タグ:トイレ ( 17 ) タグの人気記事
世界のトイレ  Let's 野原!
ラージャスタン州ジャイプール近郊

これこそがトイレの原型です。青空。
そういえばまだ青空トイレの紹介オンリーでは日記書いてなかったなと思って。

インド旅行は常にトイレ探しとの戦いである。
私なんて、一回目の一時帰国の時だったか、健康診断で
「膀胱炎ぎみです」と言われてショーック!!!

だって・・・車にトイレついてないじゃん。
道端だって、ステキなトイレスポットが必ずあるとは限らないし。

だから、こうして目を凝らしてブッシュをさがすの・・・
あ、今の季節はススキが人よりも巨大に育ってステキな目隠しになっているわ♪
b0100398_186382.jpg



反対側に目をやれば、高速道路を車がビュンビュン走ってるけど、ブーゲンビリアもド派手なピンクの花を咲かせている。みんな、気をとられるならそっちを見てね。私はススキの陰で・・・。

b0100398_181991.jpg



と、いう具合に、覚悟を決めてそのへんで用を足せる人でないと、インド国内旅行はムリです。だから本当は旅行にはばふっとした緩めのスカートで行きたいんだよねぇ。トイレしやすいから。なんたってスカートそのものが目隠しになるし。大体、ラージャスタン地方の女性のバフバフスカートはトイレを足しやすいように長くてたくさん広げられる生地になってると、聞いたことがあるぞ。ジーパンにTシャツじゃ、脱いだときお尻丸出しだよ!ダメダメそんなの。


みなさま、乙女の恥じらいは大切に!(オマエだよっって言わないで♪)


※写真はジャイプールへ行く道すがらの高速道路脇。
[PR]
by naoming77 | 2006-11-02 17:55 | 世界のトイレ
世界のトイレ NH-8沿いのダバ、RAO HOTEL
b0100398_21593816.jpgハリヤナ州ALWAR(アルワール)観光の帰り道、立ち寄ったNH-8沿いにあるダバ(食堂)。ホテルも併設されていて、ご飯がとってもおいしかった。

トイレは個室が女性専用で、その旨がヒンディ語で壁に書かれていた。男性はそのへんでしろということらしい。



b0100398_23305623.jpgそれにしても、和式と様式がひとつの個室にあるトイレって・・・ふたり同時に入れるけど、それもどうなんだか。それにふたついっぺんにどうぞ、といわれると、どっちを使おうか迷う。あえてこのように提示されると、やっぱり皮膚の接触がない=より衛生的な和式を選んでしまうのである。

[PR]
by naoming77 | 2006-10-13 23:35 | 世界のトイレ
世界のトイレ ALWAR HOTEL
<ラージャスタン州ディーグ>


ALWAR(アルワール)に行ったときに立ち寄った、ALWAR HOTELのトイレ。

b0100398_2133641.jpg



b0100398_23231460.jpg



なぜか、トイレの中にモナリザ。

b0100398_23232547.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-10-13 23:24 | 世界のトイレ
アウランガバード近辺でトイレ
マハラシュトラ州アウランガバードからエローラに行く途中で寄った、
かなーりさびれたレストラン(でもダバよりは大きい)でトイレ休憩。

が、トイレの表示がゲキアツ!

b0100398_3323982.jpg



そして、肝心のトイレは毎度の事ながら、汚い。

b0100398_3331158.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-04-29 03:34 | 世界のトイレ
世界のトイレ スリランカ、アヌラーダプラ
トイレ発見

アヌラーダプラの仏教遺跡で腹いっぱいになったところにトイレ発見。看板の文字はシンハラ語とタミル語の両方が書かれているみたい。

b0100398_5284747.jpg



インドと比べてばかりいても仕方ないんだけど、比べようじゃないか!だってこんなに綺麗だぞ、トイレの周りが!!ゴミが落ちてない!!!(って何度もくどいってか)

b0100398_52971.jpg



トイレの文字はシンハラ語!(間違ってたらごめん、そのときはタミル語だ)。カエルみたいな形の文字は他の看板とかから読み取った結果「S」にあたるのではないかと推測。マークはいたって普通でした。

b0100398_5292939.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-04-16 05:35 | 世界のトイレ
国内旅行(43) タミルナドゥ州 マドゥライ
早朝このマドゥライを出発して、スリランカとの国境付近まで行ったと思えば、また午後にはマドゥライに逆戻り。道の都合でそういう順番になった。マドゥライはミーナークシ寺院で有名。台形のけったいな形の彫刻がたくさん張り付いたゴープラムと呼ばれる門塔。

とりあえず。昼ごはんを食べようと、昨晩もご飯を食べたホテルへ。写真正面のホテルは私達が宿泊したホテルなんだけど、これがベジタリアンレストランしかないので、わざわざ隣のホテルにあるノンベジレストランへ出向いた。このへんは町の中心地でホテルが集まっているので10階建くらいの大きい建物も多い。

b0100398_15212758.jpg



レストランの屋上からミーナークシ寺院が見える。寺院周辺は建物が低いから余計にゴープラムが巨大に見えるぞー。

b0100398_152234.jpg



ティルマライ・ナーヤカ宮殿

何故か中庭に椅子が並べられていて、今も使われている様子。その割りに芝生はボサボサ。

b0100398_15222043.jpg



b0100398_15223833.jpg



b0100398_15224983.jpg




ミーナークシ寺院そばの有料トイレ。
トイレだけかと思いきや、風呂付。風呂といっても、温泉の浴場入口付近にありがちな流し用の水が入った巨大な浴槽のようなものがひとつあって、そこに水が溜まっているので、桶ですくって使うだけ。そのすぐならびにトイレが5こくらいある。利用料10ルピー。

男用 トイレマークがギャング風。

b0100398_1523723.jpg



女用 識字率が低いのか、気が向いたから張ったのか謎だが、女性ポスターがこんなに。トイレマークの女性が笑顔でがんばっている割に霞んでいる。

b0100398_15231925.jpg



男用と女用は完全に別の建物になっていて、2mほど離れて建っている。

b0100398_15233290.jpg




ミーナークシ寺院

入ってすぐはおみやげ屋が並ぶ。赤系の色の長いものは大抵は紐とか首にかけるもので、お祈りに使ったりする。その他のおみやげは色々で、カゴ、ボールペン、ステッカー、お香とか、他の観光地よりは商売っ気があった。

b0100398_15235333.jpg



うわぉ。奇想天外なポーズ。真ん中のおっさん、しぇーってやってる。女の人も微妙に腰が入った人が多いし、よく見りゃ顔が3つある人とか。楽しすぎる~。

b0100398_1524858.jpg



真ん中のひげおやじがいとおしそうにスリスリしてるのはヒンドゥ教のシンボル、リンガ!!スリスリ~。目線がちょっと遠いのも気になるよね~。

b0100398_1524308.jpg



じゃじゃ~ん

b0100398_15244246.jpg



街中。男性はズボンではなく巻き布姿が圧倒的に多い。サロンと呼ばれる布で、2mと4mの2種類売ってた気がする。長く巻いてる人もいれば、写真みたいにミニスカに巻いてる人も。マドゥライって大都市だと思ってたんだけど、暑さ+湿度のせいか、かなりゆる~い感じの街だった。

b0100398_15245663.jpg




話は戻って、マドゥライに到着する晩、道沿いのダバで食べたご飯。レストランなんてありゃしないので、走っていて見つけた屋台みたいな店(つまりダバと呼ばれるもの)で食べる。トラック運転手とかが食事する場所。大きいダバだとファミリーとか団体旅行客も見かけるけど、この旅行中に利用したダバはどこもこじんまりとしたものだった。

めっちゃーうまかった!!!!!4人前で30ルピーもしなかったと思うけど。全体的にヨーグルトが効いた味だったと思う。チャパティーなんて、ちぎろうとひっぱるとビヨーンって伸びる程もっちもちで、こんなの北インドで食べたこと無い!どうやって作るのだ。ヨーグルトの分量が決め手なんだろうか・・・。

b0100398_15251125.jpg



作っている様子からしておいしそうだよな~。それに北インドと違って、そこはかとなく清潔感がある。かなり気のせいだと思うけど。

b0100398_15253097.jpg



ドーサとカレー。カレーのほかにココナッツのソースとか辛いソースとか4種類くらいあって、バケツみたいな入れ物からすくってバナナの葉っぱの上に置いてくれる。うがー!!うーまーいー。

b0100398_15254552.jpg



ウッタパム。具はたまねぎだけ。これも酸味が効いてておいしいのー!酸味があるっていっても決してくさってるわけじゃないです~。

b0100398_15255822.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-03-25 15:18 | インド国内旅行
オリッサ州ブバネシュワルでトイレ
オリッサ州ブバネシュワルに旅したときに利用したトイレです。ラージャラーニ寺院の裏手にあります。寺院そのものはとっても美しい彫刻で囲まれていて、さらに寺院の敷地は妙に綺麗に整えられた庭園です。しかし…トイレはぼろかった…。

ラージャラーニ寺院(Rajarani Mandir)
b0100398_18555554.jpg
b0100398_1856915.jpg
b0100398_18562151.jpg


あまりにも暗くてこ汚かったので、中の写真は撮っていませんが、まぁ、ご想像にお任せします。男女一緒で男性用2個、個室2個。当然扉は閉まらず。足元付近についている蛇口から常にチョボチョボと水が出ているので、水がはねて足にかかります。床が汚いのでちょっと嫌。それよりも、トイレ付近は蚊が多くて、あっちゅうまに3箇所くらい咬まれます。ガイドのインド人は全然咬まれないのにぃ~。
[PR]
by naoming77 | 2006-02-21 18:51 | 世界のトイレ
世界のトイレ(10) ハリヤナ州クルクシェートラ
ハリヤナ州クルクシェートラに行った時にみつけた、クリシュナ博物館にあるトイレ。
なんの変哲もない普通のおんボロトイレだった。

b0100398_17362723.jpg



もはや、この程度では取り立てて驚くべきポイントもない。しいてあげれば、ヨシオ君がヌォォォーって出てきそうで怖いトイレだった。薬瓶が転がっている意味が分からないし…恐怖。

b0100398_1736561.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-02-11 17:21 | 世界のトイレ
世界のトイレ(9) NH1沿いのダバ
私が住んでいるハリヤナ州にあるパニパットとクルクシェートラという街への道中のトイレ。
ナショナルハイウェイ1号線(NH1)下り車線のダバにあった。
数も多くて手を洗う洗面台まで完備。でもトイレットペーパーは当然ない。

b0100398_1744199.jpg


b0100398_17442969.jpg



下写真の壁に汚く降りかかる赤いブツは、噛みタバコらしい。
町のいたるところで小さなスタンドがあり買えるので、
くっちゃらくっちゃら噛んでは、その辺にペペペーッと吐き捨てられる。

b0100398_17451226.jpg


b0100398_17454040.jpg


このダバはパニパットよりデリー寄りにあって、この辺りはアチャールというインド版の漬物が特産品だそうだ。ダバの一角にもアチャールメーカーが店舗を出していた。すごく味が濃いから私は食べない。日本の漬物ですらうす塩じゃないと食べられないのに、こりゃ無理だ。

b0100398_1746735.jpg


[PR]
by naoming77 | 2006-02-10 17:40 | 世界のトイレ
世界のトイレ(8) これは凄ぇ、カーテン一枚NH2沿い
ウッタルプラデーシュ州マトゥラーという町とヴリンダーバンという町へ行った。デリーから南へ国道2号線(NH2)を走ること2時間・約140km。タージ・マハルで有名なアグラという町は、ここから更に約60km先にある。町の詳細は別途書くとして、道中に立ち寄ったトイレを。今回のはすごい。ナオミの人生で野ション&野便を例外とすれば、最もエキサイティングトイレット。このトイレは道路沿いに点在するダバと呼ばれる食堂のもの。ダバの規模も大小あり、トレイの質も様々だが、ここまでプレーンなものは初体験。

b0100398_1812817.jpg


とりあえず分かりにくい、というか一瞬の躊躇をもって信じ難いが、左側の白い箱がトイレ。朝7時頃だったろうか、まだ辺りには朝もやが立ち込めている。壁についている4つの穴は小窓・・・。建物の高さは2mくらいかな。

b0100398_1814813.jpg


トイレの入口では布切れ一枚がヒラヒラと風に揺れていた。恐る恐る開けてみると、誰も居ない。が、そう遠くない昔に誰かが使った気配を感じる。

b0100398_182578.jpg


こ・・・この使用済み感のある写真は、もしや放送禁止か…個人のブログなら何でもアップしていいというもんでもなかろうに・・・。しかし、もう誰が使っていようと関係ないのだ。とりあえず私は用を足したいので、左右に置かれたレンガに足を乗せ、しゃがむ。床は多少の傾斜がついていて、液体は確実に流れていくが、ブツはどうするのか全く謎だ。おそらくブツの時はこのトイレではなく、その辺の野原で致すのだと予測。インド人はまったく紙を使わないのかと思いきや、意外と使う人もいるようで、ここ以外のダバのトイレでも写真をご覧になって分かるように、片隅に使用済みティッシュが捨ててあったりする。ここは一個しか捨ててなかったが、どっちゃり溜まっていたりすると、結構な異臭を放って臭い。ま、トイレだから当然なんだけど。

扉は布切れなので、当然風でヒラヒラしたりするのだが、まぁ程よく開放感があって気持ちが良い。そもそも私は普段からトイレのドアを閉める習慣があまりなく、うっかりすると外出時にもドアを閉め忘れたりするので、ぺラットめくるだけの布ドアは自動的に閉まってくれて好都合だったりして。

b0100398_1801626.jpg


水道がないが、表に井戸があるので、そこの水で手を洗える。ま、私は一応、除菌ウェットティッシュで手を拭きましたが。ちなみにこのダバで運ちゃんがチャイをおごってくれたて美味しかった。

b0100398_1803959.jpg


一応NHという道路はナショナルハイウェイの略でして、国道であり、ここは有料道路なんですが、村が道路脇に普通に点在しているので、住民達はごくあたりまえに自転車で通行してます。

b0100398_1805836.jpg


ダバではご飯のほかに、スナック類も沢山売ってます。天井から色とりどりの袋がぶら下がっていますが、あれらは全てお菓子です。インド味なので、どれもショッパイ。
[PR]
by naoming77 | 2005-12-31 17:57 | 世界のトイレ