていて目に留まらない・・・。アンベールフォーとまでうっかり進んでしまい、そのへんにいる人達に目印になりそうな名前を聞いて、Uターン。街の人の指示にしたがいノロノロ進むと、この看板が左手に見えます。つまり素直にデリー方面からの行きに探すと、アンベールフォートへ向かう分岐を入ってまもなく右手にこの交差点が見えるのです。水色の銀行の看板が目印になるかも。


b0100398_13234935.jpgこれだもん・・・しかも向きが・・・進行方向のアンベールフォート側を向いちゃってて・・・背中には何も印刷されていない看板なので発見できるはずもなく。


b0100398_15323382.jpgそして・・・到着したのだ、唐突に目の前にあわられた。そして写真を撮っていると、背後に大量のヤギがっ!!


b0100398_1533349.jpgわーっ。わーっ。人の目の前をお構いなしの隊列。


b0100398_15341562.jpgふーっ。やっと通り過ぎたと思ったら・・・・糞コロが大量に・・・え・・・このひとたち、歩きながら常にドロップしてるのかしら、それとも、私の前で一斉放出?!サービス良すぎ。


Aknokhi博物館

b0100398_14475995.jpgAknokhi(アノーキー)とは・・・インド国内で人気の高い、インド布地で作ったインド服や雑貨を売る店です。本店はラージャスタン州ジャイプール。デリーにはカーンマーケットに1店舗、サントゥッシティショッピングアーケードに1店舗。我が家のあるグルガオンにも1店舗ある。その他、ムンバイ、コルカタ、チェンナイにも支店があります。

アノーキーは海外輸出向けのブロックプリントを製造販売する会社として1970年創業。ブロックプリントはもっと昔からインドにあるものですが、輸出する会社はなかったようで、この業界のパイオニアです。ただし創業者はUKからインドへ来たFaith Hardyという女性で、テーラーと婚約して、その後、友人たちに服を作ってあげたところから始まったらしいので、ヨーロピアンテイストがたっぷりのデザインな理由はこんなところにあったわけですね。

なんと最初の店舗はthe Rambagh Palaceの中に開いた小さいショップ。欧米人の客を相手に売った結果、イギリスへの出店や輸出業で成果をあげて会社が大きくなっていったのでしょうか…。

私が生まれた1977年、アノーキーは初めてテキスタイルデザイナーを採用した様子・・・なんで言い方が曖昧かというと、HPを読んでいるので私の英訳が間違っている可能性大!そのへんは多めに見て~個人のブログだし。で、そのデザイナーはグジャラート州アーメダバードにあるNID(National Institute of Design)出身。そういえばこの学校の名前、確かIITF(アイアイティーエフ)っていう年に一度の展示会でも見かけたな。木の椅子とか展示してた気がする。

※写真は博物館内のコレクションで、現在は販売していません。


伝統的なブロックプリント柄にコンテンポラリーなデザインを取り入れた衣類や雑貨は、特に欧米人の女性好み。実際に店頭ではインド人よりも欧米人が目立つ。日本人の顔と体型でアノーキーを着こなすのは少し難しくて、特にスカートやパンツ丈は思いっきり欧米人向けの長さ。日本人なら身長165cm、ガタイかなり良しの私でもSサイズ、たまにMサイズ。インド人好みなのか、はたまた欧米人もインド好きな人々はヒップハング好きが多いのか、腰周りのサイズがやたら大きくて、縄文人は骨格ちがうんですけどーっ、って今までに何着も購入を諦めてきた。くわえて言うなら、アノーキーはお値段もそこそこ張るせいか、柄がシックでともするとババ臭い。今はインドに住んでいるから気候にも合ってるし好んで着るけど、日本じゃ絶対着ないな。

b0100398_1412897.jpg衣類の他は、ベッドリネン、テーブルウェア、ポーチなどの雑貨、アクセサリーも豊富。アクセサリーは道具造りの技が生きた木彫りのバングルや、シルバー、インドっぽさ全開のデザインに半輝石を使ったピアスなんかが多いかな。この写真の、ネックレスよ!私がかけたらどこの村の村長かと思われるわよ!だって木彫りの花の上に象が2匹パオーン。さらにチェーンが髪の毛みたいに艶々シルクなの、写真の端っこのほうに写ってるでしょ!これ使うの難しいってば。



古い建物を改築して、生まれ変わった博物館。

b0100398_14111429.jpgこの博物館は2000年にUNESCOのAsia-Pacific Heritage Award for Cultural Heritage ConservationでExellent Projectとして表彰されています。この年は12地域から26の建造物のエントリーがあり、アノーキー博物館は賞金USD500,00と盾をもらったそうです。このアワードは始まったのが2000年なので、最初の年にさっそく賞をもらったことになりますね。


b0100398_14373447.jpg元々は今にも崩壊しそうな廃屋を再構築してよみがえらせその工程がパネルで何枚か飾ってありました。今、日本でも流行のリノベーションですね。博物館は3階建てで、実は屋上にバルコニーがあったようなのだが、うっかり上るのを忘れてた。と、いうのも、階段が建物の隅っこの壁に隠れるように配置されていて見つけにくいんで。ただ、セカンドフロアーの正面側にはバルコニーとコートヤードがあり、コートヤードにおいてあるベンチに寝転がると、ポカポカ陽気になったインドの気候が気持ちよくて寝そうに。というか朝の出発が早かったから眠いだけなのか。写真からみえる景色にアンベールフォートの後姿もしっかり入ってます。


b0100398_1431228.jpgジャイプールにも程近いシェカワティ地方にはハベリと呼ばれる小さな宮殿ホテルがたくさんありますが、もともとは18世紀から20世紀に建てられた地元の富豪の家で、その後は使わなくなり放置されていたものを家主が税金対策と資産保護の為に始めたものだそうです。何もしないでただ建物と土地を寝かせておくには高すぎる税金なんでしょうな。これらもリノベーションのひとつだと思います。写真はエントランスホールで、なんだか和の空気。

デリーとジャイプールを結ぶNH-8沿いから少し入ったところにあるニムラナフォート(NEEMRANA FORT-PALACE)というホテルもリノベーション。アノーキーとニムラナホテルズはパートナーシップを結んでいるそうで、ホテルの名刺が博物館やショップに置かれています。ホテルでアノーキーの商品を使っているのかと聞くと、実はそうでもないらしく、「そうだといいんだけど、全部が全部ではないと思うよ~」とは博物館のショップ店員の話。




展示内容

b0100398_1453739.jpg展示物は新しいものが多くて、古くても1970年代、創業時期を考えるとあたりまえよ!なんたって1970年創業なんだから。展示数もそれほど多くなくて…おなかいっぱいになる前に見終わるちょうどよい感じ。いちどに全ての布を展示できるスペースがあるわけではないので、当然アーカイブがあり、5日前までに予約すると見せてもらえるらしい。気になる人は博物館のHPを見てちょ。

本当は博物館に行く前にみっちり予習してから行きたかったんだけど、漫画を読むのに忙しくて適当にHPを見て出発してしまったの。やっぱり事前学習した方が見学はより有意義になったのかな~。ま、いいか。


b0100398_14541449.jpgブロックプリントを作る際に使う型は木彫りの手作りで、それを掘る職人も当然いる、手先器用だね~。染色には古くからある野菜を使った技法を取り入れているみたい。この判子、削ったばっかりのときは、若干荒さが残るみたいだけど、ガンガン押して使っていくうちに、ヘリが丸くなって、使い込まれるほどに良くなっていくみたいね。


b0100398_1459648.jpgこれと次の金型も職人の手作りで、平たい板をクイクイッとまげていってこの形にするの・・・道具は一応使うにしても、すごい技だ。

b0100398_14593172.jpg


b0100398_1565943.jpgセカンドフロアにはデモンストレーションコーナーがあって、職人がせっせとブロックプリントの実演をしてくれる。ものすごい視界に入る場所に募金箱を置く辺りは、思いっきりインド全開だよねぇ・・・。職人の技を見た後に、3人交代で実際に押してみた。なかなか面白かったけど、こりゃあ腰にきそうな仕事だ。


b0100398_15122749.jpgTシャツとスカーフを自分好みに作ることができるらしくて、その案内がセカンドフロア『だけ』に出てるから職人に「これやりたい」って言ったら「グランドフロアのショップで白いTシャツ買えるよ」って・・・オイ!ここからまた2階もあの幅のある疲れる階段を下りてショップまで行き、また上ってくるのか?!さすがインド・・・この辺の詰めの甘さがらしいわ。ショップには博物館到着後に買い漁ったおみやげを預けてあるから、取りに戻りがてらTシャツの件も聞いてみると、やっぱり上で自分で押して作るんだそうだ。でも判子に気に入るのがなさそうだったんですけど、展示してある判子はまさか使っちゃだめですよね・・・でも、今日は面倒なのでやめておきます。


この博物館、中に貼ってある展示物の書体とか、妙にかわいいんだよねぇ。
b0100398_15283021.jpgb0100398_15284222.jpg




ランチは宮殿ホテルで♪

これにてアノーキー博物館は終了。さて、昼ごはんを食べに行こう!チープなのでもいいんだけど、今日は宿泊予定がないから気楽な気分で宮殿ホテルを覗きに行こう!ということで私がまだ泊まった事のないラージ・ヴィラス(Raj Villas)に行きました。インドで最もお高いオベロイグループのホテルで、一泊最低USD350くらいします。ホテルの様子は別途書きますので、こちらをクリックしてください。


お買い物ツアー☆イエーイ

RATAN TEXTILES

Retail Showroom:
Papriwal Cottage, Ajmer Road, Jaipur-302006, INDIA
Phone: +91-141-2222526; Fax: +91-141-2223185

b0100398_16173327.jpgさ、ここから先はお買い物ツアーざんす。前回ジャイプールに来たときに泊まったジャイ・マハル・パレス(Jai Mahar Palace)。ホテルのエステで使っていたファブリックがかわいくって、
聞いたらホテルの裏の店だったの。RATANという名前の店。2度めのお買い物♪でも・・・今日はそんなに収穫なかったわ。この店の商品、なんか柄にバラつきがあるんだよね。たまにすっごくヒットする柄もあれば、なじゃこりゃ???ってのも多くて。その中から選りすぐってセール品ゲット。


でもね・・・この店になかなかたどり着けなくて・・・住所はもちろん持ってたんだけど、私の記憶が確かならばホテルのすぐ裏手にあるはずだったの。でも、探してもないのよ。町の人は外国人たちが買い物に行くような店には興味のないオジサンばっかりだから、住所や通りの名前を聞きながらたどり着いたら・・・・・・・・・   全然ホテルの裏じゃないじゃん!!!

はっ!!!!

そういえば前回この店に来たとき、ホテルのゲートを出て通りの角を曲がった瞬間に眠りに落ちて、次に目が覚めた時はもう店のゲートの前だった・・・。ねっ!ホテルの裏って勘違いしても仕方ないでしょ☆



次はBlue Potteryというジャンルの陶器の店「Neerja」

b0100398_17363870.jpgこのBlue Potteryというジャンル、ジャイプール特有のものらしくて、軽くて欠けやすい陶器なんだよね、私、瀬戸物まったく知識なし。なんて説明してよいのやら。軽石みたいに軽いの。でもご当地モノで、色使いが可愛くて、なんと言っても激安。当然、絵柄が繊細なものは高いけど。胸にずっしり抱えられるくらいの大きさの象で5000ルピーくらい。うーむ。買えない、というかいらないか・・・。


b0100398_19114451.jpgラーメンどんぶりにちょうどいいサイズの器があるので、今回はそれを買い足し。前回来たときは、これをどれくらい使うか謎だったので1個だけ買って帰った。そしたら軽くてサイズがちょうどいいので、思いのほかヘビーローテーションで、今回の追加とあいなりました。これで確か70ルピーとかなんだよね、150円くらいかな。絵柄がふざけてて、シックでもなければキュートとも違って・・・なんだか子供の落書きみたいなんだけど、さくらももこ系ではある気がする。だって、海なんてどこにも無い内陸なのに、魚柄ってどうなのよ?笑 当然、川魚か湖魚よね・・・。

店内は撮影禁止なので、写真がないんだけど、うちのファーストフロアくらいの広さの店内(って分からないか)にずらーっと置物、食器、壷、かさ盾、象、トイレタリーセット、セラミックジュエリー、ドアノブ(こっちの家具ってとってを付け替えられるのよ)、とか色々おいてある。



最後はアノーキー本店

b0100398_17144770.jpgアノーキー本店には、なんとカフェが併設されている!しかも、なんかオサレ~。こういう雰囲気、デリーでも見ないよねぇ。居心地がいいのってせいぜいFull Circleくらいかなぁ。どうもデリーのカフェはオシャレ度と清潔度と居心地のよさのバランスが取れてなくて、どこかしら今ひとつなんだよねぇ。あ、あった。イタリア大使館のカフェはなかなかいいわ。でもテラス席は椅子とテーブルが使いにくくて嫌。アノーキーカフェの店員はこのときは男の子ばっかりで、みんな笑顔がキュートよぉ。愛想もとってもよくって、でもしつこくない。欧米人の客が多いから、外人慣れしてる感じ。


b0100398_1715977.jpg今回は残念ながら19時前に店に到着して、閉店の19:30まで買い物してたので、カフェでお茶する時間はなく・・・。また来よう。しょんぼり。品揃えはデリーの店と同じで、広さが広い分ストックがあるというぐらいかな。そのおかげであんまり買い物魂に火がつかなくて済んだ。

でも本店らしく、店員の数は多かったよー。50代前半とおぼしき店員のおじさんに「君のバングルステキだねー♪」と声かけられたので、しばらくオシャベリ。このときは家の近所の小さい店で買った木のバングルしてたんだけど、確かにアノーキーの店員なら目にとめそうなデザインではあったな。しっかり値段も聞かれました。Rs.350と正直に申告。



無事お買い物ツアー終了☆ジャイプールのライトアップを堪能して帰宅

車が走りだし、SMSスタジアムの横を通り過ぎる瞬間、右手一角がまぶしいっ!ものすごい量のライトアップだ。正面に見えるのはVidhan Sabhaというビルらしい。何のビルなのかガイドブックにも、お買い物した店でもらったシティマップにも詳細がなくて、なんだか分からないが、オフィスビルであることには違いない。このあたりはピンクの壁に囲まれた旧市街とは反対側に位置していて、道路は広々、ラウンドアバウトがたくさん、あんまりインドっぽくない整然さ。でもデリーの官庁街とはマ逆のギラギラ電飾で、買い物疲れをふっとばして、めでたく岐路につきました。

b0100398_1739272.jpg

b0100398_17392397.jpg


ほぼグルガオンというところまで来たところで、先日アルワールへ行った帰りに寄ったRAO HOTELというダバに寄り、パラタを食べていたら家についたのは夜中の1時。タフじゃないと、やってられませんな~。はっはっは。

そういえばアノーキー博物館の周りは遺跡や寺院だらけなんだけど、それがきちんとマップになっていて、職員がくれました。その名もAmber Heritage Walk。全部歩いてまわると多分3時間くらいかかりそうだけど、マップには1時間でまわれるコースも提示されてて、面白そう。狭い路地のあちこちに合計16の見所があるの。ウキウキ・・・機会があったら見てみよう。
[PR]
by naoming77 | 2006-11-03 02:40 | インド国内旅行